<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

映画『セッション』はどうだ


やってまいりました話題の鬼教官映画です。



f0167636_12103897.jpg



とりあえずこの映画。「スポ根サクセスムービー」ではありません。
なんていうか・・・“音楽”を身に纏ったアクションスリラーとでもいいましょうか。そんな感じです。

さあ何ていっても、注目はオスカー穫った助演のJ・K・シモンズですね。
彼の鬼気迫る怪演を楽しみに見てきたわけですが・・・まあ予想の更に上をいく殺人級の口撃と睨み。いやはやこっちの背筋までピーンと張るほどの緊張感でした。

ここから早くもガッツリネタバレします!
同じく鬼しごき映画の傑作『フルメタルジャケット』の最狂鬼教官・ハートマンと比べられるようですが、個人的には超えてますね。もうたちが悪いすぎです。ラストは怨念入ってますからね(笑)。
この鬼教官は本当に育てたかったのか、それとも本気で潰したかったのか、僕にはよく分かりませんでしたし、むしろそこは考えたくないです。観る者のそんな思考さえもぶち壊す狂気。意図の見えない恐ろしさという点ではある意味ホラーといったところでしょうか。

さあそして何ていっても、実はそれ以上の狂気を見せるのがマイルズ・テラーくんなわけですね。
鬼教官にばかりその辺持ってかれる印象の宣伝ですが、そんな事ないですから。彼も相当狂ってますから(笑)。
ラストに待つこの狂気VS狂気のまさに“狂演”はもはやアクション映画を超える壮絶な乱打戦で手に汗握りまくり。そしてラストに待つ妙なスッキリ感(あえてカタルシスなんて言葉は使いません)。これはもう震えましたよ。
マイナス×マイナスがプラスになるように、狂気×狂気は快感になるんじゃねーかってとこですね(ポジティブ過ぎか?)。実際ラストのラストにようやく通じあったような2人の描写が・・・いやもうそれでいいです。そう思わせてください。スッキリしたもん勝ちです。

監督はこれがデビュー作となるデイミアン・チャゼル。実際に本人も学生の頃に同様の鬼シゴキを受けたようですので、半実話といったところでしょうか。ただ、本当にフィクションである事をうまく利用してますし、アクション映画風に仕立てた手腕はお見事だと思いました。って言いますのも、アクション映画やコメディ映画ってあり得ない展開でも「フー!」なんて言って許されちゃうわけですが、これが人間ドラマを扱った映画となると「や、あり得ないよね。」なんて冷めた反応されちゃうんですね。チャゼル監督はこのジャンルの微妙な境界線とこの矛盾に対して果敢にチャレンジした印象を受けるんです。神聖なカーネギーホールであんなことさせちゃうんですからね。「え?だってフィクションだろ?」とか言ってね。新人にしてこの度胸。アッパレ、チャゼルさん。

次作が楽しみな監督さんがまた一人増えました。
by inouewood | 2015-05-29 12:34 | 映画のこと

雁峠と笠取小屋とまさかの失態 PART2


PART1はコチラ

13時40分

雁峠分岐。



f0167636_035515.jpg



笠取山へ向かうには右へ。

僕は吸い込まれるように直進し雁峠へ。

続きを読む
by inouewood | 2015-05-25 15:06 | 山のこと

雁峠と笠取小屋とまさかの失態 PART1


5月11日(月)

よくよく考えると
約2年振りのソロテント泊だった。

シーズンイン最初のテント泊山行は基本的にまったり系。
その2年前の5月も奥秩父が舞台(将監小屋)で
とんでもないくらいダラダラしていたものだ。

そして今年、ダラダラの聖地・奥秩父へ再び・・・。



f0167636_2154958.jpg



続きを読む
by inouewood | 2015-05-19 23:55 | 山のこと

ワイルドオアシスはどうだ


「ツェルト泊は卒業」宣言からもう2年が経とうとしてます。


・・・・。


そんなドーデもいい立ち上がりでこんにちは。



1kgという充分軽いテントを持っていながら

「更なる無駄を持ち込むために軽量化を!」

と、“ゆるトラライト”を地道に実践し続けているわけですが

もう自分のキャパでは、テントしか軽くするところが無いわけですね。

そんなこんなで、山行によってはライペンのシングルツェルトを選択する事もあるのですが

なんていっても狭い。

まあ、やれないことはないのだが、室内で飯も食えない狭さ。


「もう、あんな狭い空間は嫌なんです。室内でせめて胡坐かかせてくださいよ。」

「そんな希望に応えてくれる部屋なんて、もうワンポールテントしかないっしょ。」


と、いう事で
念願のシェルターを手に入れました。



f0167636_032259.jpg



昨年秋に
栃木県北の山道具屋『LUNETTS』でその実物を見てからというもの

「ヤバい!これだ!」

なんて釘づけになっていたわけですが

GW前にお店に顔を出したら、つい買ってしましました。


<シックスムーンデザインズ> ワイルドオアシス



先日の笠取小屋で早速張ります。



f0167636_0141027.jpg



これが


こう。



f0167636_0144181.jpg



なかなか綺麗に張れずに手こずりました。
奥が深いぞワンポール。


中はこんな感じ。



f0167636_0162091.jpg



そうですそうです。

フロアレスなんですが、このボトムメッシュ!

これが特徴のシェルターなわけですね。


このメッシュがあるだけで、安心感がワンランクアップします。

下からの虫の侵入の心配がありません。

ただ、調子に乗って入口開けっぱにしていたので室内は虫だらけになりましたが。笑


まあ・・・荷物も気兼ねなくメッシュ部にブン投げておけますし
このおかげでグラウンドシートも若干浮くので、雨天でもやってやれそうです。



f0167636_0174783.jpg



そしてこの余裕の広さですよ。

ノッポなわたくしでも楽勝です。飯も食えます。

LUNETTSのご主人は
「自分、これで2人で寝てますよ。」との事だが、それはさすがに狭い。笑。


この広さ・快適性で

重さが396g。

最高ですよ。



f0167636_0312369.jpg



この日は色々あって、一泊はできませんでしたが

間違いなく満足の一品です。


次こそは一泊します。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-05-15 23:55 | 道具のこと

笠取小屋でまさかの


5月11日(月)

連休をとって、ひとり奥秩父へ行ってきました。



f0167636_2142846.jpg



と、いきなりセルフショットかまします。

それくらい気持ちの良いルートと最高の天気。


笠取小屋でまったりテント泊の予定です。



f0167636_21444429.jpg



一番のメインは雁峠。

イメージ通り、最高の峠クオリティでした。



f0167636_2145326.jpg



しかし

テント場に戻ると
まさかの大失態が発覚。


テンション下がったので・・・

せっかく張ったテントを畳み

その日のうちに下山しました。笑


・・・・。


詳しくは後ほど。
by inouewood | 2015-05-12 22:00 | 山のこと

爪楊枝をクールに持ち歩きたい方へ


『楊枝』

それは奈良時代。
仏教とともに日本へ伝来したとされる歯ブラシの元祖。

その仏教では
僧侶が身に着けておくべき第1が楊枝と言われていたそう。


そして現在。
知らない人はいないエチケットアイテムとして、その地位を築いている。


・・・・。


さて、そんな楊枝界のエース。

爪楊枝。


それは外出時の「使いたい時に限って無い」モノの代表格。

そんな事もあってか
昔はレストランにある爪楊枝を大量にバッグにイン。なんて光景もよく目にしたものである。

とまあ、そんな話はドーデもいいのだが
皆さんはどうやって爪楊枝を持ち歩いているだろうか。


財布の中から出てくるのも何か違う。

バッグの底で潰されているのも清潔感なし。

かといって、ケースごと持ち歩くのも「どんだけだよ」って話である。


そう。
誰もが認めるその爪楊枝という存在は
携行するとなると、その見栄えはいまいちクールではないのだ。



ならばここは

今そこにある爪楊枝をフィーチャーしてあげたらどうか。


と、いう事で
せっせとミシンを動かしてあるモノを自作。


そして誕生したのが


コイツだ。





f0167636_212408.jpg



その名も


『楊枝和尚』


・・・・。


ただの和柄の人形と言われれば、それまでだ。笑


しかし、こうだ。




f0167636_21520100.jpg



それはまるで
和尚様がお札を携えているかのような装い。


しかしそれは、紛れもなく爪楊枝である。
(見りゃ分かるわ)


なんとク―ルな事でしょう。




そして、こうだ。




f0167636_21531937.jpg



それはまるで
和尚様が大扇子を携えているかのような装い。


しかしそれは、紛れもなく爪楊枝である。
(見りゃ分かるって)


これもまた、クール。



・・・・。


はい、失礼しました。


そんなこんなで誕生しました新作。

最近のハンドメイドは動物ネタが主だったので
ここいらで原点に帰ってみました。

原点といえばフミオさん
http://inoinoueue.exblog.jp/16322108/

4年も前ですからね、さすがにクオリティも上がっています。笑



そんなこんなで、楊枝和尚でした。





f0167636_137459.jpg




そのうち販売させてもらいます。笑


今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-05-05 23:55 | 手作りのこと

バースデー登山は南月山で


5月1日(金)

GW唯一の休みです。

1日遅れのバースデー登山を計画するも

3時間超の大寝坊。

・・・・。

34歳一発目からコレですよ。

さて、どうしたもんかな。なんて考えていても仕方ないので

とりあえず北へ向かいます。

この日はひとりなので、自由ではあります。



元々は那須岳をぐるりと巡り巡る計画。

ロープウェイ乗り場に到着した時は

既に11時30分でした。笑


結局
端折りに端折って南月山ピストンにします。

那須岳系で、一番好きな山です。



f0167636_131504.jpg



GWといえど
人はそこまで多くないですね。

牛ヶ首では丁度ランチタイムの方がチラホラ。



f0167636_1345144.jpg



そこから南月山方面へ行くと
人はさらに減ります。



f0167636_1353595.jpg



誰もいません。
お気に入りの“荒野”スポットで悠々セルフ。



f0167636_1363576.jpg



風もなく、穏やかな一日。



f0167636_1375171.jpg



山頂には2組のみ。

僕の後には誰も来ません。


もうね、昼寝ですよ。



f0167636_1384157.jpg



いびきをかいている自分にハッ!として目が覚めると
やはり誰もいませんでした。

30分くらい寝ていたようです。


その後もセルフショットで遊びながら下山。

スマホでもセルフ。



f0167636_1413541.jpg




はい。帰ります。



f0167636_1424225.jpg



茶臼岳分岐の手前。

写真では伝わらないが
まだまだ観光客が茶臼岳を目指しています。



f0167636_1454979.jpg




下山後は黒磯に寄り道。

山道具屋の『LUNETTES』に顔出してから帰路に着きました。

(もちろん、バッチリ散財。。。)


・・・。


34歳最初の休みはこんな感じ。

変わらずいつも通りの登山スタイルです。

それを続けられる事に感謝ですね。

この一年も、腐らずにやっていきましょう。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-05-01 23:55 | 山のこと