カテゴリ:山の手ぬぐい( 16 )

シリーズ 山の手ぬぐい 【東ミキヒサ岳】


もう一発いきます。


お次はコチラ。


あの伝説の山

東ミキヒサ岳です。



f0167636_2174656.jpg



はい、失礼しました。

コチラ、私のオリジナルです。笑


もはや平成生まれの方には通用しないネタ。

あの名フレーズ、『芸◯人は歯が命』。

そしてあの人。

それを山に見立てるという、超絶くだらない発想から生まれた一品です。

(こちらは”あずま”ではなく、”ひがし”と読んでください。)


だいぶ昔から当ブログをご存知の方には既出ネタなんですが
こんな形で復活させてしまいました。笑


・・・・。


こんな感じで
ギリギリ且つくだらないネタがお好きな方

コチラで販売もさせて頂いております↓↓笑

https://nruc.thebase.in/


はい、ばっちり宣伝でした。

”フェイク山の手ぬぐいシリーズ”として始動したコチラ。
果たして第2弾はあるのでしょうか・・・。笑


・・・・。


いやぁ
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。


by inouewood | 2016-07-04 02:29 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【徳本峠小屋】


連チャンです。

お次はコチラ。


北アルプスより

徳本峠の徳本峠小屋です。



f0167636_1185182.jpg



今では手に入らないこの手ぬぐい。

同じく山の手ぬぐいを愛する同志が
特殊なルートを駆使して手に入れたこの一枚。


この見事なまでの達筆具合。
(達筆過ぎて読めない説)

実際に小屋のご主人が描いたものだとか。

どことなく不器用な雰囲気を醸すランプのイラスト。
そこから汲み取る事が出来るのは誠実そうな人柄。
おそらくご主人は”山小屋界の高倉健”とでも言うべき御方である事でしょう。


最近は少しポップなモノが増えてきている中で
今でこそこういった硬派なベテラン風情(どーいう事だ)が必要な時代だと私は感じるわけです。
にも関わらず、いまやこの手ぬぐいの販売も終了してしまっているという現実。

この哀しみはいったいどこにぶつけたらいいのでしょうか。

(大袈裟)

・・・。


いやぁ
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。


by inouewood | 2016-07-02 01:33 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【金太郎茶屋】


帰ってきましたこのシリーズ。

今年の一発目はコチラから。

金時山より、金太郎茶屋です。



f0167636_1923542.jpg




これぞ、ジャパニーズクラシックストーリー。

そして、金太郎というヒロイズムを薄口に捉え
けだものたちの相撲の稽古にフォーカスするというセンス。

先日公開されたディズニー最高傑作とも言われる映画『ズートピア』にも通ずる
偏見、差別意識、夢への嘲笑といったネガティブ要素を突き放すメッセージ性。

なんとも素晴らしい構成です。

(言い過ぎ)

・・・・。

なにはともあれ

「ハッケヨイ ヨイ ノコッタ」 

の、「ヨイ」の二段打ちに癒された私です。


間違いなく、山の手ぬぐいベスト10に入る名作。


・・・・。


いやぁ
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。


by inouewood | 2016-06-30 19:45 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【烏帽子小屋】



忘れた頃にやってくるこのシリーズも
これで今シーズン最後。


北アルプスより

烏帽子小屋です。




f0167636_3211175.jpg




これですよ。

この潔いシンプルさ。

とても硬派な山岳描写と、脇に添えた優しいコマクサ。

その構図と色使い。見事です。


これぞ『THE 山小屋の手ぬぐい』ですね。



いやぁ~
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-11-18 15:06 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【剱沢小屋】


手ぬぐいシリーズ続きます。

お次も北アルプスから。

剱沢小屋です。




f0167636_2221440.jpg




なんでしょう。

剱沢小屋さんは個性の強い粋な小屋といったイメージなので

コレに関しては、なんかこう、型にハマりすぎと言いましょうか・・・

もう少し突き抜けた感が欲しかったなニョゴニョゴ・・・。

なんか、「作りゃいいんだろ?てやんでい。」みたいな感じで
剱の山容も文字も殴り書きっぽい感じの雑なデザインとかね。剱沢小屋っぽくないすか。

あ・・・生意気言ってすみません・・・。


えっと・・・
お値段は、いくらでしたっけね・・・、800円だったかな?忘れました。



い、いやぁ~
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。



今日はそれだけとんずらーーー


※わたくしの勝手なイメージです。ホントすみません。
by inouewood | 2015-09-25 23:55 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【みくりが池温泉】


お久しぶり山の手ぬぐいシリーズです。


今シーズン初ですね。
今年もなかなか遠出できてないんですね。



はい。

北アルプスより。

みくりが池温泉です。




f0167636_1173875.jpg




こちらの小屋のお土産は完全ノーマークだったのですが

もう一発で惚れました。


立山曼荼羅でもそうなんですが
剱岳のみ強烈に鋭利な地獄的描写という、独特な存在感に唸ります。

全体的に味のある構成でクオリティ高い仕上がりとなっております。


価格は800円。


色は3色(2015年9月現在)
今回は緑をチョイス。

他は紺と赤だったかな。うろ覚えです、すみません。



いやぁ~
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-09-22 01:30 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【高見石小屋その2】

最近は山にも行けず
ネタ切れ状態でございます。

そんな時にはこれ。
山の手ぬぐいシリーズです。


本日はコチラ。


八ヶ岳より

高見石小屋(パート2)



f0167636_0275498.jpg



良い意味でずるいですね。

それぞれタッチの異なるカモシカさんたち。
可愛くないはずがありません。

文字を英語にすることで
しっかりバランスもとっておられます。
芸が細かい。

お値段はパート1同様の680円。


・・・・。


いやぁ~
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-10-04 00:37 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【高見石小屋その1】


やっていまいりました、山の手ぬぐいシリーズ。


今年はなかなか山に行けずでしたが

なんとか調達です。


本日はコチラ。


八ヶ岳より

高見石小屋です。




f0167636_0425716.jpg




もうね、溜息ですよ溜息。

「はぁ~、もうお見事過ぎますでしょ。」

といった感じで。



高見石小屋といえば星。

それと小屋の特徴をしっかり捉えたこの構図。


おそらく
小屋の名前が書いてなくても

「こりゃ高見石小屋だ!!」

と、分かってしまうでしょうね。

それほど個性ある一品だと、わたくし思います。はい。


価格も680円とお手頃。

部屋に飾っておけば、毎日流れ星。

もう願い事を叶えたくて叶えたくて仕方がない方
これは買っておいて損はないでしょう。


・・・・。


いやぁ~
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-09-08 01:05 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【岳沢小屋】


なんと!

まさかの2ndシーズンに突入。笑

やってまいりましたそんな山の手ぬぐいシリーズです。


2014年一発目はコチラ。


北アルプスより。

岳沢小屋です。



f0167636_0571230.jpg



素晴らしいですね。

岳沢のカールを中心に描かれた山々。
それを囲むキスゲちゃん(?)は
まさに組体操のメインタワーを囲む前衛部隊さながらの出で立ち。
主役をアゲる重要な役割を担っています。

フォントサイズも適格で見事な仕上がりですね。
(何者だよオマエは。)


価格は800円。

色は3色(2014年6月現在)
今回はライトグリーン即決でしたが
他にえんじ色と紺色がありました。


いやぁ~
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-07-04 01:09 | 山の手ぬぐい

シリーズ 山の手ぬぐい 【富士見平小屋】

連投です。

まさか今年だけでここまで続くなんて思ってもいませんでした。笑

第7弾。


今回はコチラ。


前回同様・奥秩父から。

富士見平小屋です。





f0167636_2375596.jpg




山てぬぐい界ではおそらく有名な1枚。

とても『山小屋の手ぬぐい』らしい手ぬぐいではないでしょうか。

余白をたっぷりとっているあたりがまた乙ですね。



こちらは800円。

金峰山の下山時に、コーヒーと一緒に購入です。
(あ、ここはどーでもいいか。)


今日はこれだけ。


また来年、お会いしましょう。笑
by inouewood | 2013-11-19 23:35 | 山の手ぬぐい