FREELIGHTのポールはどうだ

前記事の無駄な前置きからの本題。笑

冬から悩み続けていたトレッキングポールをようやく新調。


軽さをとるか
安さをとるか
ブランド力をとるか
見た目をとるか


いろいろ吟味した結果

コチラを。




f0167636_3385929.jpg




日本が誇るガレージブランドの雄が
イタリアの名門<FIZAN>と組んだ軽量ポール。



f0167636_037911.jpg



重量は1本で158g
(ラバーを付けて量ったら180g前後)

この軽さで尚且つグリップには妥協のない形状。

素材はアルミ。
現在ではカーボン製のモノもよく出ているが
(自分も最初はカーボンで探してた・・・)
メーカーサイトでは
同重量のカーボンでは強度テストをパス出来なかったとの事。
安心してこれを選択しました。


アンチショックは無し。
先日、富士山でガッツリ使用してきたが、全然気にならず。
(むしろ、アンチショック無い方が個人的に好きかなー。)


そして
なんて言っても
やっぱりこのフォルム。



f0167636_030422.jpg



シャフトのプロテクターも排除する潔さ。
それが生むスレンダーなボディーライン。

実際、プロテクターが無いと回し難いかといったら
全く問題無し。


ああ、美しい。



f0167636_0414253.jpg



僕のヒザ、君に託します。

長いお付き合いになりますように。

今日はそれだけ。
by inouewood | 2014-08-13 23:53 | 道具のこと
<< 映画『オール・ユー・ニード・イ... B型的山道具思考 : トレッキ... >>