映画『アメリカン・スナイパー』はどうだ


やってまいりました。
イーストウッド監督話題の新作です。



f0167636_2239941.jpg



がしかし!
映画を観る前に余計な情報を耳にしてしまいました。
この映画、主演のブラッドリー・クーパーが自らプロデューサーとして企画してきた作品なわけですが、WOWOWでのアカデミー賞授賞式の中継にて、映画コメンテーターの方の「B・クーパーが主演男優賞をどーしても獲りたいのでイーストウッドに監督を頼んだ映画」発言で懐疑心マックスです(笑)。あぁ、なんてことを。自然とクーパー氏の表情ひとつひとつに疑念を浮かべ、彼の目ん玉にオスカー像がチラついているのではないかと心眼を開いて終始構えてしまいました。純粋にクーパー氏の演技が入ってきませんでした・・・反省です。

さてこの映画、戦場シーンと国内シーンとに大きく分かれております。あくまでも個人的見解ですが、戦場シーンに関してはイーストウッド師匠らしさを感じませんでした。そこからのらしい国内オフシーンとの繰り返しが個人的にどーしても・・・おっとこれ以上は言わないでおきます。良い映画だった事には変わりないので。好き過ぎて「イーストウッド映画って俺の中ではこーなんだよ」といった思い込みが邪魔してしまったわけですね(最近では『J・エドガー』が全く受付けずw)。もう自分、反省だらけっす。

<以下、ネタバレ>
ストーリーとラストの描写に関してちょっとだけ。
長いトンネルを抜けた矢先の悲劇。これはもう虚無しか襲ってきません。この現実をどう感じ取ったか。そこでラストの「旗振って見送り」シーンの意味が各々違ってくるのかもしれませんね。僕は少し皮肉な感じを受けました。その悲劇は戦地ではなくアメリカで。英雄に仕立てた男ですら救えないアメリカ。じゃあ誰が救ってくれるの?戦地で戦う意味とは?アメリカって何?しっかりしてよアメリカ!みたいな。
愛国心が一際強かったはずのクリス・カイル。彼は時間が経つにつれてそこに疑問を抱いていったのではないでしょうか。いつしかその使命感を、戦地で仲間の命を次々に奪っていく相手国スナイパーを仕留める事への執着にすり替えていったように僕は捉えました。そうやってPTSD気味だった自分を抑えていたのではないかと。そんな受け取り方なので、僕には非常に熱い反戦映画として写っています。
話題になっている”無音”クレジットも、答えは提示してませんよ、といった対処なのかと思いました。音楽の持つ力の大きさは、自ら作曲もするイーストウッド師匠が一番よく分かってらっしゃるはずですから。

こんな感じで、考えれば考える程深みにはまる映画。
観終わった瞬間よりも1週間後あたりに思い返してみると、この映画はより味わう事が出来るのではないでしょうか。


by inouewood | 2015-03-24 23:46 | 映画のこと
<< 武尊山はどうだ キム兄という男 >>