つめかえ君はどうだ

去年、冬の安達太良山。

小屋で一緒になった登山者が、僕と同じストーブを使用していた。

コールマンのパワーマックスX

これの特徴でもあったプロパンのガスカートリッジは既に生産終了。
その一報を聞いて、買いだめした分も既に空。
コイツともお別れか・・・と、思っていた矢先だった。

「詰め替えできるよ。」

そんな彼が教えてくれたあるモノをようやく購入。



f0167636_212068.jpg


<ALVA>
つめかえ君 Pタイプ


パワーマックスはマウントが特殊なので
専用のカートリッジ以外は接続出来ません。



f0167636_2484149.jpg



なので、家庭用のカセットガスを詰め替えちゃおう。
って事なのです。

いや全然知らなかったなぁ。。



さて、用意するのはコレとコレとコレ。



f0167636_2173242.jpg



やるまでは「ちょっと怖いなぁ」つって不安マックス。笑

えーい、買ってしまったんだから、やるしかない!

合体!!!



f0167636_2192123.jpg



うぉー!
キュルーーって言ってるー!!

ガスは性質上、冷たい容器の方へ自然と移動するとの事。
なので本来は下の容器を氷水に浸すと、流れが始まります。

が、この寒さですよ。
パワーマックスの容器は勝手に冷えてます。
カセットガスは15分前くらいに買ってきたばかりなので
お店の暖房が程よくぬるくしてくれていました。

なので、何もしなくてもガスの移動がスムーズで楽チン。

説明書通り、9割ほど入ったら外します。


さて、ちゃんと点くのか・・・。
ちょっと、怖いな・・・。笑



f0167636_2263014.jpg



キターーーー!!


心なしか、火力が弱い気もしますが・・・
まあ、いいでしょう。

山ストーブ界の高倉健(HP内「愛おしい山道具」参照)が再び輝きます。

おっと、涙が出てきたぜ。



はい、このつめかえ君。
コレ以外にも、通常のOD缶にカセットガスを詰め替えるモノも。
↑長い目で見れば相当リーズナブルですね。

また、OD缶からOD缶に詰め替えるマウントなんかもあります。
↑これなら半端な残量のカートリッジをひとつにまとめられます。
ちょっとでも荷物を軽くしたい人には実にありがたい代物ですね。

<ALVA>のサイトはコチラ

まあ、とりあえず僕はこれだけですが
慣れてきて、且つ飽きなかったら(ここ大事)
上記どちらかも買っちゃうかもしれないなぁ。

もちろん、何かあったら自己責任。
ちゃんと理解すれば何ら問題ないですし、調べたら結構みなさん使ってらっしゃる。笑
まあでも法的に微妙なようなので、おススメはしないでおきますね。


ではまた。
by inouewood | 2014-01-16 02:40 | 道具のこと
<< 鶏頂山でスノーシュー パン田とクマ夫木と申します。 >>