カテゴリ:道具のこと( 60 )

つめかえ君はどうだ

去年、冬の安達太良山。

小屋で一緒になった登山者が、僕と同じストーブを使用していた。

コールマンのパワーマックスX

これの特徴でもあったプロパンのガスカートリッジは既に生産終了。
その一報を聞いて、買いだめした分も既に空。
コイツともお別れか・・・と、思っていた矢先だった。

「詰め替えできるよ。」

そんな彼が教えてくれたあるモノをようやく購入。



f0167636_212068.jpg


<ALVA>
つめかえ君 Pタイプ


パワーマックスはマウントが特殊なので
専用のカートリッジ以外は接続出来ません。



f0167636_2484149.jpg



なので、家庭用のカセットガスを詰め替えちゃおう。
って事なのです。

いや全然知らなかったなぁ。。



さて、用意するのはコレとコレとコレ。



f0167636_2173242.jpg



やるまでは「ちょっと怖いなぁ」つって不安マックス。笑

えーい、買ってしまったんだから、やるしかない!

合体!!!



f0167636_2192123.jpg



うぉー!
キュルーーって言ってるー!!

ガスは性質上、冷たい容器の方へ自然と移動するとの事。
なので本来は下の容器を氷水に浸すと、流れが始まります。

が、この寒さですよ。
パワーマックスの容器は勝手に冷えてます。
カセットガスは15分前くらいに買ってきたばかりなので
お店の暖房が程よくぬるくしてくれていました。

なので、何もしなくてもガスの移動がスムーズで楽チン。

説明書通り、9割ほど入ったら外します。


さて、ちゃんと点くのか・・・。
ちょっと、怖いな・・・。笑



f0167636_2263014.jpg



キターーーー!!


心なしか、火力が弱い気もしますが・・・
まあ、いいでしょう。

山ストーブ界の高倉健(HP内「愛おしい山道具」参照)が再び輝きます。

おっと、涙が出てきたぜ。



はい、このつめかえ君。
コレ以外にも、通常のOD缶にカセットガスを詰め替えるモノも。
↑長い目で見れば相当リーズナブルですね。

また、OD缶からOD缶に詰め替えるマウントなんかもあります。
↑これなら半端な残量のカートリッジをひとつにまとめられます。
ちょっとでも荷物を軽くしたい人には実にありがたい代物ですね。

<ALVA>のサイトはコチラ

まあ、とりあえず僕はこれだけですが
慣れてきて、且つ飽きなかったら(ここ大事)
上記どちらかも買っちゃうかもしれないなぁ。

もちろん、何かあったら自己責任。
ちゃんと理解すれば何ら問題ないですし、調べたら結構みなさん使ってらっしゃる。笑
まあでも法的に微妙なようなので、おススメはしないでおきますね。


ではまた。
by inouewood | 2014-01-16 02:40 | 道具のこと

物欲 備忘録

サンタさん、どれか欲しいなぁ~。

なんて、想いながら昨日は寝たもんですが・・・もちろん何もありませんでした。
人生そんなに甘かないですね。

そんなわたくし、物欲が抑えられません。
でも、買えん。どうしましょう・・・。
ああ・・・ストレス(?)でまた口内炎が・・・。

書いておくと、気持ちが落ち着きそうなので、ザッと並べておきましょう。
最近、山ネタも無いことですし、山系の物欲一覧。えい!!


【STC】
スキーベンチャー

スノーシューでは物足りなくなってきた!!


【OMM】
イーサースモック

eVentで190g。チョー使ってみたい。


【MONTANE】
ミニマスパンツ

レインパンツは出来るだけ軽くていい。


【finetrack】
ポリゴンネスト®2×2

やっぱ気になる昨今の化繊軽量シュラフ。


【SEA TO SUMMIT】
スペシャリスト ソロ

このシェルターはたぶん僕の理想形。


【LOCUS GEAR】
CP3 (トレッキングポール)

おそらく、これは来年買っちゃう!!


【SOTO】
レギュレーターストーブ ST-310

無駄がないデザイン。惚れる!!


【UNIFRAME】
テーブルトップバーナー US-D

来年のアマフェス要員に。


【Coleman】
ルミエールランタン

月夜の下で、ゆらゆらされたい・・・。


【Nikon】
Df

これはヤバい。カッケーっす!ウっす!



ふー。
ちょっと落ち着きました。
失礼しました。

さあ、来年はどれが仲間になるのでしょーか。


ではまた。
by inouewood | 2013-12-26 03:36 | 道具のこと

ミニマス MR20

だいぶ前の話ですが

ずーっと気になっていたシューズ

安くなっていたので買ってしまいました。



f0167636_1501557.jpg


<New Balance>
ミニマス MR20



既に製造が終了しているようです。

さて、走るのか?

もちろん走りません。

もっぱら、テン泊時のリラックスシューズ要員です(またか!)。


魅力はなんてったって軽さ。147g。

そして、シリーズで唯一、踵を潰せる事。



f0167636_1542079.jpg



早速
靴紐はドローコード&コードロックに付け替えました。

で、ギュッと掴むとこんな感じ。



f0167636_154558.jpg



このコンパクトさがたまらんです。

これまで使ってたサロモンのモックシューズよりもちろん軽い。
KEENのシャンティ(180g)よりも軽い。

収納サイズもこんな感じ。

左からシャンティ、MR20、いろはす



f0167636_1592393.jpg



軽量サンダルクラスの収納性。
惚れます。

いやはや
また贅沢な用途の買い物でした。

来シーズンまで、おやすみなさい。


ではまた。
by inouewood | 2013-12-11 02:05 | 道具のこと

愛おしい山道具

本家HP内の

<愛おしい山道具>

更新しました。




f0167636_3211478.jpg



”道具愛”が伝われば幸いでございます。


ここまでくると、自己満もただのバカです。


このエネルギーを
もっとマシなとこで使え。

ってとこでしょうか。笑

へヘッ。


ではまた。
by inouewood | 2013-10-17 23:25 | 道具のこと

ヘリウムとファイヤーボール

さて
しばらく山の予定がありません。

ネタもないので
愛用山系ウェアでも載させてください。


今回は
最近出番の多い『綿組』です。




f0167636_024483.jpg


<Peak Performance>
ヘリウムジャケット



234gのダウンJKTです。
このウェーブ状キルトがまたイカしてますね。
これがより効果的な保温性も生むらしい。
しっかり目の生地でポケットも付いてこの軽さは素晴らしいです。

Peakらしい無駄のないシルエットに惚れてます。




f0167636_0255297.jpg


<MONTANE>
ファイヤーボールスモック



280gの中綿JKTです。
「軽量の中綿なんてホントに暖かいのかよ?」
なんて最初は思ってましたが、そこは最強中綿・Primaloft。
たまに「ダウンより暖かいんじゃねーかな・・・。」と、思う時があるとかないとか。
プルオーバーなのでコールドスポットが少ない、といった要因もあるんでしょうね。
今、一番出動回数の多い『綿モノ』です。


と、『綿組』の中ではこの2つが今のお気に入り。

当分、この分野の買い替えは必要なさそうですね。

・・・・・・・・・・・・・。

(ホントか?)



はい。今日はそれだけ。


ではまた。
by inouewood | 2013-09-15 23:54 | 道具のこと

山の腕時計について考える

ある日。

学生でもある山仲間・マルちゃんが、腕時計を自慢してきた。

「この時計、1000円だったんすよ。」

機能らしい機能は生活防水のみで、デザインもシンプルな時計。
まあ、それで充分っちゃ充分なのかもしれない。



と、その時。
ふと『山の時計』の話になった。




**************************


ちなみに
僕の山時計はコレ。



f0167636_0231124.jpg



プロトレックのやつで、購入してはや7~8年。
性格上、どうしてもスントだけは嫌だったので(笑)とにかく悩んで決めた覚えがある。

そんな彼の若かりし頃の写真。



f0167636_0284428.jpg



う~ん、美しい。
当時はコレを持っているだけでいっちょまえになった気がしてたなぁ。。。



そんな彼も年老いた。

ボディはキズだらけだ。



f0167636_0381858.jpg



(手荒に扱ってきた僕を許しておくれ・・・。)


ソーラー電池なので中身はまだまだ健在なのだが
いくらかボタンのレスポンスが悪く、そろそろ定年生活をさせてやりたい気もする。

そうすると
後継者を探さなくてはいけないのだが、如何せんこの手の時計は高い。
(無理よ、無理。やっぱあと数年は頑張ってよ。)
この事である。



******************************




さて、ここでマルちゃんとの『山の時計』の話に戻るわけだが
皆さんは山の時計の機能をどこまで使用しているのだろうか。

僕が使用しているのは・・・
〇コンパス
〇米を炊くorアルファ米を作る際のタイマー
〇たまにテント内の気温を計る
・・・・・・・。
これだけ。

(別に・・・要らないじゃないか!!)


もちろん高度計も付いているが
「あと500mもあるのか…。」
と、情を打ちのめされる瞬間がたまらなく嫌で、これを見る機会はほぼ無い。
記録することにもあまり興味がない。

気圧計も然り。
(天気予測とは、己の嗅覚じゃい!)←バカ。

ワールドタイムといった機能もあるようだが
山頂で「ロンドンは22時か。」なんて確認する事もない。

今はスマホもあるし、そもそもコンパスはシルバのやつをいつも持参している。
温度計もちっこいやつを持参すればいい。


(やっぱり・・・要らないじゃないか!!)

と、いう事で
その時は「また数万円かけて買い換えるのはバカバカしい」といった話でまとまりました。
マルちゃん、ありがとう。

気が変わらないうちに、僕も安い時計でも探そう。



ではまた。



※山の時計を否定しているわけじゃございません。
僕にはあまり出番がない、という事です。ご了承下さい。


by inouewood | 2013-08-14 23:38 | 道具のこと

膝だけでも、CW-X

せっかくなので、前回のサポートタイツ繋がりで。

膝に爆弾が埋まっていて
且つ、筋トレも2日しか続かない僕は(偉そうに言うな!)
やはりサポーター類のお世話にならなければなりません。

数年前に<C3fit>に手を出してみましたが
結局、股周りの圧迫が嫌いで全く続きませんでした。
そもそもサポートタイツがダメって事ですかね。

なので、もう5年間ほど
<Mueller>のハード系サポーターを持ち歩いています。


f0167636_18245253.jpg


痛い膝も痛くなくなる程のサポート機能。
ただ、さすがに付け心地はよくありません。

これはあくまでも「備え」として考えたいので
「予防」になり、且つ歩き易さに支障のないサポーターを探していました。

で、去年の冬頃に見つけたのがコレ。


f0167636_183324100.jpg


<CW-X>
ポイントガード BCO301


サポートタイツの膝から太腿までを切り取ったような構造。
付け心地や機能性は、まさに理想通りのギアでした。
生地はサポートタイツのそれとは大分違い、強度は落ちますが伸縮性が格段にアップします。
もちろん、サポート部の締め付けはしっかりしているので問題なし。
しかも、プラスαで太腿の面倒まで見てくれるわけです。
「ありがとうございます!」ですね。

構造上「ずり落ちないか?」といった心配もありましたが
滑り止めも付いており、通常の登山の動きならほぼずり落ちる事はありませんでした。
(さすがにフットサル時には落ちましたが・・・)
気になる方は1サイズ落としても問題ないと思います。

尚、せっかちさん要注意です!!
非サポート部はリブ編みになっているので
通常のサポーター系のノリで履こうとすると
リブ部に指を突っ込んですぐに穴が開きます。
(わたくし、使用1回目の装着時で即効穴あけました・・・。泣)
まあ、封入された使用注意を守れば済む事ですので、ご安心を。笑

「サポートタイツが苦手だが膝が・・・」という方は
お値段もリーズナブルなので試してみる価値はあると思いますよ。


CW-X(シーダブリュー・エックス)
【ユニセックス】ポイントガードシリーズ



ではまた。
by inouewood | 2013-07-01 19:07 | 道具のこと

昔、ユニクロのサポートタイツとか

衣類の整理をしていたら
なんだか懐かしいモノが出てきました。

もう、7~8年前くらいでしょうか。
あのユニクロでサポートタイツとか出してましたね。



f0167636_3205772.jpg



当時はノース某のバイオテックスを使っていたんですが
どうやら引越しの際に誤って捨ててしまったようで紛失・・・。

そんなときに
ユニクロで2900円(くらいだったかな~)で出てたので、つい買ってました。

「慶応義塾大学と共同開発」という触れ込みは今でもよく覚えています。
太腿の筋肉サポートと、膝から脛のあたりに外側から回りこむようなテーピング機能。
これで膝のお皿の外側へのズレを防ぐとか防がないとか。

久しぶりに足を入れてみる。



さあ、履こうか。



f0167636_3344221.jpg

(おぉ・・・。写真撮ったらなんだかリアルになってしまった。笑)


そうそう。コレコレ。
股上の深さが好きだったのを思い出しました。なんだか安心感があるんです。
太腿はピシッとしてますが、ふくらはぎはむしろ緩いですね。
膝横のテーピング機能も今となってはイマイチよく分かりません・・・。
ポリウレタンが入っているので、もう伸びちゃってるかな。

と、いう事で
今後履くかと言われたら、履きません。笑

では、ポイします。

ひとつの青春山時代の思い出よ、さようなら。


ではまた。
by inouewood | 2013-06-28 03:50 | 道具のこと

バッドロック はどうだ

先月のお話。

長年愛用していたメレルのスイッチバック。
遂にソールが剥がれ、涙のお別れとなってしまいました。

と、いう事で・・・

まあ、言うほど悲観する事もなく
早くも後釜となるオールラウンダーを手に入れました。



f0167636_1501865.jpg


<モントレイル>
バッドロックミッド アウトドライ



同ブランドの強みでもあるトレランシューズ。
そのノウハウを遺憾無く注ぎ込み(たぶん・・・)
トレッキングシーンでも充分対応可能にしたミッドカットモデルです。

なんてったってこの軽快なイメージに惚れました。
実際、片足420g前後と重量も魅力のひとつ。
あとは、アウトドライを試してみたいというのも大きな要因でした。

***********************
アウトドライとは、ゴアテックスと同じ、いわゆる防水透湿素材。
最近はトレッキングシューズも殆どがゴアを使用したものですが
実はゴア製の場合、アッパーとメンブレンの間には隙間があります。
雨等で濡れると、その隙間に水が浸透してしまい、ちょっと重くなってしまうらしいんですね。
アウトドライの場合、アッパーとメンブレンを接着しているため、隙間がなく水が浸透しない=重くならない。
しかも素材そのものが伸縮性に優れているため、撓りもスムーズで且つ柔らかい履き心地にもなるとの事。
***********************



実は重登山靴が苦手で、ここまで数年間我慢してきたがやはり・・・。
テン泊装備も10㎏弱に落ち着いてきたので、シューズも軽くしていいんじゃないか。
なんて、ちょっとした勢いのようなものでコレに即決となりました。

で早速、先日の双子池テント泊で使用。


f0167636_225854.jpg


とにかく軽快!!それが何よりも一番の感想です。
フィット感は勿論だが、軽くなるとこんなに一歩が楽に前へ出るのか・・・と驚嘆しました。

ただ、ソールの踵部分が少し低めな事が唯一気になっていました。
で、テン泊装備を背負うと、更に踵が沈みます。
(・・・って重い荷物で使用する事を考えていた僕がバカヤローですが。)
まあ、この辺はソルボのインソールあたりを入れる事で充分解決出来そうです。

************************
ちなみに、同系統でより踵がしっかりしている(よりトレッキング仕様)ものであれば・・・
同門<コロンビア>のタラスリッジミッドをおススメします。←これもアウトドライですよ。
僕もコレは気に入ってたんですが、ワイズが広すぎてアウトでした。
(尚、足幅3Eの方はバッドロックはワイズ細いので無理です。タラスリッジなら3E。僕は1E)
************************


コレだけの軽さを提供しながら
モントレイルならではの「地面を掴む」ような感覚が、絶妙な安定感も生みます。
アウトソールのパターンはこんな感じ。
外周の方が少しだけ高さがあります。

f0167636_25508.jpg


更に、シューズそのものは細めなんですが
それに対してアウトソールの面がやたら広い。

f0167636_254753.jpg


ので、一歩一歩の衝撃を左右に巧く散らしてくれているような感覚がはっきりと伝わってきます。
下山時にも大きく疲れる事はありませんでした。
確実にいつもよりペースが速かったな~。


と、いう事で(なげーよ!!)。
まだ1回履いただけですが、間違いなく使えます。
軽登山からテン泊まで、彼とは幅広い付き合いになりそうです。

早~く、梅雨明~けろ~。


ではまた。
by inouewood | 2013-06-24 03:20 | 道具のこと

コントゥア50はどうだ


久しぶりにザックを購入しました。


ここ数年は
40Lと85Lのザックのみで
すべての山行スタイルに対応してきたわけですが
最近、テント泊装備が40Lにギリギリ収まるくらいのコンパクト化に成功。
とはいっても、プラスαの”贅沢”までは入りませんでした。
それが無いと、僕の山行に支障が・・・。笑

(もう少しだけ大きいザックが欲しいな・・・・。)

と、いうことで
ずーっと悩み続けていた、テント1泊クラスのザック。

当初は以下の候補で揺れ続けていました。


<オスプレー>アトモス50 (背面の感触が好きだが、構造上重心がキニナル・・・。)
<オスプレー>ケストレル48 (ヒップベルトが長すぎてウエストスカスカ・・・。)
<グレゴリー>サヴァント48 (収納関連が扱いやすそう。でも重心が低そう・・・。)


と、この辺で去年の夏から迷いに迷っていました。


・・・・・・・・・。


で!
ようやく手に入れたのがコレ!!





f0167636_0421491.jpg



<グレゴリー>
コントゥア50



って、全然違うヤツじゃないか!!!!


・・・・・・・・・・。


そうなんです。
都内まで背負い比べに行ったら、この新作が目に入りました。
ネットで見てちょっとだけ気にはなっていたので
興味半分でちょいと背負わせてもらいます。

このショルダーハーネスのパットが気になるんすよ。

コレ大丈夫かよ・・・・って。
薄すぎやしませんか・・・って。


f0167636_0501231.jpg



これがまた全然気にならないんです。
背負った瞬間「ウソだろ?」と思ったくらいです。

他にも収納性あたりに、やたらこだわりを感じたので
この子にあっさり心を奪われました。

・・・・・・・・・。


パッキングするとこんな感じです。



f0167636_2293117.jpg

(写真は当HPより)

外付けありきのシルエットです。
遠慮なく座椅子を外付けしてます。

背負った感覚は
やはりショルダーのパットの薄さは殆ど気になりませんでした。
さすがはグレゴリーさんで、嫌でも背中で背負わされる感覚ですね。
見事に荷重が分散しているように思いました。
(グレゴリーは『背負い心地』ではなく、『着心地』と表現してますね。こーいうのがオシャレなんだよな~。)

更には
頭を使う事を楽しませるかのような独自のパッキングシステム。
これがまた良いですね。


といった感じで
着心地や機能はいずれもスマート。
僕はこれを『インテリザック』と呼ぶことにします。


色を黄色にしてしまったのが、未だに違和感ありだが(汗)
この子に入るだけの”贅沢”は入れさせてもらいますよ。


さて、彼と共にどれだけ山旅に出れるのでしょうか。
ワクワクが止まりません。

これからも宜しくよ。コントゥアさん。


※2015年3月4日追記
ありがたい事に、「コントゥア」の検索ヒットが多いので
一部分かりやすく(?)改訂しました。

by inouewood | 2013-05-13 01:23 | 道具のこと