<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

式根島とダンスを 【1日目:唐人津城から】

・・・その1はコチラから・・・

・・・その2はコチラから・・・



11時30分

ようやく遊歩道の入口までやってきた。

ここから普通の山道となる。

そこそこ険しい。
果たしてこれを『遊歩道』と言っていいものか。



f0167636_0125915.jpg



道中に現れる3つの展望台。

マルちゃんは
「どれも景色一緒じゃないっすか!!」
と愚痴をこぼす。

実際はそんなことはない。笑

後から聞いた話だが
この時、彼は予想以上の山道でちょっと萎えていたらしい。

でも、ある地点からそこは美しいプロムナードとなり
しっかり癒してもくれるのである。



f0167636_0135320.jpg



12時40分

唐人津城(とうじんづしろ)に到着。

それが目の前に現れた瞬間、皆が絶叫した。



f0167636_0443213.jpg



それまでの島の風情からは全く想像出来ない変化に皆が唸る。


伊豆七島の中で、最も緑が溢れているらしいこの式根島。

突如姿を変えた、その荒涼とした大地。

高揚した者たちはその向こうへ。


その先に待っているものは



f0167636_0453955.jpg



こんな事って、あっていいのかい。

美しすぎやしないかい。


大地から突如現れては迫りくる水平線。
それは低空飛行の飛行機から眺めているような不思議な瞬間だった。



f0167636_1154934.jpg



腰かけた3人はしばらく動かなかった。

当たり前だ。

こんな景色見せられたら、動きたくもなくなる。



f0167636_1203795.jpg



僕はそこから左手に続く、ザレた峰に向かった。

そこから眺め下ろすと
仲間たちが佇む地点の異様な地形にまた見惚れる。



f0167636_1212333.jpg



夢中でシャッターを切る男。
それをマルちゃんが激写してくれた。



f0167636_151241.jpg



そこから反対側に伸びる道の先にある峰。

おそらく、そこが式根島の最高峰という説がある。



f0167636_243935.jpg



そして
当然のように誰もそちらへ向かわない。

そんな『らしさ』は、この日も健在。


これ以上の感動は「もったいない!」のである。


この地でも、そんな”もったいない登山”精神は忘れないのだ。


さて、ここいらでちょこっと補足。
この唐人津城。
名前に『城』と付いているが、お城があったわけではない。
<津城⇒釣城=良い釣り場>と、いう事のようだ。



13時15分

入口の大ウッドデッキに戻る。



f0167636_21281948.jpg



もう、皆は腹が減っている事も忘れてしまっているようだった。

充実の大の字。



f0167636_2128357.jpg



1

・・・2

・・・・・3

・・・・・・・4!!



f0167636_2129339.jpg



気持ちが良いと、バカもいくらかステキに映る。


キム兄もそれに続く。

彼の十八番・新日本プロレス式ブリッジ!!



f0167636_228125.jpg



なんて美しい反り具合なんだ。

こんなステキなロケーションでこのクオリティ。

ブリッジ冥利に尽きるというものだ。

涙が止まらないよ、キム兄。



がしかし
それを嘲笑気味に見つめる僕以外の面々。笑



f0167636_2283992.jpg



正直、ここは滞在時間が足りなかった。

ここなら平気で一日時間が潰せる気がする。



13時25分

僕らを魅了し続けた唐人津城を後にする。


そしてまた
この遊歩道は登山並みの険しさで僕らを困らすのであった。



f0167636_229182.jpg



13時45分

一旦、遊歩道を抜けると
次の目的地・神引展望台に到着。



f0167636_21294776.jpg



そこから眺めるカンビキ湾。

これは新東京百景に選定されているとか。

確かにここは美しい。



f0167636_2130426.jpg



ステキな遊歩道歩きもいよいよ終わる。



f0167636_21302160.jpg



そこからは中の浦海岸を経由して車道に出る。

後はフラフラと歩いて戻るだけだ。

途中の商店でお弁当を購入して遅い昼飯。


民宿に戻ってきたのは16時30分だった。



おいしい夕ご飯を頂くと、皆の夜はさすがに早かった。

20時~21時の間に全員が眠りに落ちた。


明日は何が待っているのだろう。



-つづく-
by inouewood | 2013-09-28 02:29 | 島のこと

式根島とダンスを 【1日目:温泉巡り】

・・・その1はコチラから・・・


8時20分

式根島に上陸。

ありがとう。さるびあ丸。



f0167636_1221436.jpg



下りてすぐ、民宿のお兄ちゃんが迎えに来ていた。

「経営者の倅かな。普段は漁師で、今日は休みだから手伝い。
みたいな感じだね。」

と、我らは勝手な妄想でまとめる。

実際、そんな風貌の優しいお兄ちゃんだった。



f0167636_1265780.jpg



部屋に通されると、早くもゴロゴロしたくなる。

えーい。
もう、こうしてやる。



f0167636_1291247.jpg



いくらかダラダラして、「さすがに動こう。」という事で

9時30分

必要な荷物だけを背負って、宿を出る。

初日の予定は島一周ハイク。
この島は一日あれば充分一周できるキャパである。
我々にとってはそれも大きな魅力のひとつであった。


まずは最寄りの温泉へ向かう。

10分ちょっと歩けば、『松が下 雅湯』に到着。



f0167636_1351574.jpg



無料である。
島の人たちは1年中入り放題か。なんてステキなんだ。



f0167636_1414217.jpg



相変わらずのハットスタイルで入浴。
これがまた気持ち良さを倍増させるわけだ。


f0167636_1424048.jpg



気持ちよくなった男たちを止める者はいない。

やはりクライマーというものは
壁が目の前にあると、取り付きたくなるものである。



f0167636_1445520.jpg



充分堪能して、次の温泉地を目指す。

面倒くさくなった男たちは
もう水着姿のままザックだ。



f0167636_1461641.jpg



9月とはいえ、こちらはまだまだ夏。
体なんてあっという間に乾いてしまう。

このすぐ先に
『足付温泉』があるのだが
湯量がやたら少なかったのでスルーした。



f0167636_151932.jpg



いくらか歩くと、『湯加減の穴』というものが現れる。

その穴に手を入れると
その日の湯温が分かるとか分からないとか。



f0167636_285816.jpg



今日はぬるめのようだ。



もうひとつの温泉地に出る前に、寄り道してひと登り。

足地山展望台。



f0167636_1574192.jpg



気持ち良さそうだぜ、キム兄。

展望も見事である。
奥の新島がやたら大きく見える。



f0167636_1583761.jpg



登った道を下り、先にある『地鉈温泉』へ向かう。

V字の鋭い谷間がお出迎えだ。



f0167636_1592429.jpg



地面を鉈で切り裂いたような地形、という事で
この名前が付いたようだ。

湯の前まで行くと、先客は一組のみ。
後で分かったことだが、同じ民宿に泊まっていたご夫婦だった。



f0167636_223987.jpg




湯の足元はなかなかワイルドである。
小砂利とヌルヌルの岩のミックス。

こりゃ、たまらん。



f0167636_253257.jpg



これで前半戦の温泉巡りは終了。


ここから島の西端を回るわけだが
いよいよ本格的なハイキングが始まる。

ハイカーな僕たちの望むところだ。


しかしこの時

11時20分

良い時間だが
誰もお昼ご飯を仕込んできていない。

「何かあるだろう。」
と皆、高を括って出てきたわけだが

これは間違いなく何もない。


・・・・・・・・・・・・・。


こうして、シャリバテとの戦いが始まるのであった。



-つづく-
by inouewood | 2013-09-26 02:24 | 島のこと

式根島とダンスを 【1日目:船上にて】

定時に仕事を終え
移動手段であるカジさんの車に全員が乗り込んだのは19時30分。

残業することが多く、且つ時間にルーズな我々だが、今回ばかりはそれは許されない。
大型客船は僕たちなんて待ってくれないのだ。

栃木からやってきた1台の車は、22時を回った頃に竹芝に到着した。
楽勝だったな。と皆が胸を撫で下ろし、コンビニでお酒等をゆるり調達。
しかし、ゆるりとし過ぎて、船に乗り込んだのは既に出発5分前だった・・・。
結局、このヒヤヒヤ感がなんとも我々らしいわけだ。

計画段階で、最も懸念されていた”スタート”は、無事にクリアした。


23時に船が動き出すと、我々はデッキテラスでその時間を過ごした。
お酒でヤイヤイしていると、すぐに日付は変わった。



f0167636_1321838.jpg





9月18日(水)

大学生はまだ夏休み。
テラスでは何組かの若い集団が盛り上がっている。
それを見ては「若いな。」なんて言いながら、我々はワインをちびちびとやっていた。

1時を回った頃に船内の座席に戻ると、それぞれ眠りについた。


5時

大島着のアナウンスで起きた僕とカジさん夫妻はデッキテラスに出る。
キム兄とマルちゃんは起きる気配がない。

この旅のメンバーはそんな5人。
キム兄とカジさん夫妻は、先月のもったいない登山でも一緒だった。
遊びのスタイルが似ている人が近くにいるという事は、とてもありがたいものである。
好奇心旺盛のマルちゃんはまだ大学生。
こんな30歳オーバーの遊び人たちと合わせる事が出来る貴重な存在である。


起きた3人は毛布に包まって外を眺めている。
ここからでも富士山は見えるんだなぁ。



f0167636_1472089.jpg



大量の旅人を下ろして、船は大島を出発する。

そのすぐ後に、始まりの光が我々を照らした。



f0167636_1501523.jpg



数日前に台風が去ったばかりで、空には雲一つなかった。

冷めた体を暖かいコーヒーで温めると、今度は利島が見えてくる。



f0167636_1545637.jpg



近づくにつれて際立つその見事な三角錐は
山好きの男たちの心を大いに揺さぶった。

あそこに、登りたい。



f0167636_15655.jpg



6時30分を回った頃に、キム兄とマルちゃんが起きてきた。

新島が目の前に迫ってきた時
その傍に浮いているトンガリ島に皆が見惚れている。



f0167636_201975.jpg



「あれは何島かね?」

「うーん、尖閣じゃないですか?」

「尖閣かー。」

相変わらず適当な発言をする男たち。
それを否定せず、納得する男たち。

自由。



キム兄はまだ眠いようだ。



f0167636_241926.jpg



9時間に及ぶ長い船旅は終わりに近づいていた。

目の前には目的地の式根島が浮いている。



f0167636_252471.jpg



後ろの神津島が余裕で見える低さ。

平らな島だな・・・。


座席に戻り荷物をまとめると、下船待ちの長い列に並んだ。
皆の道具を見てみると、圧倒的に釣り人が多いようだった。

いつもの山とはまた違う高揚感があった。

待ちに待った島遊びが始まる。



-つづく-


(上陸しねーのかよ!!)
by inouewood | 2013-09-24 02:29 | 島のこと

式根島はどうだ

9月18日~20日

式根島へ行ってきました。


ステキな海岸でシュノーケリングあり。


f0167636_0142153.jpg




釣りあり。


f0167636_0294834.jpg




温泉あり。


f0167636_0173433.jpg




チャリンコあり。


f0167636_0305583.jpg




石彫りあり。


f0167636_0333812.jpg




もちろん
ハイキングもあり。


f0167636_0363399.jpg




あっという間の三日間。

帰ってきたばかりなのに

もう、次の島に行きたい・・・。

クジラさん。

僕を連れてって~。


f0167636_0323144.jpg




天気にも恵まれ。

仲間にも恵まれ。

島ライフを堪能し尽くしました。

素晴らしい日々よ、ありがとう。


f0167636_0191059.jpg




詳しくは後ほど。
by inouewood | 2013-09-22 00:44 | 島のこと

旅支度

久々に

山以外での遠出を前に。


さて、何を持っていこう・・・。



f0167636_0165270.jpg




ではまた。
by inouewood | 2013-09-16 23:46 | 日々のこと

ヘリウムとファイヤーボール

さて
しばらく山の予定がありません。

ネタもないので
愛用山系ウェアでも載させてください。


今回は
最近出番の多い『綿組』です。




f0167636_024483.jpg


<Peak Performance>
ヘリウムジャケット



234gのダウンJKTです。
このウェーブ状キルトがまたイカしてますね。
これがより効果的な保温性も生むらしい。
しっかり目の生地でポケットも付いてこの軽さは素晴らしいです。

Peakらしい無駄のないシルエットに惚れてます。




f0167636_0255297.jpg


<MONTANE>
ファイヤーボールスモック



280gの中綿JKTです。
「軽量の中綿なんてホントに暖かいのかよ?」
なんて最初は思ってましたが、そこは最強中綿・Primaloft。
たまに「ダウンより暖かいんじゃねーかな・・・。」と、思う時があるとかないとか。
プルオーバーなのでコールドスポットが少ない、といった要因もあるんでしょうね。
今、一番出動回数の多い『綿モノ』です。


と、『綿組』の中ではこの2つが今のお気に入り。

当分、この分野の買い替えは必要なさそうですね。

・・・・・・・・・・・・・。

(ホントか?)



はい。今日はそれだけ。


ではまた。
by inouewood | 2013-09-15 23:54 | 道具のこと

昔、短編マンガとか

部屋を軽く掃除していたら、懐かしいモノが目に入った。

一冊のスケッチブック。


f0167636_0335083.jpg


『お金のかからない遊び』を探してた5年くらい前。
くだらない絵を描いて暇つぶしをしていた時期がありまして。

どんな絵を描いていたかはある程度覚えていたのだが
唯一忘れていた存在が。

「おおぉ・・・。」

短編マンガとか作ってましたわ・・・。

そのくだらなさに思わず・・・・。

折角なので、載せておきます。笑

つづきはコチラ
by inouewood | 2013-09-12 00:56 | アホなこと

映画『スタートレック イントゥ・ダークネス』を観る

f0167636_2521330.jpg


映画はTOSから全作観てますが
TVシリーズはとびとびでしか観ていないプチトレッキーのウッドです。
こんにちは。

リブートとなった前作のJ・J版一発目はとにかくあのメンバーを
「この俳優がやるのか!」とか
「こう繋げるか!」とか
「スポック出ちゃったよ!」とか
僕と同世代且つ中途半端(失礼)なトレッキーには楽しみどころ満載で
スペースバトルもド迫力の極上エンタメっぷりに大興奮でした。

そりゃあもう、この続編を待ちわびてましたよ。
で、直前には雑誌の『pen』が丸々一冊スタトレ特集で発売してたり・・・。
えぇ。買いましたよ。笑


f0167636_2542263.jpg


正直な感想。
プチトレッキーには少々辛い映画になっていたのは事実ではないでしょうか。
もちろんそれがつまらないと言うわけではないし
既にパラレルワールドとして展開されている続編なので僕は受け入れてますし
何しろ時代や若いキャストにあったこのスピード感、怒濤の展開の連続は
良い意味で「スタートレック」らしくない魅力に溢れていて
アトラクション度は非常に高く素晴らしいです。
オリジナルにあたる『カーンの逆襲』を絶妙に捻った展開が終盤に用意されていたりと
個人的には唸るところは勿論ありました。

ただ、せっかくJ・J版になって更にスケールアップしたにも関わらず
舞台のメインが地球で、スペースバトルが比較的少ないとなるとやはり残念です。
『カーンの逆襲』で魅せた緊迫感のある頭脳派スペースバトルもなかなか好きだったので
そこをパラレル的にどう描くか!と、僕個人の理想が滲んでしまい・・・。
うー・・・反省します。
好きすぎるのも罪ですね~。

で、現在
『宇宙大作戦』のシーズン1をDVDで再度堪能しております。
やっぱり、スタートレックは最高なんですよ。はい。


ではまた。
by inouewood | 2013-09-10 02:44 | 映画のこと

8.20 北八ツトレイル レポ

2泊3日のテント泊。

北八ツ堪能レポ、アップしました。




f0167636_0342118.jpg




よろしかったら、コチラから



やたら前置き長いし・・・。

無駄にスペクタクル・・・。

許してください。笑


あーでもスッキリ。



ではまた。
by inouewood | 2013-09-08 00:36 | 山のこと

『ヒストリエ』8巻はどうだ

ようやく出ました。

今、(個人的に)1番面白い漫画『ヒストリエ』の新刊です。




f0167636_247163.jpg



8巻が出るのに、1年半くらい待ったのかな・・・。
ムズムズしたな~。


で、9巻が出るまで、また1年半くらい待つのかな・・・。
またムズムズか~。



はい。今日はそれだけ。


ではまた。
by inouewood | 2013-09-04 02:37 | 日々のこと