ブルペンサイドストーリー


6月12日(金)

西武プリンスドームに行ってきました。

交流戦
西武対ヤクルト戦です。



f0167636_2345101.jpg



なんか、不思議な形の球場。
野球観戦はいつも神宮なので、すごい違和感でしたが
全体的にのんびりしているので、とても過ごしやすいです。

さて、この日はいつものキム兄夫妻にチケットをとってもらいました。
ブルペンサイドシートです。

目の前にこの人たちがいます。



f0167636_23453652.jpg



伊藤智仁さんと高津臣吾さんです。
一時代を築いたお二人も、今や共にコーチ。
いきなりのコラボに試合始まる前から胸熱。笑

ああ、ずっと野球が好きで良かったと思える瞬間でした。


・・・・。


試合は早い段階でヤクルトのワンサイドゲームになってしまったので

その後はもっぱらブルペン観察でした。笑




f0167636_23455248.jpg



リリーフ登板に向かう選手を総立ちで見送るブルペン陣。
いつもの光景なんでしょうけど、こういうの初めて目の前で観たのでホント鳥肌たちました。


・・・・。


さて、この日の出番のなさそうな展開で終始リラックスしていたこの方たち。



f0167636_2346689.jpg



ヤクルトが誇る外国人リリーバー三人衆。
ブルペン捕手の江花さんを囲んで何やら話し込んでいますね。
そして誰かしらがいつも江花さんで遊んでます。笑

ブルペンに一羽の蛾が舞い込んできました。
よっぽど嫌いなのか、近寄ってくる蛾から逃げ続けるロマン選手。笑
そんなお茶目なプエルトリコ人の姿に我らはホッコリ。

少なくとも
ロマンファンの僕とキム兄夫妻にとっては、これ以上にない時間でした。


・・・・。


ブルペンには
他からは見る事の出来ないいくつものストーリーが存在しています。

そんな
いつもと違う視点からの野球観戦。




今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-06-16 23:55 | 日々のこと
<< 平標山は・・・ 高原山 山へ川へ PART2 >>