神津島の4人 【2日目:天上山 ②裏砂漠と表砂漠】


【1日目:合流と弾丸観光】
【2日目:天上山 ①仙台池と裏砂漠】




その時

3人の男はひとりの男を見守っていた。



f0167636_23441514.jpg



キム兄が疾走する。

恐らく、彼は無心で駆け抜けている。



f0167636_2347146.jpg



この不思議な大地が与えるエネルギー。

そりゃ走りたくもなるさ。


分かる、分かるよキム兄。



f0167636_23475177.jpg



そして、何故か彼は
再びダッシュでこちらに戻ってくる。

いいのに・・・。笑

その姿は動画で収めたので
機会があればアップする事にしよう。



今度は4人揃って踏みしめる。



f0167636_2350898.jpg



振り向けば
僕たちは違う世界に迷い込んでしまったのかと錯覚する。

ここはどこだ?

月か?


いや、天上山だ。



f0167636_23515468.jpg



道なりに進むと
目の前に広がるのは
もはや500m峰の域を超えたスケール。



f0167636_23555532.jpg



ここの右手には裏砂漠展望台がある。
折角なので寄り道しよう。


地形上、風が一段と強くなる。
皆、一斉にレインウェアを羽織った。

眼下に広がる海を拝みながら
もちろんここでも休憩だ。



f0167636_23544773.jpg



10分ほど休んで先へ進む。

この先は
新東京百景展望地に寄り道してから表砂漠へ。


・・・・。


実は
僕は既に裏砂漠でお腹がいっぱいだった。

これ以上の感動は、本来であれば”もったいない”ところまできていたのだ。

どこまでも欲のない男。


そして
そんな精神状態の後にやってくるこのロケーション。

そこはもう、完全にアルプスのどこかだ。



f0167636_23581234.jpg



見事すぎて、完全胃もたれ突入。

実際、この辺から僕の口数は一気に少なくなる。



f0167636_026910.jpg



11時40分

新東京百景展望地。



f0167636_0265138.jpg



残念だが
その展望を拝んでも、本当にこれといった感情は湧いてこなかった。



f0167636_09839.jpg



振り返ると、表砂漠が見える。

ああ、早くあそこへ行って休みたい。



f0167636_010350.jpg



・・・・。



f0167636_0105026.jpg



・・・・。



f0167636_011545.jpg



・・・・。



f0167636_012123.jpg



12時

表砂漠。



f0167636_0121718.jpg




-つづく-
by inouewood | 2014-10-19 00:20 | 島のこと
<< 神津島の4人 【2日目:天上山... 神津島の4人 【2日目:天上山... >>