2016年 07月 02日 ( 1 )

シリーズ 山の手ぬぐい 【徳本峠小屋】


連チャンです。

お次はコチラ。


北アルプスより

徳本峠の徳本峠小屋です。



f0167636_1185182.jpg



今では手に入らないこの手ぬぐい。

同じく山の手ぬぐいを愛する同志が
特殊なルートを駆使して手に入れたこの一枚。


この見事なまでの達筆具合。
(達筆過ぎて読めない説)

実際に小屋のご主人が描いたものだとか。

どことなく不器用な雰囲気を醸すランプのイラスト。
そこから汲み取る事が出来るのは誠実そうな人柄。
おそらくご主人は”山小屋界の高倉健”とでも言うべき御方である事でしょう。


最近は少しポップなモノが増えてきている中で
今でこそこういった硬派なベテラン風情(どーいう事だ)が必要な時代だと私は感じるわけです。
にも関わらず、いまやこの手ぬぐいの販売も終了してしまっているという現実。

この哀しみはいったいどこにぶつけたらいいのでしょうか。

(大袈裟)

・・・。


いやぁ
山の手ぬぐいって、ほんっとうに良いもんですね。


今日はそれだけ。


by inouewood | 2016-07-02 01:33 | 山の手ぬぐい