秋の尾瀬の天は微笑む PART2


PART1はコチラ

・・・・


15時5分

見晴。




f0167636_1530486.jpg




まず多くの登山者を迎え入れるのは
ホテル街の前衛・弥四郎小屋。






・・・・


これが噂の弥四郎小屋のカフェテラスか。




f0167636_15312387.jpg




これは座りたい。
テント張ったらここでゆっくりしよう。


左脇に続く道には両サイドに小屋が並ぶ。
その最奥に佇むのが燧小屋で、テント泊はそちらで申し込み。

既に10張り程のテントが並んでいた。

我々は一番奥に幕営。




f0167636_15315530.jpg




張り終えると、ここでは全くマッタリする事なく
コーヒーを飲みに弥四郎小屋のカフェスペースへ。




f0167636_15321791.jpg




この時、16時10分。

このままここで夕陽を拝むまでマッタリしようか。




f0167636_15323262.jpg




コーヒーをふたつ頼み、お目当てのテラスへ。




f0167636_1532461.jpg




至極、贅沢な時間である。




f0167636_1533171.jpg




これはもうここですべてをやってしまおう。

という事で
夕食の道具と食材を取りにダッシュでテント場へ。

この小屋前のテーブルで自炊をしながら日の入りを拝むふたりであった。




f0167636_15331440.jpg




この日のメニューは
豚骨ラーメンに角煮と煮たまごとメンマを大量投入。

見た目が全くよろしくない。




f0167636_15334973.jpg




ひとつ言える事は

角煮は全くもっていらなかった。


・・・・


辺りが完全に暗くなると
夕食を終えた小屋泊の方々が続々と夜空を見に外へやってきた。


我々はホットワインで体を温めている。

気が付いた時には
フカさんの呂律が既に回っていなかった。




f0167636_1534675.jpg




気持ち良くなっているフカさんを置いて
僕は星を撮りにガハラへ。

とはいっても、さほど絵には拘りはないので
パパッと撮って帰還。




f0167636_15342385.jpg




小屋周辺には19時を回っても人が出てきては去り、出てきては去る。




f0167636_15343625.jpg





お酒も無くなり、フカさんの眠気もピークにきたようだ。


19時30分頃にテントに戻る。

寝袋に包まると、いつものルーティンであっさり眠りに就いた。


・・・・。


深夜に一度目が覚めると
その後は寒さになかなか寝付けず、寝れてもすぐに目が覚める繰り返しだった。



・・・・



6時。


若干凍っているテントを開けると
外はキレイに霜がおりている。




f0167636_1535087.jpg





天気は良さそうだ。

これは尾瀬名物の朝靄が見れるかな。と、胸は躍っていた。



フカさんのテントをゆすってみる。

全く反応がなかった。

気持ち良い眠りの中か。

なら起こさないで寝かせておこう。


・・・・


朝靄の絵は強烈だった。




f0167636_15351386.jpg




(これはフカさんを無理矢理起こすべきだったか・・・。)

と、若干後悔するも
戻るのも面倒くさいので(笑)、そのままガハラを突き進んだ。




f0167636_15354436.jpg




これは素晴らしい。

同時季に何度かここに泊まった事はあるのだが

間違いなく今回の朝靄は最強である。




f0167636_16212850.jpg




振り返ると
まるで幻影のような燧ケ岳。




f0167636_16215514.jpg




そしてまた前へ進む。




f0167636_16222065.jpg





f0167636_16224992.jpg




これはダメだ。
どこまでも歩いていってしまいそうだ。




f0167636_236497.jpg




キリがないので、一旦引き返しかけたのだが
やはり名残惜しくて、その後も行ったり来たり。

気が付いたら
40分もフラフラしていた。




f0167636_2424464.jpg




いい加減、戻ります。



つづく
by inouewood | 2015-11-08 02:43 | 山のこと
<< 秋の尾瀬の天は微笑む PART3 秋の尾瀬の天は微笑む PART1 >>