硫黄岳、本沢。雨のち晴れ。 PART3


PART1はコチラ
PART2はコチラ


・・・・


7月30日(水)

5時。

スッと目が覚めた。



外へ出て少し散策。




f0167636_1224395.jpg




雨により濃さを増す森の色。

我らのテントは、それに合わせて色彩に深みを増していた。







・・・・


夜に何度も降った雨にも負けず、僕のテント内は至って普通だった。
地面は浸水どころかシートからの結露の突き上げもほとんどなかった。
テント上部の大量の結露は当然の事と割り切っているので何ら問題はない。

結果、ワンポールテントは全然アリである。

それを試す事が出来ただけでも、僕にとってこの山旅は充分過ぎる程価値のあるものだった。


・・・・


待望の光。

今日はいけそうか。




f0167636_129781.jpg




静かな朝だった。




f0167636_12111339.jpg




各々朝食を済まして
出発予定の時間を待つ。

この日は予定通り、硫黄岳へ向かう。

時間があれば横岳まで進んでもいいだろう。
まあそれはその時に決めるとしよう。




f0167636_1211396.jpg




6時50分

スタート。




f0167636_12121790.jpg




夏沢峠までの間は
一組の家族と抜きつ抜かれつ。


この区間のコケの色がまた素晴らしい。

ゆっくり鑑賞しながらのハイクアップだ。




f0167636_12125426.jpg




7時40分

夏沢峠。

山びこ荘を覗くと大量のザックがデポしてある。
宿泊していた学生さんたちのモノだろうか。




f0167636_1213739.jpg




少し休憩をはさんで再び登り始めると
フェリス女学院のハイキング部の面々が大量に降りてきた。

皆、ブラックダイヤモンドのヘルメットを被っていた。

BDで揃えるなんてさすがフェリスだな、関心する男たち。


・・・・


平和な一日である。




f0167636_12132094.jpg




天気は良い。

硫黄岳の魅力でもある核心部の展望。
これは期待できそうだ。




f0167636_12133331.jpg




と、各々のテンションが少しずつ上がっていくが




f0167636_1227428.jpg




それは時として無情である。




f0167636_12352870.jpg




一瞬にして、見上げる先はガスに包まれた。

下ももう見えない。




f0167636_12381411.jpg




ペースを上げる男たちには付いていかず

何とかテンションを保とうとする僕は、花と戯れる事にした。




f0167636_12474555.jpg




それでも山頂はもうすぐそこだった。

なんとかガスが抜けないものか。




f0167636_12481979.jpg




8時50分

硫黄岳。




f0167636_12592556.jpg





つづく
by inouewood | 2015-08-13 23:55 | 山のこと
<< 硫黄岳、本沢。雨のち晴れ。 P... 硫黄岳、本沢。雨のち晴れ。 P... >>