映画『X-MEN/フューチャー&パスト』はどうだ



f0167636_2205994.jpg



やってまいりました人気シリーズ最新作。
マシュー・ヴォ―ン監督が前作『ファースト・ジェネレーション』を傑作に仕上げてしまったために、ハードルが自然と高くなります。まあ逆に言うと、最後の歯切れが悪かった旧3部作の息を見事に吹き返したわけですね。この機会を映画版では生みの親的なブライアン・シンガーが黙ってるわけがありません。
そんなこんなで、M・ヴォ―ンが今回は降板してしまった事もあってか、B・シンガーが再び監督の座に。彼のX-MEN愛。たっぷり伝わりました。

さてこの映画。
タイトル見てのとおり、未来(現代?)と過去を同時展開させるタイムスリップモノです。新旧キャストが勢揃いするわけですから、もう凄いメンツですよ。P・スチュワートとI・マッケランの安定感は相変わらずで、何よりも「まだこの役やってくれるのね。ああ嬉し。」といった感情がジワーっとやってきます。
J・マカヴォイとM・ファスベンダーのコンビは前作以上に気合入ってます。ただでさえこの2人がアメコミモノに出る事が不思議だった前作。見事な演技で映画の濃さを倍増させてくれました。今作のファスベンダーは乾いた演技が多く、注文通りの恐怖をしっかり煽ります。で、マカヴォイさんですよ。この映画はもうマカヴォイ様でしょう。見事にプロフェッサーXを掘り下げました。
で、この二人をよりアゲたのはH・ジャックマンなわけですが、そんなウルヴァリンを今回はクッションとして使用した太っ腹っぷりにも脱帽です。
現代のメンバーは勿論、ハンクあたりにもたっぷり見せ場を作るあたりはやはり脇役贔屓にはたまりません。

<以下、少ーしネタバレです>
観終わった後にあるシーンを思い出しました。過去のパートのひとつのシーン。時代感を反映させるため、テレビ画面に『宇宙大作戦』を流します。同じく人気シリーズとして映画でも長く続いているあの『スタートレック』です。
(そーいう事でしたかシンガーさん…。)
そんな『スタトレ』JJ版リブート2作はパラレルワールドとして展開し、見事に大成功を果たしました。あれもタイムスリップが重要な役割を担ってますね。
おそらく、ヴォ―ン監督が強烈に息を吹き返させたこのシリーズを更に昇華させるため、そしてFOXの愚行により『ファイナル・デシジョン』で落胆させた事による旧作ファンのモヤモヤを出来るだけスッキリさせるために、シンガー監督は「この手があったか!!」と、パラレルを選択したのではないかと妄想しております(まあ、ホントにパラレルとして展開していくかどうかを我々が判断できるのは、既に決定している次回作のミスティークの立ち位置次第なんですけどね)。
そうです。僕はこのTVシーンに、シンガー監督の『スタートレック』シリーズに対する感謝というか敬意というか、まあそのようなものが込められているのでは、と勝手に解釈する事にしました。え?ええ。どこまでもポジティブです。

現代に戻った後に待つ、まさに「オールスターキャスト」なラスト。シンガー監督のX-MEN愛を十二分に感じさせる、とにかく粋でドリーミーな締めくくりでした。
多くのファンが「このシリーズを見てきて良かった。」と思える映画に仕上がっているのではないでしょうか。
by inouewood | 2014-05-30 18:18 | 映画のこと
<< B型的山道具思考 : 雷探知機の巻 B型的山道具思考 : コーヒー... >>