ある河原へ。静かなキャンプ。

-前記事のつづき-


黒磯をブラブラした後は
ようやくこの日のメインのキャンプへ。

にも関わらず
キャンプ地がつい1時間前まで決まっていなかったという体たらく。

先ほど訪ねた山道具のお店<LUNETTES>でようやく決まった次第だ。

(ここの店主なら良いとこ知ってそうだなぁ・・・)と思い、聞いてみると

「とっておきの場所、教えますよ。」

と、快く教えて頂いたわけだ。


その目的地となる某河原へ。
車を30分ほど走らせると、道はダートな林道となる。
しばらく走ると僅かな駐車スペースに一台の車が停まっていた。

(店主の地図、完璧だな・・・。)と、関心していると
その車の持ち主であるオジサマが釣行から戻ってきた。

「水量が少なくて、全く釣れなかった」ようだ。

我々はキャンプだと伝えると、「中州か?」と返ってきた。
実は店主から、「中州が最高ですよ」と言われていたので、なぜか少し嬉しかった。
間違いなく期待出来るって事だ。


今回我々は
一度に持てるだけの荷物のみでキャンプをする事にした。



f0167636_2359388.jpg



川までは少し下る。
オジサマは「100mくらいで着くよ。」と教えてくれたが
実際はその3倍近くの距離だった。


「膝下くらいの渡渉が・・・」と、聞いていた川。
思いのほか流れは早い。
サンダルに履き替えていざ川へ。



f0167636_002534.jpg



水がとんでもなく冷たい。最後のほうは悲鳴。笑
川を越えた後はしばらく歩けなかった。


その先に広がるのは、もはや中州とは思えない。

こりゃあいい。
最高のロケーションだ。



f0167636_035050.jpg



早速、幕営の準備にとりかかるわけだが
実はフカさんがテントを忘れる大失態。

僕のテントを貸すつもりだったが
この機会にツェルト泊をしてみたいという事で
同じく持参していたツェルトを快く貸した。

そしてそこで問題が。
フカさんがツェルトに泊まるというのに
僕がのうのうとテントを使うなんてイマイチ味気ない。


・・・・。


よし、アレをやろう。



f0167636_0235554.jpg



タープ泊だ。
雨の心配もなさそうなので、まあなんとかなるだろう。

今日は結露が半端なさそうなので
最も快適なテントを物置にする贅沢っぷり。

到着が遅かった事もあって、張り終えた頃には辺りは暗くなっていた。


ユニフレームのネイチャーストーブで火を熾し
スーパーで購入した刺身と米と酒で素敵な時間を過ごす。



f0167636_23521151.jpg



空がやたら明るいな、と思ったら
そーいえば今日はスーパームーンだ。
ライトを消しても辺りを見渡す事が出来る明るさだった。



f0167636_0253956.jpg



そして、この日楽しみにしていた事がもう一つ。

「五寸釘でナイフを作る」というチャレンジだ。

火で熱し、トンカチで叩いて・・・これを繰り返し、石でひたすら研ぐ!

こんな事、こーいうキャンプのノリの時にしか出来ないぜ。



f0167636_23561890.jpgf0167636_2356521.jpg



しかし
先に良い感じでお酒が回っていた男たちは
たったの3往復で早くも飽きてしまい放置。笑

わざわざ今回のキャンプを

<五寸釘ブートキャンプ>

と、命名してまで準備した道具と意気込み。

それはあっさりと終わりを告げた。

・・・・。

結局
その後はくだらない話に花咲かせ、21時にはそれぞれの寝床へ。

タープ。
すべての音がクリアだ。
1時間以上モジモジしてようやく眠りに堕ちた。



・・・・。



6時。
スッと目が覚めてタープから脱出。



f0167636_011967.jpg



そして、先日の五寸釘。
これっぽっちで断念したのでした。笑



f0167636_034493.jpg



その後は
何をするわけでもなく、ただボーっと時間を過ごした。

なんて贅沢な時間。



f0167636_0294712.jpg



いつも通り
撤収には莫大な時間をつぎ込む。



f0167636_0115464.jpg



とにかくのんびり。

9時40分にようやくパッキング完了。



f0167636_0132167.jpg



いやそれにしても
ホントに良いとこを教えてもらった。
ここは何度でも来たい。

いや、来る。
また来なきゃいけないとさえ思える。



そして冷たい川へ向かい
男たちは現実世界へと消えていった。



さらば。



f0167636_0153412.jpg




おしまい
by inouewood | 2014-09-16 00:37 | アウトドアのこと
<< 草津も秋色 LUNETTESを訪ねて >>