高原山 ナイトアイロニング


前回のつづき



彼は2年振りのアイロニング。

やりたくて仕方がなかったカジさんのために用意した舞台。

いいよー。




f0167636_23412821.jpg




そして、どこからか現れるオーディエンス。




f0167636_234194.jpg




世界中で知名度が上がり続けるエクストリームアイロニング。


そのマニアックな世界で

オーディエンスまで表現している人間は

我々だけではないだろうか。




f0167636_23443976.jpg




キム兄のオーディエンスにかける情熱もとにかく熱い。

言ってしまえば
僕同様、彼の目指すところも完全に間違っているのだ。笑


そして・・・




f0167636_23473660.jpg




まさかのオーディエンス2人目登場。笑

そんな、リアル夫婦の高モチベーションにはもう感謝しかない。


・・・・。


さて、今回はあまり時間がない。

駐車場で待機組を待てせているのだ。
下山開始のリミットは23時だった。


アイロンのアイデアを捻り出す間
僕も3年振りにアイロニング。




f0167636_2351994.jpg




もはや、アイロンをかける気すらないポージング。


いやそれにしても

夜景がキレイだ。


・・・・。


その後は冷えた体をスープやコーヒーで温める。

いつしかネタを考える事も忘れ、いろいろと談笑していると

ハッ!!とした時には既に

23時20分を回っていた・・・。


あかん。




f0167636_23553220.jpg




チャキチャキと撤収準備をして

スパッと下山。


0時30分


「だいぶ待たせちゃったかなー。」

なんて話ながら下山すると

どうやら待機組はまだまだ写真撮影に熱を入れていてようだった。


それもそのはず。

少し前に明るい月が沈み
空の星がとんでもない事になっていたのだ。

むしろこれから!といった感じだった。


八海山にいた時とは比べものにならないほどの星。




f0167636_23593754.jpg




我が県で、こんなに手軽に満点の星空が拝めるなんて
みんな想像もしていなかった。




f0167636_003181.jpg




これは、みんな連れてくるべきだね。

そんな話をしながら写真を撮りまくっていると
時間は1時を回っていた。


・・・・。


最高だった。

こんなにナイトハイクが楽しいものなんて
もっと早くに気付くべきだった。

でも今回はナイトアイロニングの実験も兼ねていたから
余計に満たされたのかもしれない。


これは間違いなく、恒例行事になるだろう。


そんな想いを各々が馳せながら
眠い目を擦り帰路に就いた。



おわり
# by inouewood | 2015-12-04 23:55 | 山のこと

高原山ナイトハイク


11月20日(金)

初めてのナイトハイクへ。

「星が見たい。」という要望を受けた時に
真っ先に思いついたフィールドが高原山でした。


19時30分に現地集合を呼びかけると
全員が集まったのはその1時間後。
見事なまでに全員が遅刻という、もはや安定のゆるさです。




f0167636_11524167.jpg




天気予報では曇り。
出発時は小雨も降る中、半ば諦めムードでしたが
現地に着くと星バンバン出てます。
まさかの晴れです。




f0167636_1154288.jpg




出発したのは21時。
しかも、駐車場で待機して星撮影する部隊が急遽加わったので
彼らを待たせないためにタイムリミットは3時間に。


ヘッドライトひとつでも充分歩きやすく
樹林を抜けた時の解放感もたまりません。




f0167636_1158223.jpg




上を見れば星、星、星。




f0167636_11585541.jpg




この日は八海山神社まで。

今回の我々の欲は
とりあえずナイトハイクが体験出来る事。
満点の星空を堪能する事。

それだけであれば、山頂は必要ありません。

ここも”もったいない登山”です。



f0167636_11595340.jpg




そして、もう一つの欲。




f0167636_1243319.jpg




久しぶりに

やってます。笑



つづく
# by inouewood | 2015-12-02 12:05 | 山のこと

白根山でおもてなし



11月13日(金)

青森県からの客人を
我が栃木の山へご案内。

と、いう事で
日光白根山へ行ってきました。




f0167636_21574494.jpg




メンバーは3人で、僕と客人。
そしてもうひとりは知り合ったばかりの豆腐屋さん。
トレランもやる最強の豆腐屋さん。


ルートは
菅沼口から山頂~五色沼を周回するルート。


弥陀ヶ池から山頂へ向かうのは実に10年振り。


山頂行かず五色沼とか
ロープウェイからの山頂とか

過去5回くらいはそんな感じだったんだなぁ。




f0167636_2201265.jpg




最近まで全く知らず
ずっと気になっていた場所にも立てました。




f0167636_23534466.jpg




からの・・・ギュン!!




f0167636_23541068.jpg




失礼しました。


いやそれにしても
この山ってこんなに良かったんだっけなー。

何て事に今更ながら気付くわけです。




f0167636_23572721.jpg




おそらく
ここに登って晴れたのが初めてだと思うのです。

それくらい新鮮な眺めでありまして。




f0167636_23582144.jpg




この山に嫌われ続けて約10年。

良いモノ見させてもらいました。




f0167636_23595127.jpg




ここから五色沼までの荒野感も相変わらずツボ。

やっぱりここで避難小屋泊もしてみたい。




f0167636_004666.jpg




五色沼ではゆっくり出来なかったけど
ここは何度来ても僕の魂を揺さぶるわけです。




f0167636_021913.jpg




そんなこんなで
後半は客人の電車の時間もあってやや駆け足に。

でも、終始気分の良い山歩きでした。

なんというか
今回のお二人にはいつもと違う雰囲気を味わわせてもらったような感じで
それがなんとも心地良かったんでしょうね。




f0167636_0161062.jpg




それでは白根さま。

さようなら。



今日はそれだけ。
# by inouewood | 2015-11-25 23:55 | 山のこと

両神山とルーキー




「初心者の子をひとり山に連れて行く事になった。」

いつものキム兄から、突然の連絡だった。


どちらかというと、彼は”連れて行く”タイプの人間ではないので
僕に白羽の矢を立てたようだ。

丁度休みだったので、勿論僕はOKサインを出した。


すると

「両神山に登ってみたいんだ。」

それはキム兄の希望だった。




f0167636_14454013.jpg



続きを読む
# by inouewood | 2015-11-24 01:10 | 山のこと

シリーズ 山の手ぬぐい 【烏帽子小屋】



忘れた頃にやってくるこのシリーズも
これで今シーズン最後。


北アルプスより

烏帽子小屋です。




f0167636_3211175.jpg




これですよ。

この潔いシンプルさ。

とても硬派な山岳描写と、脇に添えた優しいコマクサ。

その構図と色使い。見事です。


これぞ『THE 山小屋の手ぬぐい』ですね。



いやぁ~
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。
# by inouewood | 2015-11-18 15:06 | 山の手ぬぐい

秋の尾瀬の天は微笑む PART3


PART1はコチラ
PART2はコチラ


・・・・


さよならもや。




f0167636_12562320.jpg




結局、フカさんは現れなかった。

これが見れないなんて

残念だ。

(起こせよ)

続きを読む
# by inouewood | 2015-11-11 23:55 | 山のこと