ワイルドオアシスはどうだ


「ツェルト泊は卒業」宣言からもう2年が経とうとしてます。


・・・・。


そんなドーデもいい立ち上がりでこんにちは。



1kgという充分軽いテントを持っていながら

「更なる無駄を持ち込むために軽量化を!」

と、“ゆるトラライト”を地道に実践し続けているわけですが

もう自分のキャパでは、テントしか軽くするところが無いわけですね。

そんなこんなで、山行によってはライペンのシングルツェルトを選択する事もあるのですが

なんていっても狭い。

まあ、やれないことはないのだが、室内で飯も食えない狭さ。


「もう、あんな狭い空間は嫌なんです。室内でせめて胡坐かかせてくださいよ。」

「そんな希望に応えてくれる部屋なんて、もうワンポールテントしかないっしょ。」


と、いう事で
念願のシェルターを手に入れました。



f0167636_032259.jpg



昨年秋に
栃木県北の山道具屋『LUNETTS』でその実物を見てからというもの

「ヤバい!これだ!」

なんて釘づけになっていたわけですが

GW前にお店に顔を出したら、つい買ってしましました。


<シックスムーンデザインズ> ワイルドオアシス



先日の笠取小屋で早速張ります。



f0167636_0141027.jpg



これが


こう。



f0167636_0144181.jpg



なかなか綺麗に張れずに手こずりました。
奥が深いぞワンポール。


中はこんな感じ。



f0167636_0162091.jpg



そうですそうです。

フロアレスなんですが、このボトムメッシュ!

これが特徴のシェルターなわけですね。


このメッシュがあるだけで、安心感がワンランクアップします。

下からの虫の侵入の心配がありません。

ただ、調子に乗って入口開けっぱにしていたので室内は虫だらけになりましたが。笑


まあ・・・荷物も気兼ねなくメッシュ部にブン投げておけますし
このおかげでグラウンドシートも若干浮くので、雨天でもやってやれそうです。



f0167636_0174783.jpg



そしてこの余裕の広さですよ。

ノッポなわたくしでも楽勝です。飯も食えます。

LUNETTSのご主人は
「自分、これで2人で寝てますよ。」との事だが、それはさすがに狭い。笑。


この広さ・快適性で

重さが396g。

最高ですよ。



f0167636_0312369.jpg



この日は色々あって、一泊はできませんでしたが

間違いなく満足の一品です。


次こそは一泊します。


今日はそれだけ。
by inouewood | 2015-05-15 23:55 | 道具のこと
<< 雁峠と笠取小屋とまさかの失態 ... 笠取小屋でまさかの >>