にゅう中山ぐるり (1) 主に撮ってます


8月27日(水)

いつも通り、佐久平PAで迎える朝。

目の前に聳える八ヶ岳の雄姿はない。
この2日間、天気予報は曇り時々雨。その朝も雨がパラついたり止んだり。

ここまで来てみたものの肝心なモチベーションが上がらない。

そう、今日は単独行。

いくらか車を走らせると、グッと違う方向にハンドルを切った。
この時点でようやくテント泊の計画を中止に。
今日は得意の森ハイクでもしようと、稲子湯に進路を変える。

が、少しずつ山道を登っていくと、雨がどんどん強くなる。

(ああ・・・ダメか。)

結局、僕は稲子湯もスルーしていた。笑


車を停めたのは、やはりいつもの白駒池だった。



f0167636_1025207.jpg



あれだけ降っていた雨。
ここは何故か降った形跡すらない。

八ヶ岳、Whyだよ。


あれだけ早く出発してきたのに、歩き始めた時は既に10時半。



f0167636_1033283.jpg



今年2回目の白駒池。ここは何回来ても飽きる事はない。

いいよ。いいよコケさん。



f0167636_062954.jpg



にゅう方面へ上がると、そこからがやたら長く感じた。
おかしいな、もっとこう・・・楽なイメージが。笑



f0167636_08547.jpg



さて
咄嗟にここを歩くことに決めた理由は2つ。

ひとつは高見石小屋で手ぬぐいを買う、という事。

そしてもうひとつは
間違いなく撮りたい写真がそこにあるから。

そう。セルフショットだ。
セルフの腕を更に磨くのには絶好のフィールドなのである。

きたぞ。



f0167636_011937.jpg



森と男。


おっと、少し晴れ間が出てるじゃいないか。
嬉しいっちゃ嬉しいが
セルフ的にはここは出なくていいんだよ(何故か愚痴)。


・・・・・。


そして
このルートで僕が一番惚れている地点へ。



f0167636_0141725.jpg



この生命力。
美しく、そして力強い。

漲る、漲るよ北ヤツ。


ここでもどーだ。


(↓ ドリーミー型セルフ ↓)

f0167636_018493.jpg



えーい、まだまだ。


(↓ リアル型セルフ ↓)

f0167636_0212741.jpg



5回くらい挑戦しただろうか。
ちょこちょこ登山者が来たので、その辺で止めておいた。


その先の光を目指すと、目の前に現れるにゅう。



f0167636_022196.jpg



ここで彼を眺めた。
もちろん、そのテッペンには行かない。
向こう側はガスってるし、君の事は良く知ってるつもりだ。
だから、ここで充分さ。

「チャオ。」
と、手を振って
静かな樹林帯を黙々と進んでいった。



f0167636_0282731.jpg



この先は、中山経由で高見石小屋だ。


-つづく-
by inouewood | 2014-08-30 23:55 | 山のこと
<< にゅう中山ぐるり (2) 高見... 代替案は北ヤツと霧ヶ峰で >>