<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

映画 『インターステラ―』 はどうだ


今年に入って
インドア系ブログなんてモノも始めてみたわけですが
僕みたいなモンが2ブログを使い分けるなんて出来るわけもなく。
面倒臭いので向こうはお休みする事にしました。笑



はい。
そんなこんなで先日
今年最も期待していたと言っても過言ではない映画を観てまいりました。



f0167636_2346948.jpg



まあ、言ってしまえば
僕はノーラン信者です。笑。

そんな『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督の最新作ようやく。

この人が宇宙を描くなんて想像も出来ない、なんて思っておりましたが、まあそこはさすがノーランさん、しっかり人間味のある重苦しいドラマを主体にしてくれております。
キューブリックの名作『2001年宇宙の旅』と比較する声もよく聞くのですが、どうなんでしょう?個人的にはそーいう見方は好きじゃないのでまあどーでもいいのですが、少なくともこの映画には昨今の”ヴィジュアル重視”、”何か分かんないけどとりあえず壮大ではあるSF映画”みたいな縛りは正直あまり感じません。色々と難しい言葉は出てきますが、やはり人間性の方が重視されている印象です。

観終わって一番感じた事は、やはりこの映画をSF映画の枠の中で語りたくないなという事でした。
SF的な”科学”や”確率”や”視覚的神秘”よりも、人間的な”直感”や”時間”や”愛”をフォーカスしているように僕は感じてます。じゃあこの映画のジャンルは何だよ?と言われたら、もう「ノーラン」と答えるしかないですね。笑

そんなこんなで、今作はとにかく切実過ぎる”時間”と”愛”の描写がグンと重くのしかかります。3回くらい泣かされます(笑)。特にワームホール一発目からの件はもうまさに号泣。勘弁してくださいってくらい泣きました。ネタバレになるのでこの辺にしときますが、まさかノーラン映画で泣かされるなんて思ってなかったのでちょっと悔しいですよ、はい。

さて、主役は今最も人間臭い俳優M・マコノヒーです。なんなんですか一体、このハマり具合は。完璧過ぎますよ。そしてめでたくノーラン組となったA・ハサウェイもらしさをしっかり振りまいており、同じくノーラン組筆頭のM・ケインはもう安定しまくり。脇役の豪華さにも驚きました。安心のJ・チャスティンにC・アフレック、お久しぶりW・ベントリーに、燻してますJ・リスゴーにW・ディヴァイン、更にはE・バースティンまで。そして突然のシークレット大物登場には思わず口を押えてしまいました。いまやこういった豪華な出演陣もノーラン映画の醍醐味のひとつとなってきたのも嬉しいところですね。あと、忘れてはいけないのがロボットの異様な存在感。あの造形と一つ一つの動き、そして人間味の含んだ声。これはどれも僕のツボでした。

最後に、この映画を更にひとつ上のグレードに持ち上げたのはやはり音楽でしょう。ノーラン映画といえばハンス・ジマーですね。しかし、今作は今までのようなジマー的サウンドとは一線を画します。それが個人的に嬉しい誤算というか、とても新鮮な感じがありました。パイプオルガンを主にしたスピリチュアルというか神々しいというか、そんな感じです(笑)。特に終盤に差し掛かる”ドッキング”シーンでの音楽とヴィジュアルの融合はもう完璧過ぎて、背筋伸びました。まさに相乗効果なくしては生まれなかったあのシーンの美しさはもう一生忘れられないと思います。そしてラスト2,3分に畳みかける、ストーリーと絡み合うサウンドは『ダークナイトライジング』を思わせる締まりの良さで鳥肌が立ちました。ノーランと組むジマーはホント最強だと思います。

そんなこんなで
インターステラ―、最高に面白い映画でした。
翌日に『フューリー』を見に行く予定でしたが、もう少し余韻に浸りたくて延期したほどです。笑
いやーこれは本当にもう一回観に行っちゃうかもしれない・・・。





by inouewood | 2014-11-29 01:11 | 映画のこと

黒部の山賊


ヤマケイの付録だった
『黒部の山賊』の試し読み版を読みました。



f0167636_0175947.jpg



名前は知ってたけど、内容は全然知らず。

登山歴10年にしてようやく手に取ります。

お恥ずかしいかぎり。


・・・・。


で、ヤマケイのそんな術中に見事にはまり

速攻で購入。笑



f0167636_0203978.jpg



めちゃくちゃ面白かったです。

タイトルからしてサスペンシーなお話かと思いきや

なんともハートウォーミングな人間賛歌。


いやー
「ヤッホー」ときたら「オーイ」ですよね。


・・・・。


とにかく
昔の山男は半端ない。


これに尽きます。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-11-26 00:26 | 日々のこと

加戸昭太郎さん写真展


つい先日の話。

以前にたっぷりお世話になった
写真家・加戸昭太郎さんの写真展にお邪魔してきました。



f0167636_22425819.jpg



1時間半も長居してくっちゃべってました。笑


加戸さんは
あらゆる山雑誌で写真を撮っておられる方で
以前にこの夏の多忙っぷりを聞いて僕も度胆抜かれたもんです。


彼の風景写真を見るといつも

「オルタナティブだなぁ。」

って思います。


写真でオルタナ・・・意味不明な表現ですが(笑)
でもそのニュアンスは分かってもらえると勝手に思ってます、はい。

精悍であり繊細でもある独特なリアル。
山写真もこの手のモノが増えると、時代が変わりそうな気もします。


と、えらいベタ褒めですが(笑)
それくらい僕は好きで、『神津島』の写真はそれに影響されて加工した次第です。


はい。
そんな加戸さんの写真展。

赤坂にある<+PLUS>にて開催中。28日までです。
【土日祝休み、10:00~17:00(26日のみ~20:30)】
時間によるハードル高めですが(笑)
機会があれば是非。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-11-22 23:26 | 日々のこと

SPLITストーブはどうだ


2年以上前から
恋焦がれていたストーブがようやく・・・。

土鍋などの出場回数もそこそこあるので
前回の北横岳山行を機に購入しました。





f0167636_22184328.jpg



土鍋要員だった前任者のパワーマックスも、カートリッジが生産終了。
なんとか”つめかえ君”で対応はしていたものの、火力の低下は著しく・・・。


とろ火から4200kcalまで対応する彼にはやはり敵いません。


購入後すぐにやったことは
イグナイタの取り外し。



f0167636_22222097.jpg



「すぐに壊れる。」なんて声もあるようですし
そんなんじゃいらねーよとあっさりさよならです。

まあでもなんてったって
それがあるとこの美しいフォルムを邪魔してしまうわけですよ。



f0167636_222436100.jpg



ゴトクの幅は2段階で調節可。

これがどっちも美しいんですよ。



f0167636_22252813.jpg



安定感も抜群。
対土鍋でもこんな感じ。



f0167636_2231322.jpg



重さもこれくらい。
分離式でこの重さなら文句なしでしょう。



f0167636_22331252.jpg



個人的には9年振りのNEWストーブ投入。
テンションが上がらないはずがありません。


山へ行く楽しみが

またひとつ増えました。



今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-11-17 22:37 | 道具のこと

嗚呼、千本桂さま


11月14日(金)

ひとりでフラッと石裂山麓へ。

目的はいつも通り”千本桂”。



f0167636_21412885.jpg



もちろんここまで。
石裂山は登りません。

片道30分も無い、ゆうゆう山歩。

ボケーっとして、昼飯を食べて。



f0167636_21455919.jpg



心を落ち着かせます。

そんな、Myパワースポットでもいいましょうか。



f0167636_21592558.jpg

※セルフ


2時間もかからない山籠り。

それでも、充分過ぎるひととき。


千本桂さま。
いつもありがとうございます。



f0167636_2149910.jpg



また良い日が続きそうです。

いや、続けばいいなぁ。



今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-11-14 22:07 | 山のこと

ショートムービーを作ってみたら PART2


10月下旬に再び塩原ボルダ―へ。

皆がボルダリングに勤しむ場で
わたくしはまたもや動画要員として同行です。

イマイチな撮れ高で
「今回は無理かなぁ」なんて思ってましたが・・・

ヒョンな事から
”エロンチョ”と呼ばれる名岩へのチャレンジが始ると・・・


なんとか1本出来上がりました。


今回もそんなクライマー動画です。
お暇な方はどうぞ観てやってください。

(ニール・ヤング初期の名曲と共にどうぞ。)








はい。

今回はわたくし、チョイ役でした。笑

失礼しました。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-11-11 23:57 | 動画

編笠山が紅い


先日の北横岳の帰り道。

小淵沢を目指してゆらゆら車を走らせると

編笠山と西岳あたりの紅葉がやばかった。



f0167636_0154925.jpg



夕陽もタイムリーだったんでしょう。

余計に紅く燃えているようでした。

これはさすがに車2回停めました。笑


そして、富士見町から見える富士山。



f0167636_0195051.jpg



「あそこ登れる山なの?」

っていうくらい、異様な出で立ちをしておりました。

さすが富士見町。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-11-08 23:55 | 山のこと

北横岳。もっとも理想的な山旅。


11月4日(火)

八ヶ岳連峰LOVEを謳う僕でありながら

北横岳は雪山でしか訪れた事がなかった。

「いったい、そこはどんな姿をしているのだろう。」


そんな期待を胸に
同行者・Mさまを道中でピックアップして目的地へ向かった。



今回はそんな北横岳山行。


現地へ向かう途中の茅野市周辺。
話に夢中になりすぎて道を確認しておらず
「ん?見覚えのある温泉が・・・。」
なぜか大門街道を爆走している事に気付いた。

いきなりの大幅タイムロスである。笑


・・・・。


ロープウェイ乗り場に到着しても
もちろん急ぐことなくのんびり準備。

悠々と大きな箱に乗り込んだ。



10時30分。

山頂駅。



f0167636_19553190.jpg



予定では
北横岳ピストンからの縞枯山・茶臼山を周回。


・・・・。


既に予定から1時間近く遅れている。

とはいっても
そんな事はもちろんお構いなしだ。

この日はそんな
どことなくゆるいリズムが似ている者たちによる山行。



f0167636_19255485.jpg



ペースものんびり。
写真撮りまくりでなかなか進まない、理想通りのスタートである。笑


振り返り見ると
坪庭と山頂駅がとても美しい。



f0167636_20144390.jpg



30分ほど歩くと樹林帯へ。

いやそれにしても
北ヤツの森林浴が特別気持ち良く感じるのは僕だけだろうか。



f0167636_20172524.jpg



途中で縞枯方面を眺める事が出来る。

「真冬の坪庭と何が違うか」
と問われれば、それはすべてが違うと答えるしかない。

とても同じフィールドとは思えないその美しさにしばし見惚れる。



f0167636_20213968.jpg



11時45分

北横岳ヒュッテ。



f0167636_22455656.jpg



ここでステキな夜を過ごしたのはもう8年も前の話。

この日は休業のようで、ご主人は貯水タンクの掃除に励んでいた。



山頂まではもうひと登り。


12時10分

北横岳山頂。



f0167636_202676.jpg



あいかわらず
ここからの八ヶ岳は美しく、溜息しか出ない。



f0167636_20284984.jpg



蓼科方面のバックには北アルプスがばっちり。



f0167636_2029376.jpg



今年は雨男っぷりが激しかったので
ここまで見えるほどの快晴には感謝しかない。



f0167636_20364815.jpg



もう11月。

僕の例年だと里山クラスに落ち着いている時期だが

「行きたい」と言ってくれたMさまのおかげで、この景色を拝めるわけだ。



f0167636_22345652.jpg



さすがは11月。

風が吹くと猛烈な寒さに襲われる。

道標がエビのシッポ未遂になるほど
前日は冷え込んだようだ。



f0167636_20431831.jpg



完全に満たされてしまっていた僕。
この時はもう北峰の存在すら忘れてしまっていた。笑

という事で
20分ほど堪能し、北峰も寄らずに下山した。


ランチの前に
凍った七つ池に寄り道。



f0167636_20373979.jpg



北横岳ヒュッテに戻ると
せっせとランチの準備。

この日は久しぶりに土鍋を担いできた。

鍋焼きうどん。



f0167636_21103350.jpg



食後には
Mさまお手製のフレンチトーストを。

これがまた激ウマ。



f0167636_2110571.jpg



寒さには応えたが
久しぶりに充実のランチタイムだった。


ダウンを着こんだまま下山。

樹林帯を下りきった頃に
この後のルート確認をした。



f0167636_20553278.jpg



縞枯山を経由するかどうか。

その問いに

「次にとっておきます。」

と、Mさまは答えた。


今回はそんな”もったいない登山”。

これほどまでに理想的な展開もなかなか無い。



f0167636_2164979.jpg



坪庭周回コースを終える頃に
Mさまがある老夫婦の写真撮影を買って出た。

70歳オーバーと思われるそのふたり。
「もっとこっち来なさいよ。」
「ヤダよ。」
「なんでよ!きなさいよ!」
このやりとりでホッコリ。
ポーズ時の仕草が可愛くて更にホッコリ。

ごちそうさまでした。



f0167636_21105191.jpg



そんなこんなで
最後の最後まで堪能させてくれた、ステキな山旅でした。


がっつく事を知らない理想の山歩き。
それを理解してくれる人がいる喜び。

ひとりで歩く事が多いからこそ
そのありがたみをヒシヒシと感じます。


こんな山旅をいつまでも続けていきたいものです。



おしまい



by inouewood | 2014-11-05 22:23 | 山のこと

Shibafulでスマホ緑化


スマホケースがブッ壊れたので

都内に用事があった隙に東急ハンズへ。

「次はもっとハードで防水のヤツにしようかな~。」

なんつって、スマホケース売場で物色。

そして、買いました。





f0167636_22105867.jpg



耐久性もクソもありません。笑

完全に衝動買いでした。


ナチュラリストたる者、スマホにも緑化を。

そんな願いを叶えてくれるShibafulの芝生ケースでございます。


f0167636_22122683.jpg



ネットで調べたら、いろんな柄がでてるんですね。


いやそれにしてもこの子。

ドアップにすると
スターウォーズに出てきそうな可愛い顔してやがるんですよ。



f0167636_22164080.jpg



失礼しました。

今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-11-03 22:18 | 道具のこと

鳴虫山とガイドとガイド


10月20日(月)

日光の鳴虫山へ。

ここを登るのは2年振りで3回目。

この根っこ道は相変わらず萌えますね。



f0167636_037113.jpg



さて
この日は知り合いのガイドさん2名と共に。

実はお二人がこの山を登るのが初めてという事で
何度か登っている僕が”案内”するという名目で、お二人の下見に同行。

「あ、今日のガイドが来たー。」

と、集合時に言われてその事実を知らされました。笑

まあ
良い言い方をすれば”ガイドさんをガイド”するってとこでしょうか。



f0167636_0415298.jpg



しかし

「ここ登れば頂上でしたかね。」

このセリフを吐く事5回。

酷い・・・。笑

最初にそれを言ってから
じつに40分後にようやく山頂へ。



f0167636_043483.jpg



本日のそんなガイドのあまりの体たらくっぷりに
お天道様が黙っていません。

夕方頃からの雨予報は
お昼まで前倒し・・・。

これは僕に対する罰でしょう。

間違いなく・・・。


そんな事を笑い話にして
雨の中楽しく下山。

帰りは
10年振りの含満ヶ淵と化け地蔵を経由して。



f0167636_0475228.jpg



ついでに
「いつかは・・・」
と、考えていた日光市街のギャラリーまでガイドさんに紹介してもらって。

最後はそんな感じで
市街をちゃっかりガイドしてもらっての下山となりました。


こんなダメダメでも
どこか自分を憎めなかった
激務前日、穏やかな休みでの出来事。


失礼しました。
by inouewood | 2014-11-01 00:57 | 山のこと