青梅シネマチックロードはどうだ


先月の奥秩父山行の帰り。

いろいろあって朝イチでの移動中。


青梅市街で道を間違えたら

青梅シネマチックロードに入り込むという嬉しい誤算がありました。


テンション上がって100円パーキングにすぐ車を停めます。

待っているのは、名作の看板の数々。





f0167636_23444294.jpg


シェーン!カムバーック!!
って懐かしいなぁ(リアルタイムではありませんがw)。





f0167636_2346786.jpg


ジョン・ウェインもいますね。





f0167636_23504912.jpg


『哀愁』は絵が印象的ですね。
「巨匠」がまた時代を感じます。





f0167636_23562793.jpg


『第三の男』とは。チョイスが渋いですね。
ラストシーンが有名な一本です。





f0167636_2344880.jpg


これは比較的新しい映画ですね。
生涯ベスト10には入ります。
この絵を見ると自然とテーマ曲が頭の中に流れます。





f0167636_031976.jpg


自転車屋さんの看板に『自転車泥棒』とは・・・
なんとも粋な展開です。
しかも「安心の盗難保障」って(笑)。逆に哀愁が漂います。

この手のやつだと他にも
バス停に『バス停留所』だったり
時計屋に『メトロポリス』の看板あたりがとてもオシャレでした。


・・・・。


まだまだありますがこの辺で。

こんな感じでテンション上がってスマホでパシャパシャ撮ってますが
街の風景みたいなやつは一枚も撮ってませんでした。笑
赤塚不二夫さん絡みの街なので、どちらかというとそちらの色が強いですかね。


そんな朝8時前。
どこもお店が開いていない、通勤者が行き交う中でのハッピーな出来事でした。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-06-03 23:55 | 映画のこと
<< 高原山でもったいない登山 映画『セッション』はどうだ >>