神津島の4人 【2日目:天上山 ①千代池と裏砂漠】


【1日目:合流と弾丸観光】


10月8日(水)


「天上山行くなら登山口まで送っていくわよ。」

民宿にて朝ご飯を食べていると
お母さんのそんな優しさにまた触れる事になる。

遠慮なく車の飛び乗ると
8時40分に黒島登山口へ。



f0167636_11122871.jpg



杖の貸し出しが充実しすぎている。
折角なので、ひとり一本ずつ拝借。


9時スタート。


この時点で既に500m峰とは思えない出で立ち。
それと同じくらい不思議な感覚にさせられるのは
山を覆うハイマツ帯の中で、堂々と共存するシダの群れ。



f0167636_11332934.jpg



町を見下ろすと海。
これも島ならではの風情か。



f0167636_123540.jpg



一合目から山頂一帯に入る十合目までは
各合に標識と小さなベンチが設置されている。
十合目標識までは約50分。
早くもこの雰囲気に酔わされている男たちは
その全ての地点で休憩をとるという無駄をかます。



f0167636_1213578.jpg



いまひとつ、晴天とは言えない空。

若干の落胆が見えるメンバーに
「これくらいの天気の方が、より砂漠感が出るはずだ。」
と、僕は声をかける。

我々の本日のハイライトは、そんな裏砂漠にある。

もう、ワクワクが止まらない。



f0167636_11384312.jpg



少しずつ姿を見せる岩肌。



f0167636_12213458.jpg



10時

十合目着。
ここから、山頂一帯の周回コースとなる。



f0167636_12222541.jpg



軽くひと登りすると
その窪地(火口跡)にある千代池が現れる。

想像以上に美しく
皆が下りた後も、僕はしばらくこのロケーションに見惚れていた。



f0167636_17465510.jpg



折角なので、ここで軽食タイム。
とは言っても、歩き始めてまだ1時間半。
いったい何回休憩をとるのだろう。



f0167636_17511063.jpg



ここは10分ほどで出発。
出現する背の高い樹木の中を潜り抜けると、再び目の前は大きく広がる。

この先が砂漠分岐となる。



f0167636_17543352.jpg



直進すると表砂漠、右に曲がると裏砂漠。
とりあえずはまず裏砂漠へ向かう事にする。

振り返るとキム兄とオキさんがついてきていなかった。



f0167636_1852385.jpg



どうやら、トカゲを発見し戯れていたようだ。


平和な一日である。



f0167636_1882467.jpg



少し進むと次の分岐。

そこから望む景色は
まるで稜線上から拝む2000m峰のようで。



f0167636_18195733.jpg



しばらく歩くと
草原帯はいつの間にかガラッと姿を変える。

そして、ここを越えると



f0167636_18211788.jpg



10時47分

裏砂漠。



f0167636_1822982.jpg



自然美に圧倒される4人。

言葉も出ない我々の耳に響くのは、襲い掛かるような風の音。

一足お先に、キム兄がその地へ足を踏み入れる。



f0167636_1826035.jpg



すると彼は

何かを感じ取ったのか

全速力でそこを駆け抜けていった。



-つづく-
by inouewood | 2014-10-17 18:34 | 島のこと
<< 神津島の4人 【2日目:天上山... 神津島の4人 【1日目:合流と... >>