<   2014年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

映画『X-MEN/フューチャー&パスト』はどうだ



f0167636_2205994.jpg



やってまいりました人気シリーズ最新作。
マシュー・ヴォ―ン監督が前作『ファースト・ジェネレーション』を傑作に仕上げてしまったために、ハードルが自然と高くなります。まあ逆に言うと、最後の歯切れが悪かった旧3部作の息を見事に吹き返したわけですね。この機会を映画版では生みの親的なブライアン・シンガーが黙ってるわけがありません。
そんなこんなで、M・ヴォ―ンが今回は降板してしまった事もあってか、B・シンガーが再び監督の座に。彼のX-MEN愛。たっぷり伝わりました。

さてこの映画。
タイトル見てのとおり、未来(現代?)と過去を同時展開させるタイムスリップモノです。新旧キャストが勢揃いするわけですから、もう凄いメンツですよ。P・スチュワートとI・マッケランの安定感は相変わらずで、何よりも「まだこの役やってくれるのね。ああ嬉し。」といった感情がジワーっとやってきます。
J・マカヴォイとM・ファスベンダーのコンビは前作以上に気合入ってます。ただでさえこの2人がアメコミモノに出る事が不思議だった前作。見事な演技で映画の濃さを倍増させてくれました。今作のファスベンダーは乾いた演技が多く、注文通りの恐怖をしっかり煽ります。で、マカヴォイさんですよ。この映画はもうマカヴォイ様でしょう。見事にプロフェッサーXを掘り下げました。
で、この二人をよりアゲたのはH・ジャックマンなわけですが、そんなウルヴァリンを今回はクッションとして使用した太っ腹っぷりにも脱帽です。
現代のメンバーは勿論、ハンクあたりにもたっぷり見せ場を作るあたりはやはり脇役贔屓にはたまりません。

<以下、少ーしネタバレです>
観終わった後にあるシーンを思い出しました。過去のパートのひとつのシーン。時代感を反映させるため、テレビ画面に『宇宙大作戦』を流します。同じく人気シリーズとして映画でも長く続いているあの『スタートレック』です。
(そーいう事でしたかシンガーさん…。)
そんな『スタトレ』JJ版リブート2作はパラレルワールドとして展開し、見事に大成功を果たしました。あれもタイムスリップが重要な役割を担ってますね。
おそらく、ヴォ―ン監督が強烈に息を吹き返させたこのシリーズを更に昇華させるため、そしてFOXの愚行により『ファイナル・デシジョン』で落胆させた事による旧作ファンのモヤモヤを出来るだけスッキリさせるために、シンガー監督は「この手があったか!!」と、パラレルを選択したのではないかと妄想しております(まあ、ホントにパラレルとして展開していくかどうかを我々が判断できるのは、既に決定している次回作のミスティークの立ち位置次第なんですけどね)。
そうです。僕はこのTVシーンに、シンガー監督の『スタートレック』シリーズに対する感謝というか敬意というか、まあそのようなものが込められているのでは、と勝手に解釈する事にしました。え?ええ。どこまでもポジティブです。

現代に戻った後に待つ、まさに「オールスターキャスト」なラスト。シンガー監督のX-MEN愛を十二分に感じさせる、とにかく粋でドリーミーな締めくくりでした。
多くのファンが「このシリーズを見てきて良かった。」と思える映画に仕上がっているのではないでしょうか。
by inouewood | 2014-05-30 18:18 | 映画のこと

B型的山道具思考 : コーヒーセットの巻



< 登山に最も似合う飲み物、それはコーヒー >


とは、よく言ったものである。



・・・・。



登山を愛する者にはたいてい訪れるその感情。

勿論、僕も例外ではなく

「山で美味しいコーヒーが飲みたい。」

という欲望に駆られていた時期があった。


それは、山を始めて2~3年目といったところ。

何か拘りたい衝動でもあったのか
当時はわざわざコーヒーミルとバネットを購入し、山へ持参していた。
豆を挽き、沸かした熱いお湯をルルルと注ぐ。
湯気と共に立ち上る香り。

チタンの容器を口に押し当てては
「うーん、飲みやすい。」なんて思っていたものである。

今思えば
コーヒーを香りで楽しんだ事のない青い男のくせにだ。


いつしかマイブームは去り
気がつけばインスタントで満足している自分がいる。
天性の面倒臭がりがそんなモノ継続するはずがないんだ。

そして、思い出したように
(でも、やっぱり美味しいコーヒーが飲みたいんだよ。)
なんて言ってはドリップコーヒーを持参するようになった時期を通過し
最近になってインスタント界を震撼させたスタバの傑作に出会うわけだ。
それはゴミを極力減らし、尚且つドリップ並みに美味いインスタントコーヒー。
それはまさに≪面倒臭がり屋的・山コーヒーの究極≫として
この論争(?)に終止符を打った・・・。



「ミルよ、君は悪くない。悪いのは僕なんだ。」

使い始めてわずか1年ちょっとで、僕は彼を闇に葬った。

振り返らない。
振り返ると君を思い出し、胸が痛くなるから・・・。



結局
ここ数年はそんな彼を思い出す事も全くなく(ないのかよ)
例のごとく、部屋の掃除をしていると
そんな懐かしい記憶と共に片隅から彼等は現れた。




f0167636_1444378.jpg




「わー懐かしい。」なんて思っても
「もう一度使ってやるか。」とは思えない現実。笑

しかも、ユニフレームのコーヒーバネットは
わざわざ大・小と両方揃えていた無駄っぷり。


で、なんてったって・・・

ミルの中に挽いてない豆が入ったまんまじゃないか!!


・・・・。


とまあ、なんともB型らしい(一緒にしてすみません)顛末でございました。



今宵もそんなドーデもいいお話でさようなら。
by inouewood | 2014-05-30 02:09 | 山道具あるある

風邪と共に去りぬ

iPhoneより、布団の中からこんにちは。

ブログの更新を放棄するほどの連勤が終わった途端に
体調を崩したウッドです。


そんなこんなで
2日間の大半を布団の中で過ごすはめになりました。

しかし今宵
日本×キプロス戦の熱気を利用して
ビッショビショになるほど汗をかく荒療治。
無事、風邪は貴重な2連休と共に去りました。

良かった良かった。



f0167636_29172.jpg



あ、写真はReebokのシューズです。

実はここ一年くらい、カカト痛に悩まされてまして。
仕事が苦痛で仕方ないんです。

ちょっと前のある日。
たまたま試着したこの『ZIG』シリーズ。
僕のカカトが
「いいよ、とてもいいよ。」
と、ウェルカムサインを出しました。

でも、その時履いたのが
とてもじゃないが仕事で履けるデザインでなく…

思いつきで行ったアウトレットにて
タイムセールでバカ安だったのがコレです。

さて
僕のカカト事情は改善されるのでしょうか。



こんな感じで
安定のドーデもいい日記、再開です。

今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-05-28 01:32 | 日々のこと

映画『ブルー・ジャスミン』はどうだ


なんとか間に合いましたウディ・アレンの新作です。



f0167636_1235712.jpg



ケイト・ブランシェット主演でこの内容。さすがのアレン映画でも少し重い映画になるのかと思いきや、やっぱりいつものアレン映画全快です。

<以下、サラッとネタバレあり>
なんとも憐れみ深いラストですが、まあ後を引かないこと引かないこと(笑)。そんな、この監督らしい職人芸を拝めるだけでも観た甲斐があるってもんです。
とはいってもこの映画、なんて言ってもケイト・ブランシェット様でしょう。アレン映画にケイト嬢なんて想像できませんでしたが、見事にハマってます。近年の主演級ではズバ抜けではないでしょうか。初っぱなのセレブ感MAXからの歯科事務アタフタで思い切り吹かされます。更にはすべての局面で全力での自業自得っぷり。惜しみなく見せつけてフィニッシュですよ。もう凄い。ケイト嬢にここまでされたら、オスカーやらないわけにはいかなかったんでしょうね。笑

脇を固めた役者さんもまた素晴らしく、アレック・ボールドウィンが前作の『ローマでアモーレ』然り、ここまでアレン映画にハマるとは思いませんでした。このまま何作も彼の作品に顔を出してほしい。それくらいアレン節がフィットしてるんですよね、うんうん。
ほかにもサリー・ホーキンスとボビー・カナヴェイルが抜群にイイ味出してます。特に終盤意味を持つケイト嬢との対比という点では、この二人の入り込みっぷりはもうグレートジョブ。

いつものジャジーな雰囲気且つ小気味良いリズムで落とすシニカルマジックはまだまだ健在。
いやはや、アレン×ケイト嬢の融合は、なんともグレープフルーツのような映画でした(分かり辛れーよ)。


by inouewood | 2014-05-24 01:22 | 映画のこと

ウディ・アレン映画5選


ウディ・アレン監督の新作
『ブルー・ジャスミン』が公開中。

ああ、仕事ばかりで観に行く時間が・・・。
これは観ておきたいんだよなぁ・・・。


はい、この人。
わたくしの大好きな監督のひとりであります。



f0167636_1164733.jpg



ウズウズしてきたので
彼の作品で、特に好きな5本の映画
あげさせて頂きます。



◆『カイロの紫のバラ』◆
1985年公開。
僕がW・アレンの作品にハマったキッカケでもある映画。
「映画」内の掛け合いが秀逸過ぎてビビる。ミア・ファローは最高のハマり役!
大人のためのおとぎ話、そんな作風にある種の衝撃を受けた作品。



◆『スリーパー』◆
1973年公開。
アメリカンニューシネマ全盛期。
その他、カルト的SFにシリアスなエンタメがひしめいていた時代。
その時代にあってこのコテコテのバカSF。
チャップリンよりも、同年代のM・ブルックスものよりも笑った。



◆『ラジオ・デイズ』◆
1987年公開。
何だか分からないけど好きな映画。おそらく同様の人多いと思う。
作り手の愛が詰まっているイメージがまたそうさせるのだろう。
当時の音楽や監督自身のナレーションがまた心地良かった。



◆『誘惑のアフロディーテ』◆
1996年公開。
個人的にはこれぞW・アレン!と唸った脚本勝利の作品。
ポルノ女優役のM・ソルビーノと彼のアンバランス感も絶妙。
ほろ苦い展開もどこかポジティブな雰囲気且つリズミカルに描写するテクはアッパレ。



◆『ローマでアモーレ』◆
2012年公開。
W・アレンまだまだ健在!と唸った近年のツボ映画が2作ある。
それがコレと『ミッドナイト・イン・パリ』。構成が見事過ぎる。
パリとローマ、どちらも甲乙つけ難いんですが・・・
ロベルト・ベニーニとの夢のような融合を拝めた『ローマ』に一票!!



・・・・・・・・

こんな感じなのですが
『アニー・ホール』を入れないあたりに、
少し通ぶってる感を醸しておきます(自分で言うな)。笑

彼の映画はあまり見ない方にも
この5本だけは是非とも観てもらいたいものです。

あースッキリ。

今日はそれだけ。


by inouewood | 2014-05-17 01:16 | 映画のこと

昔、キャンドルランタンとか

今宵もドーデもいい話。


8年くらい前。
まだ山を始めて2~3年といったところ。

当時は少しばかり気取っていたのだろう、テント泊でキャンドルランタンを持参した時があった。
燃え移らないよう、天井に細引きを通してやや低めにぶら下げセッティング。
夜はゆらゆら揺れるそのムーディーな炎に酔いしれるわけだ。

いつしか、僕は本を左手にウトウトしていた。
尿意を催し外へ出るために腰を浮かせる。もう頭上にあるその存在も忘れていたのだろう。
「コツンっ」とそれが頭に当たる感触と共に、僕の延髄あたりに垂れてきたモノ。

「熱ッッ!!」

傾いたランタンからトロトロと。そう、女王様よろしく蝋との戯れ。

がしかし、これが火傷しそうな程の熱さではなかった事に少し驚き。
リアクション芸人って凄いんだなぁと思った次第である。
そして、なんだか病みつきになる人の気持ちも分からないでもないなぁといった感覚に陥ると
それまで想像もしていなかった新しい扉がその時、開いたのだ・・・



って何の話だよ!!



そーいう話ではなくて(そーいう癖もない)
そんな感じで僕の延髄と衣類の襟元をカピカピにさせたのを最期に
そのキャンドルランタンは日の目を見る事無く、姿を消した。。。


そんな彼が最近
部屋の隅っこから突然出てきた。



f0167636_23484649.jpg



と、いうお話です。(前置き長げーよ)


いや懐かしいなぁ。

当時のまま、蝋が飛び散っております。



f0167636_032216.jpg



まあ、やっぱり使う事はなさそうだけど、少しキレイにしてあげましょう。

若かりし頃を思い出し、そんなハートフルな気持ちに浸ったある日の出来事。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-05-17 00:12 | 山道具あるある

腰が痛い

どーでもいい話。


先日、腰をやりました。
だいぶ良くはなってきてますが、しばらくは安静です。

とはいっても
今月は仕事が忙しく、どちらにしても山は行けませんが・・・。



こんな時には
決まって物欲に苦しめられます。

その筆頭はコレ↓↓

<MOUNTAIN EQUIPMENT>
サイクロンパンツ

134gのレインパンツでして
素材は気になっていたパーテックスシールドでして
お値段が14,500円(税抜)ですよ。

なんて夢のあるお値段。
やばいでしょ。
手が届くでしょ。

今年の最低目標は『レインウェアの軽量化』です。
軽くなった分、スケッチブックあたりをザックに潜り込ませます。

これぞ、お久しぶりの<ゆるトラライト>。

夢、広がりますね。





f0167636_0303592.jpg


あ、写真はイヌ川じゅんじです。

突然何だって話ですが
新キャラでもそろそろ・・・なんて考えてます。

まあでも、何も思い浮かびません。


そうそう。
その前に、大量に帆布を買いました。
トートバッグでも作ってみようか・・・なんて考えてますが

あははっ。こちらも全く形が思い浮かびません。



・・・・。



結局、何が言いたいかっていうと


健康が一番。


と、いう事です。


・・・・。


って、相変わらずナンだこの日記は!!




ではまた。
by inouewood | 2014-05-15 00:41 | 日々のこと

晃石山で戯れて その2

-その1はコチラ-




一体、何枚写真を撮ったのだろう。

そして、どれだけ時間がかかったのだろう。



f0167636_23445239.jpg



存分に戯れている僕。
心の中ではキャッキャとはしゃいでいる。

(こんな姿、誰にも見せられないぜ。)



f0167636_0192516.jpg



そうさせてしまうほど、気持ちの良い稜線歩きである。



f0167636_23475938.jpg



12:30

手すり付きの激下りを終えると、桜峠に到着。



f0167636_23511499.jpg



ここでお昼を。と、思っていたのだが
左手のあずまやにいる登山者がやたら盛り上がっていたので
このまま直進して、馬不入山(うまいらずやま)まで行ってしまう事に。

思っていたより距離があるじゃないか・・・。

ここから先は
ツツジはややおとなしくなる。



f0167636_23552077.jpg



25分ほどで山頂着。

入れ違いで
2組の登山者が下山していった。

静かなランチタイムである。

ああ、もう虫の季節か・・・。



f0167636_2358471.jpg



簡単にお昼をとって。

少しだけ横になって。



f0167636_23591917.jpg



14:10

再び桜峠に戻ってきた。



f0167636_001829.jpg



そうそう。
晃石~馬不入間を歩くのは10年振り。

もう、そんな前の話なのか。
そりゃ、全然覚えてないよな。

桜峠が、こんなステキな峠だったとはなぁ。



f0167636_024621.jpg



去年あたりから峠にハマりつつある僕を
ここは大いに刺激してくれた。

ああ、ここでのんびりしたかったなぁ。

次はここだけのために来るのもアリだなぁ。



f0167636_045270.jpg



そこからは清水寺方面をとって下山。

14:40

正直、もっと長い時間この山にいる気がした。
それだけ、僕は心から満足していたのかもしれない。

いやそれにしても
この山域がこんなにステキである事に
今まで気づかなかった自分がちょっと情けない。


自宅から数十分の範囲内に
心の山がまたひとつ。

また恵まれた所に住んでるもんだなぁ。


帰り際に
清水寺にてすべてに感謝。


また近いうちに来ますね。



おわり
by inouewood | 2014-05-11 23:43 | 山のこと

映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』はどうだ



f0167636_2121730.jpg



失礼ながら、最初は映画館で観る気はありませんでした。
正直、アベンジャ―ズ系は『アイアンマン3』あたりでもうお腹いっぱいで。
そんなこんなで『マイティ・ソー/ダークワールド』を観ていなかったので、ちょこっと躊躇しておりましたが、観るモノもないので(失礼)観てきました。

いやいや、まさかこんなサスペンスフルな映画だったなんて。手に汗握りましたよ。これまでのアベンジャーズモノとは一線を画す印象です。ルッソ兄弟恐るべし。「観るモノがない。」なんて言ってごめんなさい。

役者陣も少しずつ贅沢になってきます。まあ、なんて言ってもロバート・レッドフォードの悪役。時代だなぁ・・・と感慨深いものがありますね。さて、個人的にはアンソニー・マッキーが3ベースヒット(分かり辛れーよ)で大大満足でした。近年、脇役に入れとけば手堅い人ベスト5には間違いなく入りますからねこの人は。あ、あと、何気にジョルジュ・サンピエールも出てますよ(格闘技好きの方は是非押さえておいてもらいたい!!)。キレっキレの格闘シーンはテンション上がります。笑

あぁ。こーなると、『アベンジャーズ2』が俄然楽しみに。
原作マンガは読んだ事ないので、まったく展開が読めません。

そんな、良い意味で裏切られたエンタメムービーでした。
by inouewood | 2014-05-10 18:10 | 映画のこと

晃石山で戯れて その1

5月8日(木)

GW明けにやってきた2連休。
がしかし、これがまた疲れが全然とれてない。
希望はテント泊だったが、ここはおとなしく・・・。

と、いう事で
連休初日は家でゴロゴロ。
2日目のこの日は近場の晃石山へ。


山の近辺に住む知り合いから

「今年のツツジは当たり年だよ!絶対行った方が良い!」

と、嬉しい情報をキャッチしていたのだ。


今回はメジャーな太平山は絡めず。
手軽に清水寺(せいすいじ)から直で登る事に。



f0167636_2340412.jpg



お寺の回りにはシャガ。
あ、どうも。こんにちは。



f0167636_23421228.jpg



いつもは太平山神社からピストンで向かうので
このルートは初めて。
こんなに近所に住んでるのになぁ。



f0167636_23454044.jpg



30分ほど登ると晃石神社。

この日は、会う人会う人やたら僕をガン見。
そんなに若い人が珍しいのかな。
だとしたら、とてももったいない。
こんな良い山なのにね。



f0167636_2347627.jpg



そこから10分も登れば山頂。

ツツジがすこしずつ顔を出し始める。



f0167636_23503013.jpg



この、のほほんとした山頂の雰囲気。
これがたまらなく好きである。



f0167636_23514051.jpg



ここから桜峠方面へ。
ツツジのハイライトはその区間だ。

徐々に近づいてきて



f0167636_23533533.jpg



ホアァー。



f0167636_2354122.jpg



ウハァー。



f0167636_23595790.jpg



もう、進みません。笑



f0167636_00139.jpg



なんだか
誰も誘わなかった事が申し訳ないくらい
ひとりでキャッキャと戯れる男。



f0167636_23544848.jpg



とりあえず今日はここまで。



つづく
by inouewood | 2014-05-09 23:33 | 山のこと