最近の私の山


またまたご無沙汰でした。

最近はというと
相変わらずネイチャーガイドのお手伝いと
自宅に籠ってミシンをカタカタ言わせる日々でございます。


春から初夏にかけて
山はそこそこ行っておりますよ。


栃木の隠れ名山・中倉山。



f0167636_12474963.jpg


ここは4月5月と2回登ってました。
2回目はプチバリエーションだったのでなかなか疲れましたね。


・・・・


そして、瑞牆山でテントゴロゴロ。



f0167636_12495839.jpg


ここのテン場では、テントをキツネに破かれるという珍アクシデントあり。笑


・・・・


さらに、ご存知・八ヶ岳。



f0167636_1251118.jpg


でもそこは私ですよ。当然赤岳は行ってません。

目的はツクモちゃん、ただそれだけ。
それだけのために展望荘に泊まりました。笑



f0167636_12525047.jpg


きゃわいいですね。


・・・・


他にも、仕事絡みで日光白根山に太郎山に那須岳。
日光栗山エリアで沢歩きなんかもしてました。


とまあ、そんな感じです。


ぼちぼちコチラも復帰して
更新頻度を上げていきたいと思いますので
今後ともどうぞよろしくお願い致します。笑


今日はそれだけ。



# by inouewood | 2016-06-27 12:57 | 山のこと

GWはカヤッカー


またまた久しぶりの更新に・・・。


GW10日間は那須エリア滞在。

板室ダム湖にてカヤックガイドとして助っ人しておりました。



f0167636_12152038.jpg



前半、世間では夏日と言われていた日でも
こちらは肌寒いほどの日々でした。

日焼けするほどの快晴は最終日の8日だけ。


何日かは板室ダム湖のアイドル・イタッシ―も出現。



f0167636_12323649.jpg



失礼しました。


なんていっても、こちらは水がとにかくキレイ。
木がこれだけ写り込むくらい。



f0167636_12161279.jpg



あ、一応仕事してる風の写真も。笑



f0167636_12311797.jpg



夏もちょいちょいお手伝いする予定です。


尚、板室ダム湖は一般の方は入れません。
カヤックツアーに申し込まれた方だけの特権。

流れも緩やかで、自由に漕いでもらうスタンスなので
「やってみたいけどちょっと不安。」っていう方にはもってこいのフィールドです。

那須のメイン通りまでも車で約20分。
何かのついでにひと漕ぎとか、最高。

↓私がちょくちょく助太刀しているガイドです↓
http://www.nature-planet.com/



f0167636_12155413.jpg



そんなこんなで
最終的にはただの宣伝でさようなら。



# by inouewood | 2016-05-09 12:45 | アウトドアのこと

無計画 around北ヤツ~八子ケ峰と霧ヶ峰~

3月13日(日)

朝。

白樺湖の某駐車場で目が覚めると、なかなか天気は良かった。

目の前には蓼科山がドン。
昨日は全く見えなかったからか、それはいつもより大きく見えた。

(これは行くべきだな。)

と、車を走らせた。


・・・・。


8時

すずらん峠駐車場。

僕が入った後に続々車が入ってきて
その10分後には満車になった。



f0167636_1163130.jpg



全ての人が蓼科山の登山口へと向かう。
僕の行先はその向かいにある八子ケ峰である。

そう。蓼科山がキレイだったから、蓼科山を見に行くのだ。
このチョイスがどうも僕らしい。

まあ、そうは言っても、
実は午後から霧ヶ峰で人と会う約束を急遽入れたので
お昼前には下山していなければならないのだ。
そういう意味でも、この山はとても丁度良い存在だった。


急登を20分も登れば、展望抜群の稜線に出る事が出来る。

振り向けば



f0167636_1214144.jpg



蓼科山ドドンである。


ドバっと広がる雪原。やはり雪は少ない。

その先にはアルプスの山々。



f0167636_1233474.jpg



誰もいない。

展望、独り占め。


八子ケ峰東峰から南アルプス。



f0167636_1242533.jpg



稜線もなかなかキレイ。

八子ケ峰西峰はまだまだ向こうだ。



f0167636_1261128.jpg



歩くのが気持ちよさそうだなと、いくらか進んではみたが
途中でスキー場のBGMが聞こえてきた途端、モチベーションが落ちた。笑

西峰まで行かず、そのまま引き返す事にした。

いいだろ?蓼科山と北横岳ブラザー。


f0167636_128889.jpg



目の前に見えるのは南八ヶ岳。
赤いやつは心霊ではありません。



f0167636_1285920.jpg



ヤバい。
むちゃくちゃ堪能してる。



f0167636_1293014.jpg



最高に気持ち良い時間だった。
ここは是非、雪が多い年にスノーシューで来たい。

・・・・。

サッと下山したのは11時。

そのままお友達と合流するため。車山高原スキー場へ向かった。

・・・・。

その1時間後には

こうなっている。



f0167636_1325651.jpg



ペンション経営をしているお友達夫婦は
冬になるとテレマークスキーのガイドもしている。

「え、やるよね?」

みたいな感じであれよあれよとこんなモノを履いてみたのだが
僕はテレマークスキー初体験である。

しかも
「ウッドさんなら、革靴だよね。」

みたいな感じで、クラシックブーツを履かされたわけだ。


結果は



f0167636_1351590.jpg



もちろん、こうである。

いや難しい。

普段はへっぽこファンスキーヤーの僕。
全くの別次元でビビりまくりコケまくり。

こんな不甲斐ない僕に
付きっ切りだった奥さんにはホント申し訳ない限り。

まあでもいつかはテレマーク!とは思っていたので
そのきっかけをくれたのは大変喜ばしい事である。


14時前にギブアップすると
彼らのペンションへ向かう。


まだお客様がいた時間からお喋りに付き合ってもらって
とうとう18時頃まで居座ってしまった。


f0167636_1391975.jpg



Colomode ゲストハウス

美味しいフレンチと豊富なワインを愉しめる、ステキなお宿です。

お互い中日ドラゴンズファンなのに
野球の話をするのをすっかり忘れてた。笑
それくらい話は尽きなかった。

そんな、佐藤さんご夫婦。



f0167636_1432886.jpg



鉱治さん、かおるさん
ありがとうございました。

・・・・。

どうも気分が良くて仕方なかった僕は
そのままほぼノンストップで3時間の帰路につきましたとさ。


おわり
# by inouewood | 2016-04-04 01:46 | 山のこと

無計画 around北ヤツ~北横岳~

3月頭に
湯西川・川治でのガイド生活も終わり、自由人となっている私。

それ以降、数日家に籠っていると、どうもムズムズしてきてしまい
11日の夜に急遽パッキングして家を飛び出した。


・・・・。


3月12日(土)

夜中のSAで眠りに就くまでは、まだ唐松岳か北横岳かで迷っていた。
目が覚めると、やはり計画性が無さすぎる事、ソロである事を考慮して
いつもお世話になっている八ヶ岳エリアに車を進めた。


スキー場に着いた時はがっつりガスガスだったので
(ああ、今日はダメか・・・)
なんて思っていたわけだが、ロープウェイで上まで上がると
辺りはとんでもないくらい青い空だった。



f0167636_0485417.jpg



土曜日。さすがに人が多い。
これまで休みは基本的に平日だったので、やはり人混みに強烈な違和感。


冬の坪庭は何度見てもキレイだ。
ホント、ここだけでも満足できてしまう。



f0167636_0512276.jpg



北横岳方面へ進路をとり、登山者をごぼう抜きしていく。
ソロだとこれだからダメだ。
本当はゆっくり登りたいんだけど、なんか、こう、人も多いし。
人がいない地点に早く行きたくなってしまうんでしょうかね。



f0167636_053505.jpg



1時間20分ほどで山頂に。
ここも人が多いので、ちょっと息を整えたら大岳方面に行ってみる事にした。
だが、トレースがない。ラッセル続きは嫌なので、様子を伺いながら私は人混みから消えた。
5分も歩くと、目の前に大岳がドンと広がった。
北横山頂からだと見えないので、ちょっと得した気分だ。

この辺で駆け下りるセルフでも撮ろうと、
セッティングして走り出したら

そのタイミングで腰までズッポリハマるという奇跡。



f0167636_0583862.jpg



おいしい。と、思う反面
右足が抜けずに手こずっていた時間は流石に冷や汗だった。

これを受けて
私はあっさり引き返した。

・・・・。

北横岳ヒュッテまで戻ると、七ツ池に寄り道。
人がいなかったので、ここでお昼ご飯を。



f0167636_10543.jpg



その後、人が入ってきたのは一組のご夫婦だけ。
彼らがランチタイムを終えてササッと引き返していくと
私は撮影タイムに突入。

最近、インスタグラムで流行って(?)いる
雪原でイナバウアー。
の、はずだったのだが
どうしてもマトリックスになってしまう私。



f0167636_15148.jpg



そこそこ枚数は撮ったのだが、ここでは一枚だけにしておこう。

・・・・。

さて、ここで時間を使いすぎてしまったわけだが
この後は縞枯山でもピストンしようと、坪庭まで降りて縞枯山荘方面へと向かった。
おそらく多くの人がその2つのルートをセットにしているのだろう。

分岐となる雨池峠までくると、思いのほか時間がなかった。
それでも、行って戻ってきてもロープウェイの時間には間に合いそうだった。

でも、いろいろ考えていたら、なんだか面倒臭くなってしまい
結局ここでも引き返す事にした。

この辺はさすが、私である。笑



f0167636_19563.jpg



山頂駅に戻ったのは14時30分。

帰りのロープウェイは登山者で満員という異様な光景だった。
10年前くらいに来た時は登山者なんてほとんどいなかったのに・・・。



f0167636_11811.jpg



さて、下界に戻るとその後の行程を考えていた。

一応日帰り予定で、衣類なども一日分しか持ってきていない。

でも、思いのほか雪の量もあって、なんだかこのまま帰るのがもったいなく感じていた。

霧ヶ峰に住んでいるお友達に連絡をとり、情報収集してみると
気持ちは完全に「もう一日・・・」であった。

なんだか久しぶりの無計画旅だなぁ。

白樺湖で車中泊。

がっつり読書するつもりが、21時には寝てしまった。


つづく



# by inouewood | 2016-03-23 01:19 | 山のこと

最近の映画レビューと今年のオスカー


最近、完全に書かなくなった映画レビューですが

インスタグラムのほうで
メインと別に映画用のアカウント作って載せてます。

https://www.instagram.com/wood_movie/

以前のように長文ではないので
そこまでウザいレビューではないと思います(笑)。
お付き合いいただける方はそちらでも是非。



・・・・。



さて!
今年のアカデミー賞です!!

わたし、湯西川に住み込んでいるのでもちろん観れなかったわけですが
録画も忘れていたという大失態・・・。
週末のWOWOWのダイジェストを待つとします・・・。


まあ何て言っても、我らが『マッドマックス』が今年の最多部門受賞作という喜び!
(技術系、美術系がメインですが)

そして、わたしね、授賞式前に主要部門の受賞予想を友達としていたわけですよ。

正直、ジョージ・ミラー先生も監督賞を持っていくと予想してました(功労賞的な意味合いで)。
イニャリトゥ先生だと3年連続メキシカン監督(2年前はキュアロン先生)になってしまうので流石に無いかと・・・。

イニャリトゥ先生でしたね。
失礼しました。


はい。
まあでも一番の話題はやはり主演男優賞ですよ。

ここもね、授賞式前に予想していたわけですよ。

ディカプリオが受賞するのは50代半ばになってから。
彼の味が増すのはその頃だから、まだ受賞は無いと・・・。
やはりここはいぶし銀、B・クランストンで!!

レオ様でしたね。
失礼しました。


・・・・。


そんなこんなで
女優賞2部門もことごとく外し
まともに当たったのは助演男優賞のMライランスと、作品賞の『スポットライト』だけでした。
失礼しました。


ああ、クリス・ロックの司会が見たい!!


ではまた。
# by inouewood | 2016-03-01 23:27 | 映画のこと

続・湯西川温泉にいます

まだまだ湯西川温泉におります。
かまくら祭はまだまだ続きます。


f0167636_00173248.jpg



前回載せ損ねた
ミニかまくらのライトアップです。


f0167636_00173275.jpg



相変わらず綺麗ですね。
ホント、日によってまた違ったりするので
毎日見てても飽きませんよ。

火付けのボランティアさんたちも
頑張ってくれています。


f0167636_00173382.jpg



さて
かまくら祭は折り返し地点です。
まだまだこれから!

私も会期の3月6日まで
フルでお手伝いしてます。

沢口会場の大きいかまくらの横で
愉快なガイドさん達とお待ちしております。


f0167636_00173301.jpg



↑写真は仕込みです。笑


ではまた


f0167636_00173389.jpg



# by inouewood | 2016-02-18 00:06 | 日々のこと