<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

映画 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 を観る

f0167636_0441972.jpg


いまや別格級のド迫力SFアトラクション映画となったシリーズ3作目。
もうワクワクが押さえ切れず、早速3Dで観賞してきました。

残念な事に、シリーズに欠かせない一部だったミーガン・フォックスがいない。ハマってただけに新しいヒロインには違和感があり過ぎた。それでも単純に代役にすれば良かったのに、キャラクターまで変えて挑んでいるため、ストーリーに無駄な説明が入るので、つまらないドラマが意外にウダウダと続く。この設定はさすがに大失敗だろう。他にも堂々と無意味且つ面白みのない展開で引っ張ってくれます。ちょっと脚本が酷いような・・・。前作の『リベンジ』も内外から脚本批判が出ていたようだが、それでも前作が凄かったのは、これでもか!っていうほど視覚的な部分で終始強引にごまかせていた点。今作はそれも弱く、さすがにごまかせなかった印象がある。この手の映画にストーリーを求めるのは酷だが、さすがにシリーズ3作目。マンネリは避けられない状況でこれはキツイ。
まあ、期待していただけに、センスのある捻りを求めすぎていたんでしょうね。あと、重い3Dメガネのせいか・・・。

それでもラスト約1時間に及ぶ怒涛のアクションは見応え充分。手に汗握ってました。今作はロボットだけじゃなく、これまで以上の「人」の見事な応戦っぷりも描かれていたのは素晴らしかった。ホント、アトラクション感覚なのでこの辺はこれ以上いう事がありません。笑
冒頭の宇宙のシーンや、後半のスカイダイビングなどは3Dで見る価値は充分にあるし、何だかんだいってしっかり楽しんできました。観て損することはまずないです。

最後に、J・マルコビッチにF・マクドーマンド、P・デンプシーといった大物のハッスルっぷりも必見です。

満足度:☆☆☆☆


「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3D」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
by inouewood | 2011-07-31 01:22 | 映画のこと

地味に散財

先月に登山靴を買い換えて以来、
地味~に山系の散財が続いています。


最近はこんなモノも・・・




f0167636_0301326.jpg



遂にU.Lギアに手を出してしまった・・・。
by inouewood | 2011-07-28 00:35 | 道具のこと

フミオ、巣立つ

先日、フミオさんが巣立ちました。




f0167636_116569.jpg




京都に住む貰い手の許で、存分に可愛がって貰うんだぞ。

フミオを、宜しくお願い致します。






さてさて、
はっ!!とした出会いがきっかけで、思わず差し上げたフミオさん。

そんな嬉しい巣立ちを経験して、早速2代目の製作です。









エイリャ!!










出来ました。





f0167636_1294153.jpg


もはやフミオさんじゃなーい!
でも、ゆるさは受け継がれたはずです。


なので、名前も変えましょう。





・・・・・





シュラフ野幸司。

f0167636_1224631.jpg


もうメチャクチャな命名です。
思いついた瞬間、ひとりで吹きましたw ダサい!


宜しくお願いします。
by inouewood | 2011-07-25 01:25 | 手作りのこと

今月のマイブーム

ネタがない。

ネタがないので、今月のマイブームでも。




f0167636_2264654.jpg


スパークリングジンロとチャンジャ。

スパジンは今まで飲んだアルコール飲料でイチバンうまいかも。
缶チューハイみたいに甘ったるしくなく、キュッとしまった味が最高。

チャンジャはコンビニで売ってるやつ。
コンビニでチャンジャが買えるなんて!!感激です。



今日はそれだけです。


ではまた。
by inouewood | 2011-07-24 02:31 | 食べ物のこと

久々のフジヤマ

7月14~15日

会社の新人研修の富士登山で引率補佐。

お久しぶりです。富士山。


f0167636_030151.jpg



今回は富士宮口から。

人がいないなんて、ステキです。


荷の軽い補佐という役割なので気を抜いていたら、
いきなりアクシデントに見舞われて、急遽引率に・・・。

一応仕事なので、気を引き締めたっぷり時間をかけて約3時間、宿泊地の7合目に無事到着。

そしたら
過酷なミッションを遂行していたリーダーが
たったの1時間半で7合目に到着。

はえーから!!


f0167636_0382668.jpg



富士宮からは見れないと思っていた影富士。
ばっちり観れました。


f0167636_0405063.jpg



2日目も、先頭でゆっくりゆっくり。


f0167636_0454820.jpg



頂上直下で高山病になったメンバーのフォローなどしてたので
ご来光の瞬間には間に合わなかったけど、全員登頂。

誰も怪我する事なく下山して終了しました。
それが何よりも嬉しい。


終始天気の良い2日間。
焼けすぎて手の甲が痛い・・・。



普段とさほど変わらないようで、ちょっと違う登山を経験しました。
そんな役割を与えてくれたリーダーに感謝です。



f0167636_049464.jpg



みなさんお疲れ様でした。



ああ、今年はもう一回あるかも・・・富士山・・・。
by inouewood | 2011-07-18 01:01 | 山のこと

映画 『127時間』 を観る

f0167636_23471047.jpg


A・ラルストンの本を知ったのは6,7年前でしょうか。
とはいっても読んだことはないのですが、あらすじ程度は頭に入っていたし、ピッケルのような義手が妙に記憶に残っていました。
とにかく、この題材をあのD・ボイルが映画化するということで興味津々。観終わって感じたのは、やはり撮るべく人が撮ったという印象。引っ張るのが難しい内容だし、ありきたりな情を仰ぐ手法に流れそうだが、そこはさすがD・ボイルで、彼のセンスが抜群に活きた見応え充分の97分だった。
山好きにはたまらない効果もチラホラ。特にナルゲンボトルの底からのショットは、水分が失われていく危機感の描写としては見事で、もうひとつのハイドレーションチューブ内部のショットもおもしろい。何度か続ける事で、黄色い液体に変わったときに嫌なくらい味が伝わってくるので、こちらも嗚咽させられる。
効果的な音楽でまとめるラストは『28日後...』を思わせ、『スラムドッグ$ミリオネア』で完全にモノにしたテロップ技もしっかり活かされているので、D・ボイルファンの方も必見です。
未来に待つ「何か」のために生きる執念溢れるJ・フランコの力強い演技は見事だった。A・ラルストンのプロモーションビデオか!とも思える仕上がりだが、ラストではボロボロ泣かせてもらったし、とにかくひとりで山に行く事の多い僕にとって、改めて彼が伝えたいことのひとつがグサリと胸に突き刺さっている。
山好きも映画好きも満足できる素晴らしい映画になっていると思います。

満足度:☆☆☆☆☆


「127時間」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
by inouewood | 2011-07-16 00:49 | 映画のこと

淳二さん

新たな仲間が出来ました。

とはいっても、だいぶ前ですが。



とりあえず、復習させてください。

シュラふみおさん
f0167636_041238.jpg


ケロ島しのぶさん
f0167636_045665.jpg



うんうん。いましたね。







で、3人目が彼です。





f0167636_072725.jpg



イヌ川淳二さんです。

(ってイヌかよ!)



f0167636_092161.jpg




いやー、なんかイライラしますね。

とりあえず怖い話は出来なさそうですね。



早速、ザックにぶら下げてみましょう。





f0167636_010425.jpg



そんな感じです。



ではまた。
by inouewood | 2011-07-12 23:55 | 手作りのこと

女峰山

7月6日(水)

連休だったので、どこかテントでも担いで・・・
なんて思っていたのだが、結局重い腰が上がらず。

初日のグータラっぷりに危機感をおぼえ、2日目に女峰山だけ登ってきました。


f0167636_032068.jpg



天気は晴れたりガスったりで、スカッとした展望とまではいきませんでした。

女峰山~帝釈山の稜線では、
イワベンケイちゃんたちが楽しそうに並んでいます。


f0167636_053336.jpg



帰りの林道で、鹿さんにガン見されました。


f0167636_071840.jpg



熊が出たわけではありませんが、
それを想定した逃げる演技セルフ。


f0167636_061754.jpg



まだまだセルフの腕は衰えていないな。
って、何やってんだよ(笑)。


思いのほか疲れました。
なんだか腰が痛いです。ココまで山で痛くなったのは初めてだな・・・。


詳しくは後ほど。
by inouewood | 2011-07-09 23:59 | 山のこと

湯川に挑む男たち

先月末のお話。

6月29日(水)。

釣りキチたちが向かう先は・・・



f0167636_034681.jpg



戦場ヶ原をズイズイ進み、湯川へ。

釣りの師匠・Kさんの主戦場へ、オトコ3人初釣行。



ルアーのカジさん。

f0167636_0353061.jpg



同じくルアーのキム兄。

f0167636_036669.jpg



そして、なんちゃってフライの僕。

f0167636_103041.jpg




師匠・Kさん(下写真左)に湯川釣りのいろはを教わります。

f0167636_044275.jpg



皆さん3~4匹釣ってましたが、僕はゼロ。

まあ、このロケーションで釣りしてるってだけでもう充分満足ですよ。

何だかんだで朝10時半から夜19時半まで。

もう、堪能しまくりでした。


f0167636_0502761.jpg



良い感じで晴れてましたが、
どうやら下界にはとんでもない積乱雲が。

f0167636_0553915.jpg



いきなりこんな環境(国立公園ですからね一応)で経験してしまったら
他で出来なくなってしまいそうです。

今年の夏は山に川に。忙しくなりそうです。

Kさん、ありがとうございました。
by inouewood | 2011-07-07 00:56 | アウトドアのこと

映画 『SUPER8/スーパーエイト』 を観る

f0167636_19355334.jpg


期待はしてませんでした。笑
でもスピルバーグさんとエイブラハムスさんが手を組めば
充分見る価値のあるアトラクション映画になっているだろう。
と、いう事で、とりあえず観てきました。

とにかくシンプルです。ビックリするくらいシンプル。
で、スピルバーグ印のジャンルで、J・J・エイブラハムス監督が遊ぶとこうなります。っていう感じ。
そんな巨匠と同じ時代に生きて、彼も7,80年代で映画を撮りたかったんでしょうね。
そんな想いを主役の少年に託して、スピルバーグへのリスペクトを詰め込んだ映画なのかなと思いました。
少年たちが撮ってる8㎜映画のジャンルがまた良いんですよね。これだけで監督の映画バカっぷりが伝わってきます。

あんまり話さないほうが良いと思うので、全体的にオブラートに包んでいますが、最後に、CMなんかで『E・T』と『スタンドバイミー』がナンチャラカンチャラって言ってますが、あれは無視しても良いと思います。そんな感じで守備範囲を限定せずオープンに観たほうが、いろいろとキレイに感じるはずです。

観終わって最初は「・・・で?」って思ったけど、よく考えたら「SF映画って本来はこーいうモンだったんだよね。」って思える作品になっていると思います。多分。


満足度:☆☆☆☆


「SUPER8/スーパーエイト」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
by inouewood | 2011-07-06 20:22 | 映画のこと