<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

八千穂高原にちょっと

仕事がバタバタしていたこの1週間。
ようやく落ち着きました。

さて、数日前・・・

仕事のフォトハイクイベントで、八千穂高原へ行ってきました。

お客様10名と我らスタッフ2人、そして写真家の杉本恭子先生の13人。

f0167636_18463232.jpg


・・・・大雨です。
でも、杉本先生は
「雨で良かったですね!!」って。
まあ、写真がメインのイベントなのでおっしゃるとおりでしょう。

まずは駒出池でシャッシャと撮ります。

f0167636_1849482.jpg


意外と時間はあっという間に経ち、メインの八千穂高原へ移動。

f0167636_18531867.jpg


みんな滝に夢中です。
はい、僕も夢中です。

f0167636_18552491.jpg


滝はたまらんねー。

f0167636_18554939.jpg


大雨と悴む手に耐えかねて、みなさん高原を一周する事なく、途中で引き返します。
まあ、滝だけで結構お腹いっぱい。
みなさんの顔も晴れやか。

なんていっても杉本先生が気さくな方で、
ど素人な僕たちにもちゃんと興味を示してくれるので、凄く「近く」感じます。
あ、別に仕事用によいしょしてるわけじゃありませんよ。ホントです。
お世辞が大嫌いな僕が言うんだから、ホントです。

なにはともあれ、無事に終了してホッとしました。
バスで移動できるのでとても楽チンですが、新宿から栃木に帰るのがとても面倒くさい・・・。
まあ、楽しかったらそれで良いですけどね。
by inouewood | 2010-05-28 19:11 | 日々のこと

サンタヒルズでホーリー

5月18日~19日

職場のお隣さんたちと、キャンプ場のサンタヒルズへ。

それなりのオートキャンパーなら知らない人はいないスポット。

僕は8年ぶりくらいだ。

f0167636_2338568.jpg


今回使用したコテージは『ホーリー』。
まだ出来たばっかりで、敷地内にはドッグランもついている。
もちろん、手作り。

f0167636_23421220.jpg


さて、今回の一番の楽しみの陶芸挑戦だ。

f0167636_23441752.jpg


手びねり&手ろくろで皆慎重に作る。
意外と時間がかかった・・・。

f0167636_23455048.jpg


僕はコップと箸置きを作ったわけだが、完成後のご対面は数ヵ月後だ。

日が暮れてからバーベキューだが、
どうも火熾しやらなにやらやっていると、写真を撮るのをいつも忘れる。

で、消灯後は室内で再び盛り上がるわけだ。
僕はわずか缶ビール2本とハイボール1杯でノックアウト。
弱くなったもんだ・・・。

布団の中からパシャリ。

f0167636_23524569.jpg


3時前にすんなり眠った翌日。
仕事のある長老・カメイさんは朝イチで帰宅。
そんな長老のうしろ姿がどこか寂しく見えたのは僕だけだろうか・・・。

f0167636_23571479.jpg


その後は朝ごはんを食べて、敷地内でのんびり。
ハンモックに寝転がったり、他のコテージを観に行ったり。
次はここに泊まりたいな。エミル。

f0167636_23592153.jpg


更に4棟のツリーハウスが出来るようで、それも楽しみだなー。
サンタクロースの家でも泊まってみたいし。
あー、あと何回来ればいいんだろう。
ま、とりあえずカフェだけでもまた来てみよう。

f0167636_001147.jpg


とにかく、管理人さん一家がとても暖かいです。
この暖かさが人気なんでしょうね。

f0167636_032897.jpg


また来ます。
by inouewood | 2010-05-22 00:09 | 日々のこと

もちもちの木はどうだ

珍しく食べ物レポ。
ラーメンです。

宇都宮のもちもちの木。
どーやら全国に8店舗あるとかないとか。

中華そば食べてきました。

f0167636_2351520.jpg

これでもか!っていうほどの濃厚な鰹。でもさっぱり。いやホントに。
スィッスィっとなくなりました。
いやーうまかった。

餃子もなかなか。なんだかやさしい感じで。相棒はそーでもなかったらしいけど。
ただ、1口で食べるより、2口で食べたほうがおいしいです。いやホントに。


ちなみに。
僕の一番好きなラーメンは、幸楽苑のみそらーめんです。
はい。この時点であまり参考になりませんね!!


それにしてもコレ。
f0167636_01588.jpg

アイラブMMKだって。M(もち)M(もちの)K(き)だって。分かってるよ!ってね。

しかもTシャツまで売ってます。
うーん、なんか買ってもいいかな~なんて思わせてしまいそうなお店の雰囲気が憎い。
とか言っておきながら、買ってません。

でも、凄いオッシャレでした。

満足度(満点☆×5)
☆☆☆☆
by inouewood | 2010-05-16 00:27 | 食べ物のこと

トマトと川と長い一日


5月13日(木)

前日までのどんよりお天気がウソのような快晴。

でも、この日は夕方から大切な用事があるため、それまではノープラン。

ヒョンな事から、朝イチで片道30分先にある農家にトマトを買いに行く。

f0167636_019952.jpg


良い形してるね~。
当然、朝からコイツにかぶりつくわけです。うまうまです。

お昼になる前からマックを抱えて河原でまったり。

f0167636_0222963.jpg



その後もいろいろこなして用事に繋げました。
早起きって一日が濃いな~。しみじみ思います。

こんな良い天気には山がいい。
でもね、これも充分すぎるくらい有意義な休日。
どちらかというと、最近はこれくらいのんびりが逆に好きなウッドです。

さて、次の休日はコテージキャンプ。
それまでお仕事頑張ります。
by inouewood | 2010-05-14 00:27 | 日々のこと

映画『シャッターアイランド』を観る

f0167636_1113345.jpg


正直、映画館に行く当日まで観るかどうか迷っていた映画だ。
そこまで迷わせたのは、あのお粗末な宣伝。僕はCMによる過剰な煽りは大嫌い。本来のその映画の見方さえ捻じ曲げてしまうケースもあるから。果たしてこの映画はどうか。M。スコセッシとL・ディカプリオの、いまや名コンビとなった二人の作品ということが唯一の興味。『ギャング・オブ・ニューヨーク』はいまひとつお肌に合わず、『アビエイター』はただのレオ様万歳映画で眠かったし、『ディパーテッド』は個人的には大好きだがM・デイモンの演技が何よりも悔やまれる映画となってしまった。正直僕にハマっているコンビではないんですけどね・・・。まあ、その日は1300円だったので観てきました。

まず、この映画は宣伝で煽っているような謎解きエンターテイメントではありません。そう思って観に行くと間違いなく肩透かされます。でも、名作です。それも間違いありません。
中身はあまり触れないことにして・・・とにかく久しぶりにレオ様らしさが最高に活きた作品であると思う。重く切ないラストで叩き落されるが、最後のレオ様と相棒役M・ラファロのやりとりが気になり始めると、それまでの細かい部分に「?」と思う行動や仕草のすべてが更に気になり、「これってもしかして・・・」と自分の頭も迷路に迷い込んでしまう。本当の答えはどっちなのか・・・・気になればなるほど深みにはまる。どちらのラストもつじつまがあってしまうから余計観た者の方が彷徨ってしまうわけだ。こんな感覚を味わえる映画って今までにあっただろうか。
M・スコセッシ監督の細かい演出と、出演陣の見事な演技はもちろんだが、映画冒頭に流れる注意は余計な挿入にも思えるが、ここまで細部まで注目できたのはそのおかげとも思えるから難しいところ。しかもその注意は、目の前にあるもの信じようとする人の脳を弄ぶ裏の裏をついた効果だったのかもと考えるとさらに・・・・。ああ、さすがにこれは考えすぎだろうな・・・。
そう考えるとあの宣伝の煽りはあながち悪くないか。謎解きエンターテイメントのように思わせる手法はどうかと思うけど、まあ、それくらい注意して観ないと、この映画の本当の面白さは味わえないぞってとこだろうか。
僕はDVDが出てからもう1回か2回じっくり観ることにします。

満足度
☆☆☆☆☆
おススメ度
☆☆☆☆
by inouewood | 2010-05-03 13:28 | 映画のこと

映画『第9地区』を観る

f0167636_0181478.jpg


宣伝のうまさで感心を惹きつけたこの映画。CMで結構見せちゃって惜しいなぁ、なんて思っていのだが、実際は全然見せていなかった。うまいなー。
興味は凄いあったが、なぜかそんなには期待はしていなかった。なんじゃそりゃ。でも実際そんな感じで観に行ってみました。


とにかく、すべての設定がうまい。
宇宙人の立場が面白く、気持ち悪さすら感じる外見に反して、なぜか子供は可愛ささえ感じる。主人公の心情の変化も一気に変わらないところがちょっと憎く、普通ならヒロイズム全開だろうが、そんなことはない最後の最後まで私利私欲。この心理描写って意外とハリウッドは嫌うケースが多いからすごい新鮮だった。
南アフリカが舞台なところがやけにリアル感を引き出す内容で、逆に言えばヨハネスブルグじゃなかったらペラッペラな映画で終わっていたような気もする。深い練りこまれた脚本だとは思わないが、そう思わせてしまうところがうまい。アパルトヘイトを連想させる設定だけに、中には社会的だと語る方も多いだろうが、個人的にはそこまでそうは思わない。人種云々の問題提起は従来のその手の映画と比べれば薄いと思うし、そういう事よりもどちらかというと「それが人間」という淡々と且つスマートなヒューマニティの描き方だと感じた。凄い事にこの映画は少しでも美化しようとする「狙ったり」なドラマではなく、出来るだけ醜化して現代人のリアル本能に通ずるものひけらかして反応を楽しんでいるSFだという事。なかなか出来ないですよこんな事。
後半は怒涛のアクションの連発。ちょっとグロすぎてさすがの僕もちょっとゲンナリしそうにもなる。あの辺はもうちょっと柔らかく・・・ねぇ。
まあ、ある程度のグロい映像に耐えられて、ちょっとでも興味がある方は是非です。
「?」な箇所を掘り下げようとすると、この映画は楽しめないしおススメもしません。
とにかく、スッと観てスッと飲み込めば、切ないラストにグッと感じるものがあるはずです。

満足度
☆☆☆☆
おススメ度
☆☆☆☆
by inouewood | 2010-05-02 00:54 | 映画のこと

29年生


4月30日(金)

いよいよ29歳です。

30代まであと1年・・・。

はあ・・・あと1年か・・・。

うぇ~・・・残り1年だ・・・。


今年は恐らく、山はちょっとしか行けないと思いますが、
(去年もそんな事言ったような・・・)
その代わりにキャンプやピクニック等で遊ぶとします。


とにかく、人生29年生は・・・・


男になります!!!

なんじゃそりゃ!!!

f0167636_004624.jpg



では、29年目も宜しくお願い致します。
by inouewood | 2010-05-01 00:03 | 日々のこと