<   2014年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

にゅう中山ぐるり (1) 主に撮ってます


8月27日(水)

いつも通り、佐久平PAで迎える朝。

目の前に聳える八ヶ岳の雄姿はない。
この2日間、天気予報は曇り時々雨。その朝も雨がパラついたり止んだり。

ここまで来てみたものの肝心なモチベーションが上がらない。

そう、今日は単独行。

いくらか車を走らせると、グッと違う方向にハンドルを切った。
この時点でようやくテント泊の計画を中止に。
今日は得意の森ハイクでもしようと、稲子湯に進路を変える。

が、少しずつ山道を登っていくと、雨がどんどん強くなる。

(ああ・・・ダメか。)

結局、僕は稲子湯もスルーしていた。笑


車を停めたのは、やはりいつもの白駒池だった。



f0167636_1025207.jpg



あれだけ降っていた雨。
ここは何故か降った形跡すらない。

八ヶ岳、Whyだよ。


あれだけ早く出発してきたのに、歩き始めた時は既に10時半。



f0167636_1033283.jpg



今年2回目の白駒池。ここは何回来ても飽きる事はない。

いいよ。いいよコケさん。



f0167636_062954.jpg



にゅう方面へ上がると、そこからがやたら長く感じた。
おかしいな、もっとこう・・・楽なイメージが。笑



f0167636_08547.jpg



さて
咄嗟にここを歩くことに決めた理由は2つ。

ひとつは高見石小屋で手ぬぐいを買う、という事。

そしてもうひとつは
間違いなく撮りたい写真がそこにあるから。

そう。セルフショットだ。
セルフの腕を更に磨くのには絶好のフィールドなのである。

きたぞ。



f0167636_011937.jpg



森と男。


おっと、少し晴れ間が出てるじゃいないか。
嬉しいっちゃ嬉しいが
セルフ的にはここは出なくていいんだよ(何故か愚痴)。


・・・・・。


そして
このルートで僕が一番惚れている地点へ。



f0167636_0141725.jpg



この生命力。
美しく、そして力強い。

漲る、漲るよ北ヤツ。


ここでもどーだ。


(↓ ドリーミー型セルフ ↓)

f0167636_018493.jpg



えーい、まだまだ。


(↓ リアル型セルフ ↓)

f0167636_0212741.jpg



5回くらい挑戦しただろうか。
ちょこちょこ登山者が来たので、その辺で止めておいた。


その先の光を目指すと、目の前に現れるにゅう。



f0167636_022196.jpg



ここで彼を眺めた。
もちろん、そのテッペンには行かない。
向こう側はガスってるし、君の事は良く知ってるつもりだ。
だから、ここで充分さ。

「チャオ。」
と、手を振って
静かな樹林帯を黙々と進んでいった。



f0167636_0282731.jpg



この先は、中山経由で高見石小屋だ。


-つづく-
by inouewood | 2014-08-30 23:55 | 山のこと

代替案は北ヤツと霧ヶ峰で

8月27日~28日

元々は
八ヶ岳・オーレン小屋あたりでテント泊の予定。

天気は予報通りの悪天。

朝から雨。

頑張る理由もないので急遽予定変更。

日帰り2連発。


1日目はいつもの北ヤツ。

にゅう中山周回ルート。



f0167636_1541895.jpg



2日目は霧ヶ峰。

ここは冬以外で来るのは初めて。



f0167636_1434178.jpg



そのせいか、テンションも少しばかり高い。

セルフしまくり。笑



f0167636_154179.jpg



2日とも、思っていたより天気は悪くならず。

良かった良かった。


そんなこんなで
いつもとちょっと違う雰囲気をひとり味わいました。



詳しくは後ほど。
by inouewood | 2014-08-29 01:48 | 山のこと

映画『GODZILLA ゴジラ』はどうだ



f0167636_241632.jpg



やってまいりました。
日本が誇る怪獣映画のハリウッド再リメイクです。
はい。エメリッヒ版のホロ苦い記憶を引きずっております(僕だけではないはず!)。
そんなこんなで期待せずに身構えてたわけですが、オリジナルに近い容姿で少しホッとしました。とは言っても、さほどオリジナルを見ているわけではないのですが、やはり日本版ゴジラに思い入れが強い方には受け入れ難いのでしょうね。と思うのですが、皆さまどーでしょうかね。
まあ、わたくしにはあの唖然としてしまうスケールを堪能出来ただけで満足。やはりあの強烈なまでの人間の無力感を体感する映画なんだと思っているわけですね。そーいう”アトラクション度”でいえば、とても新鮮な感覚でした。そうそう、新鮮といえば「スカイダイブ」のシーンですよ。あれはアメリカ映画でないと出来ませんよね。主観映像で展開されるその何十秒間、わたくし呼吸が止まっておりました。美しくも緊張感溢れる名シーンです。あっぱれ。

もちろんこの映画、怪獣以外にも俳優陣の頑張りには目が離せません。なんていってもブライアン・クランストンでしょう。『アルゴ』で彼を見た時に”華のないチャールトン・ヘストン”と以前に称した事がありますが(ファンの方ごめんなさい)、今回はもう存在感ありすぎて中盤以降いなくなってからがやたら違和感ですよ(笑)!おかげ様でアーロン・テイラー=ジョンソンが・・・。まあそんな彼も後半のハッスルでしっかり取り返しますけどね。
そして個人的に舐めてたエリザベス・オルセン。冒頭の初見のみで「ビッチなルーニー・マーラってとこかな」なんて思ってましたごめんなさい。とても真面目な女性で、気持ちが溢れまくった素晴らしい演技。お見事でした。ホントごめんなさい。
ケン・ワタナベはもう安定のナベケンクオリティ(意味不明)で安心して見ていられます。残念だったのがその反面、助手役(?)のサリー・ホーキンスがちょっと控えめ過ぎたんじゃないか?と感じた事でしょうか。ホント、もったいない!脇役好きとしてはもう少しアクを出してほしかったというのが本音でございます。


一部から「ゴジラの登場シーンが少ない!」と、言われているようですが・・・いいんじゃないでしょうかコレくらいで。監督は端っから続編作る気マンマンだったでしょうから。これくらいにしておかないと続編へのワクワク感減っちゃいますからね。マーケットを充分に意識した対策だったと、わたくし思い込む事にしています。

なにはともあれ、きっちり続編も決まったらしいので、今度はどんな体感を提供してくれるのか、今から楽しみに待つことにします。
by inouewood | 2014-08-20 18:39 | 映画のこと

FUJIFILM XF1

一ヶ月前に購入したモノ。

ずっと気になっていたコンデジが

ある日、ネットで超激安。

迷わずポチだ。




f0167636_39010.jpg




既に生産も終了しているが
デザインが素晴らしい一品。

マニュアル操作で慣れてしまったので
それが容易なモノを、という事でコレでした。

コンデジのパワーズームに少々違和感があったので
コチラのマニュアルズームは嬉しいかぎり。
(マニュアルフォーカスはちょっと面倒だけどゴニョゴニョ・・)


なんてったって
この軽さでフジノンレンズの高クオリティ。
それを操れるだけでも満足です。

先日の男体山、富士山でもいい働きしてくれました。

これからは
デジイチのレンズ減らして
コイツとの2台体制での山旅も増えそうです。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-08-18 02:44 | 道具のこと

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』はどうだ


やってまいりました。
ダグ・リーマン監督の新作です。



f0167636_022983.jpg


彼といえば『ボーン』シリーズですが(監督は「アイデンティティ」のみ。後2作は製作。)、この人の映画はなんて言ってもテンポが素晴らしい訳ですね。『Mr.&Msスミス』然り『ジャンパー』然り。毎回キッチリ2時間以内に映画を収める潔さは見事です。
(なんだか、彼の初期の『スウィンガーズ』とか…懐かしいなぁ。)

はい、今回もこの複雑なループモノをこれだけスピーディーな展開で且つ分かりやすく表現してくれます。この手特有のしつこさもなく、この現象を上手く利用した気の遠くなるような感情描写が見る側にも苦しさを増長させ、クライマックスのガムシャラ感に潔さを与えます。
戦闘時はもうゴッチャゴチャですがその迫力は最高。中でも『車』での対決は思わず笑ってしまうほどの熱さ。あそこは特に素晴らしいですね。

そしてトム様ですよ。最近の『オブリビオン』も相当良かったですが、今作の方がよりハマっている印象です。この役はトム様じゃなきゃダメ。前半のダメっぷりが妙に引き立つのはやはりビッグスターが演じているからでしょう。
そして、観るまでは「この役にエミリー・ブラントってどーなの?」なんて思ってましたが・・・もうホント、ゴメンナサイですよ。素晴らしかったですよ。前半に軍の宣伝としてひけらかすヒロイズムと、現実の泥臭さのギャップがとってもE・ブラントで(意味不明)でいやはや素晴らしいです。
全体的に脇役の印象が弱い点が脇役好きとしては少々残念ですが、唯一B・パクストンのヘナヘナっぷりがさすがベテランの安定感でホッコリします(笑)。さすが名脇役!!

とにかく、テンポの勝利。これに尽きます。
あっぱれ、D・リーマン。


by inouewood | 2014-08-18 00:20 | 映画のこと

FREELIGHTのポールはどうだ

前記事の無駄な前置きからの本題。笑

冬から悩み続けていたトレッキングポールをようやく新調。


軽さをとるか
安さをとるか
ブランド力をとるか
見た目をとるか


いろいろ吟味した結果

コチラを。




f0167636_3385929.jpg




日本が誇るガレージブランドの雄が
イタリアの名門<FIZAN>と組んだ軽量ポール。



f0167636_037911.jpg



重量は1本で158g
(ラバーを付けて量ったら180g前後)

この軽さで尚且つグリップには妥協のない形状。

素材はアルミ。
現在ではカーボン製のモノもよく出ているが
(自分も最初はカーボンで探してた・・・)
メーカーサイトでは
同重量のカーボンでは強度テストをパス出来なかったとの事。
安心してこれを選択しました。


アンチショックは無し。
先日、富士山でガッツリ使用してきたが、全然気にならず。
(むしろ、アンチショック無い方が個人的に好きかなー。)


そして
なんて言っても
やっぱりこのフォルム。



f0167636_030422.jpg



シャフトのプロテクターも排除する潔さ。
それが生むスレンダーなボディーライン。

実際、プロテクターが無いと回し難いかといったら
全く問題無し。


ああ、美しい。



f0167636_0414253.jpg



僕のヒザ、君に託します。

長いお付き合いになりますように。

今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-08-13 23:53 | 道具のこと

B型的山道具思考 : トレッキングポールの巻



< 登山における新・三種の神器のひとつ、それはトレッキングポール >


とは、よく言ったものである。



(ちなみに、残り2つはノンアルコールビールと座椅子。)
※ウディペディア調べ


・・・・。


それは、膝が悪い人間の生命線。
一度お世話になると不安で手放せない代物である。

そんなトレッキングポール。
山デビューを飾った約10年前
その最初の登山からお世話になっている。

当時は良し悪しなど分かるはずもなく
とにかく安いモノを買ったもんだ。

おそらくそれは
2本で5千円台だった。



f0167636_0285363.jpg


<DYNO>のトレッキングポール。
彼と、ここまで長い付き合いになるとは思ってもみなかった。


さて
何不自由なく彼を使っていた3年目くらいだろうか。
山道具に大いなる興味を抱き、毎日のようにカタログを拝見する日々。

当然、あの存在が僕の邪魔をし始めていた。

当時は一人前にならければ持てないと思っていた<LEKI>だ。

結局はその誘惑に勝てず、勢いでそれを買ったわけだ。

「これで僕も一人前に・・・。」



f0167636_0431155.jpg


マカルーウルトラライト。
当時でこの軽さは衝撃的だった。

LEKIと戯れる日々。

その日からDYNOは
友達への貸し出し用に。


・・・・・・。



戯れる事数年。

今から4年ほど前になるのだろうか。

衝撃的な事件が起こってしまった。


そう。
LEKIのポールを1本
登山口に置いてきてしまったのである。

しかも、それに気づいたのがその一ヶ月後。

ああ・・・。
なんてことを・・・。

シングルポールへとソロ活動を始めた彼。
しかし、やはりコンビがいい僕は、彼にあっさり背を向けた。

「また、君たちの出番だぞ。」



f0167636_0494486.jpg


デビューから僕を見守ってくれた彼等。

技術の進歩というものはとても驚異的で
気が付けばLEKIのマカルーが霞むような超軽量のポールが続々誕生していた。

でも、僕は彼等を使い続けた。

彼等の存在は
ゼロから苦労を共にしてきた、もはや友なのだ。


・・・・。


そして今年の始め。

いつものように
その時も使用後に分解して保管していた。


f0167636_0543348.jpg


そして、いつものように
山行前に組み立てていると・・・・


f0167636_0554474.jpg


片方の先っちょが消えてる!!
締まらないじゃないか!!

・・・・。

これは間違いない。

「頑張ったよ。そろそろ買い換えなよ。」

という、サインだ。


長らく、軽量化と無縁だったポジション。


ようやく
一目惚れしてたアイツが手に入る!!

・・・・・。

(買い換えたかったんじゃねーか!)



と、新しい仲間の紹介に向けた
無駄に長い前置き的日記でさようなら。



※『B型的山道具思考』は
 新カテゴリ<山道具あるある>にまとめています。
※『B型的』と謳っていますが、もちろん超個人的思考です。
 世のB型の皆さま、ごめんなさい。

by inouewood | 2014-08-11 23:55 | 山道具あるある

富士山にて Best Photo




『 BORDERS 』


f0167636_0165357.jpg




・・・・・。


今回の富士山。
デジイチはお家でお留守番。

頑張ったな、コンデジ。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-08-09 23:56 | 山のこと

今年も富士山は快晴だった

8月5日(水)

今年もお仕事で富士山へ。

4回連続富士宮口から。

出だしはガスガスも七合目以降は快晴。



f0167636_0352658.jpg



夜はいつも以上に寒い中
手持ちで頑張って写真を撮る。



f0167636_0443426.jpg




2日目。
皆を無事に山頂まで。



f0167636_0384642.jpg



そこで
光を待つ人たち。



f0167636_045199.jpg



そこで
光に見入る人たち。



f0167636_0414580.jpg



山頂の時間は
あっという間に過ぎる。



f0167636_0471425.jpg



帰りは
御殿場ルートから宝永山経由で富士宮口へ。



f0167636_0463871.jpg



富士山は好きか?と聞かれたら
実はたいして好きじゃない。
やっぱり富士山は見る山だと思う。

だから毎回、行く前は億劫になる。
でも、連れて行く人たちが毎年変わる。
結局は、いつも新鮮な気持ちで終わる。

「こんな感じなら、また来てもいいかな。」

なんて、下山後には決まって思うのである。



そんな

僕と富士山。



今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-08-07 23:58 | 山のこと

デイキャンプでパンケーキ修業

7月30日(水)

いつもの仲間たちと緑地公園へ。


今年初のデイキャンプです。


暑いけど、ちょっとだけ気温低め。

よかったよかった。



f0167636_2131680.jpg



今回は女性陣の要望通り
普通のBBQ。

酒の入ったサトシ氏は
気持ちよさそうに早々とご就寝。



f0167636_21323497.jpg



ひと通り焼き終わった後
跳ね起きたサトシ氏によるパンケーキタイム。

去年買ったLODGEのミニスキレットが
ようやく陽の目を見る事に。



f0167636_21432690.jpg



これは美味かった。
次はもう少しトッピングを豪華にしよう。

野外パンケーキ屋さん構想・・・



f0167636_2216970.jpg



ないな。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-08-03 22:18 | アウトドアのこと