フレームザックと私


先日のアマフェス。

久々に出動させたジャンスポのフレームザック。

久々・・・というか
もはやアマフェスの時にしか使用していないっていう・・・。


正直、背負いにくいんです。
ショルダーハーネスもヒップベルトもフレームに吊り下げているだけなので
とにかく揺れます。

ハイテクノロジーザックを背負う現代人には
不慣れなその現象がとてもしんどいわけです。

ただ
全くもって憎めない存在。
それがフレームザックというやつなんですね。


・・・・。


さて
そんな事はどーでもよく。

先日のアマフェスにて
フレームザックを背負う私をスマホで撮ってもらいました。

それをインスタグラムで加工した写真がとても綺麗で。

すごくお気に入りなので、コチラにも貼らせてもらいます。




f0167636_0382714.jpg




ザックの上にはダッチオーブン。
下には金鍋がキレイに収まっています。

いやはや美しいパッキングです。


再びフレームザックの波が来るのではないかと
ひそかに期待しているウッドです。

コイツは70年代に製造されたモノで、数年前にネットで手に入れました。

最近ではVARGOが最先端の技術でフレームザックを復活させました。
これにドンドン続いてほしいという願望があるわけです。

特に我々のような”ゆる派”には
「フレームの方が好都合になるんじゃないかな~。」
と、感じる山行形態の時もあるんですね。

まあそんだったら、勝手に自作してろよって話ですか。

はい、すみません。


・・・。


と、結局は総合的にもドーデもいい話でした。

ではまた。
by inouewood | 2014-12-15 23:55 | 道具のこと
<< 映画 『ゴーン・ガール』 はどうだ 12.10 アマフェス2014 >>