B型的山道具思考 : 虫除けスプレーの巻



< 山で精神的な戦いに勝つための第3の小道具。それは虫除け >


とは、よく言ったものである。


(ちなみに、第2はクマ鈴。第1は恋人の写真入りペンダント。)
※ウディペディア調べ



・・・・。


山に虫はつきものである。
しかし、どうしても我慢できない時もある。

これもまた8年程前のある日。
友人からハッカ系の液体虫除けスプレーを借りた事があった。
明快な効き目以外に
首筋のスースー感もまた気持ちよく感じたものである。

僕はすぐに同じモノを購入した。
もちろん何度か持参して使用もした。

それがいつしか僕の前から忽然と姿を消したのだ。
どこかで落としたのか・・・

数年後。
僕にとって最も虫に苦しめられたある山行がやってくる。
それは約6年前の白砂山。
帰宅後、家で幻覚を見るほどの襲来を受けたのだ。
それを機に再び、同様の虫除けスプレーを買う事にした。

(無いんじゃ、仕方ないからな・・・。)

しかし、その年はもう虫という観点ではシーズン終盤。
出番も無く翌シーズンへ持ち越しとなる・・・。

それがどうだろう。

次のシーズンがやってきた頃には
既にそれも無くなっているというどーしようもない展開である。

それから・・・
僕は虫除けを買った事を記憶から消し
今後は借りるという汚い策を採用した。


ある日。
ディキャンプに行こうと、キャンプ用の小道具バッグを確認していると

彼は出てきた。




f0167636_265090.jpg



しかも初代である。

「ずっとここにいましたけども?」

そんな態度で彼は鎮座していた。

そうか。悪かったな。
キャンプ道具に紛れ込ませているとは思わなかったよ。
まあ、これで汚い策とはおさらばだ。


そして最近。
例の如く、山道具の整理を行っていると
棚の裏から埃まみれの二代目も無事に発見。




f0167636_275859.jpg



もちろん未開封。

ずっと同じ部屋にいた2人。
2014年にして初対面である。

まあ、2つとも見つかったって事は
「今年は虫が多いぞ」というサインだと思い込む事にする。
たっぷり塗りたくってやるぞ。

全身スースーだよ。


・・・・。


今日はこんな無理矢理ネタにしました的日記でさようなら。



※『B型的山道具思考』は
 新カテゴリ<山道具あるある>にまとめています。
※『B型的』と謳っていますが、もちろん超個人的思考です。
 世のB型の皆さま、ごめんなさい。

by inouewood | 2014-06-19 02:28 | 山道具あるある
<< 映画『春を背負って』はどうだ 映画『グランド・ブダペスト・ホ... >>