<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今宵も自宅で花火を見る

地元の花火大会です。

今年も仕事が終わって、スーッと帰宅。
自宅の部屋から恒例の観賞に間に合いました。

ポポポン!!

f0167636_043462.jpg



今年もアコムがスポンサーだい!!笑

ドッカン!!

f0167636_0453124.jpg



スポンッ。

f0167636_046155.jpg



スポポポポポン!!

f0167636_0465732.jpg



いやー、僅かな時間でしたが今年も楽しみました。
人混みが嫌いなので、ここからひっそりと眺めてるくらいがちょーど良いね。

では、また来年。
by inouewood | 2010-08-31 00:49 | 日々のこと

北岳でお初!?

8月25日(水)~26日(木)

職場のお隣さんたち(野郎)5人で南アルプスは北岳へ。

f0167636_0172544.jpg



ちょっと楽したいので、小屋泊にしたはずなのに・・・
無駄だらけの装備のおかげで、結局テント泊級の重さに・・・(泣)

初日は微妙な天気。でもそのおかげでブロッケンも拝めて幸せ。
2日目も快晴。

f0167636_082627.jpg



そうそう。無駄だらけの装備って何かって?


こんなものでこんなことや



f0167636_0113546.jpg





こんなものでこんなことも



f0167636_0122597.jpg



エクストリームアイロニングも、書道も、
肩の小屋ご主人の話だと、どちらも「初めてだろ」との事。

それが事実なら、北岳で2つのお初。

疲れた甲斐がありました。なんつって。

まあ、バカな大人たちの壮大なお遊戯といったところでしょうか。笑

たまにはこーいうのもね。


詳しくは後ほど。
by inouewood | 2010-08-29 00:15 | 山のこと

男体山トレ

8月19日(木)

来週に南アルプス山行を控えてはいるものの、全く体を動かしていない今日この頃。。。

今回は小屋泊まりとはいえ、
キャシャな体にぶっつけ本番はキツイという事を去年の鳳凰三山でたっぷり教わったのに・・・。

計画では8月中に2回はどこか登って体を慣らしておこうと思っていたが、気付けばあと1週間。。。
何もしてねー・・・。汗

さすがにまずい。でもこの休みも天気予報は良くないようで・・・。

まあそうは言ってられないので、トレーニング山行として、珍しく雨天決行を決めて、いざ日光へ。

日光市街はやっぱりどんよりお空・・・。いろは坂もかなり濃い霧に包まれていた。

やっぱダメかーと意気消沈しながら明智平トンネルを潜り抜けると・・・・。

晴れてるー!!

テンションは急上昇し、わーい!と登ります。

男体山です。

f0167636_2353144.jpg


そんなテンションが続くはずもなく、30分後にはヘロヘロ。
はー。この山やっぱり辛い・・・。

f0167636_2357581.jpg


時間と共に結局ガスガス。まあ雨が降らないだけ良しとしましょ。

f0167636_015626.jpg


登拝祭も一段落した後なので、登山者は数える程度しかいなかったが、
静かな山頂で30分くらい普通に寝てましった。頂上の居眠りは気持ちよいねぇ。

f0167636_2359952.jpg


トレーニングという名目だったので、デジイチも持っていかず、写真の時間も殆ど作らない。
個人的には精一杯のストイックさを出してみましたが、やっぱり似合わないな、こーいうの。
とか言っておきながら、ペースはいつもとたいして変わってなーい。笑



f0167636_095819.jpg



下山後は中禅寺湖畔でゆっくりしようとしたが、さすがは夏休み。
観光客が多かったのでそのまま帰ってきました。


まあ、とりあえずは今日のおかげで来週はちょっと楽になってくれれば嬉しい。
あとは本番で運転係になってしまうかどうか・・・これ重要。すっごく重要!!
by inouewood | 2010-08-20 00:15 | 山のこと

映画 『インセプション』 を観る

f0167636_022550.jpg


待ってました。今年イチバンの期待作です。
ノーラン監督といえば新・バッドマンシリーズ。特に『ダークナイト』はアメコミを超越してしまった傑作クライムサスペンスだった。いやーあれは凄かったなー。でも他に、10分後(だっけ?)の記憶がなくなってしまう男の映画『メメント』や、A・パチーノとR・ウィリアムスという当時としては異色の顔合わせが印象的だった『インソムニア』。日本の的外れな宣伝が足を引っ張った隠れた秀作『プレステージ』あたりがあることも忘れてはいけない。まあ、要するに僕が大好きな監督のひとりと言うわけで、ちょっと贔屓目に見てるかもしれません(笑)。大目にみてください。

他人の夢に潜り込み、潜在意識”インセプション”を植え付けるというミッションを描き、監督独特のこだわり(作家性?)を削がずに、限りなく娯楽性を高めた作品になっていると思います。はい、傑作だと思います。これを撮り切っただけでも凄いですし。『ダークナイト』の成功のおかげでここまで金かけて自由に撮れたという事もあるだろうけど、何年も温めた構想を先走って撮らずに、ここまで待った甲斐があったというものでしょう。おそらく『ダーク~』の前にこの映画を作っていたら・・・・あちゃー・・・な映画になってたと感じるのは僕だけでしょうか。
はい、それはおいといて・・・・ストーリーは決して難解ではなく、眠気にさえ襲われなければ問題ないです。結局はディカプリオの「内」の部分が鍵を握っていくわけだが、その辺を含めたプロットの説明等がE・ペイジ演じるアリアドネの目線で描かれるのがこの映画のミソか。レオ様の個人的感情シーンで無駄に間延びすることなく、畳み掛けてくる見事なリズムが保たれたのは、間違いなくアリアドネという存在を活かしたからだと思う。
ジャンル的には『マトリックス』というよりかは『13F』(個人的にも前者よりこっちが好き)のほうが近いかも。ただそのどちらとも違うのは、CG万歳な虚構の世界ではなく、リアルな世界像にこだわったこと。だからこそ「よく撮ったよね・・・これ。」というお手上げ的な感想が真っ先に出るのかもしれませんね。

キャストはもう最高。役柄の使い方がうますぎる。脇役重視派でもある僕にはヨダレものでした。
レオ様は『シャッターアイランド』といい、最近は良い作品に恵まれてきている。もともと役者として熱いもの持ってる人だから、まだまだ腐ってほしくない。ナベケンさん(渡辺謙)はもちろん、ノーラン映画常連のM・ケインも存在感抜群だが、なんていってもE・ペイジが個人的にはスリーベースヒットで、J・ゴードン=レヴィットはホームランといった感じ(分かり辛れーよ!)。最近ご無沙汰なT・べレンジャーがこういった大作に出てくれるのも映画好きとしては嬉しいかぎりです。
とにかく怒涛の148分です。

最後に。
地方の映画館では皆ひっそりと観ることが多いのですが、ラストシーンで「ええ?」っていう声がいろんな方向から聞こえたのが少し新鮮で、ちょっとした一体感を与えてくれてほっこりしました。嬉しかったです。

満足度
☆☆☆☆☆
おススメ度
☆☆☆☆☆
by inouewood | 2010-08-15 01:54 | 映画のこと

磨いてブー


前の日記のブタちゃん。

もしかしたらご存知の方多いかもしれませんが、
気になってる方もいるでしょうから(いねーか!!)、紹介しておきましょう。

f0167636_052577.jpg






どーも。ブタちゃんです。

f0167636_0563959.jpg





おへそ、押す。




f0167636_058458.jpg



伸びた!!







f0167636_059823.jpg



って、歯ブラシか!!



いやー、愛くるしいですね。

某・遊べる本屋で見つけたんですけど、沢山動物います。
是非愛くるしい彼らを観に行ってあげてください。

今度、山小屋に泊まったら、コイツで歯を磨くのが目標だな。

目標だブー。



f0167636_115441.jpg


by inouewood | 2010-08-04 01:18 | 道具のこと

ショッキン!!山道具

いろいろと仕事やら何やらで、それなりに忙しい最近。
久しぶりにパソコンいじります。

で、特にネタもないので、ここでショッキングな出来事をひとつ。




4~5年愛用しているLEKIのダブルポールがあるんですけど・・・・


片方が見つかりません・・・・

ああ・・・何処いったんだろう・・・・?

車にないし、部屋にもないし、
誰かに貸した覚えはあるけど・・・返してもらったと言われれば返してもらったろうし・・・正直覚えてない・・・。
エダちょんの車にもないっていうし・・・。
どこかの登山口に忘れてきたんだろうか・・・。


はー・・・・高かったのにー・・・・。


ショック・・・・。


ショックだブー・・・・。





f0167636_1162221.jpg


by inouewood | 2010-08-01 01:16 | 道具のこと