式根島とダンスを 【2日目:釣りからのシュノ】

・・・その1はコチラから・・・
・・・その2はコチラから・・・
・・・その3はコチラから・・・



9月19日(木)

6時

目が覚めると、両隣の男たちはまだ爆睡。
その向こうにいるはずのカジさん夫妻はいなかった。
朝のお散歩に出掛けたのだろう。

7時に朝御飯なので、それまで僕も外をふらつく事にした。

この日も天気が良い。


歩いてすぐのところにある石白川海岸。

先客がいる。



f0167636_2451472.jpg



近づくと、カメラマンとモデルさんのようだった。
少なくとも、やり取りはそんな感じで
結局、(邪魔かな・・・)と砂浜に下りる事を躊躇した。

そのまま車道をフラフラ歩いて民宿に戻った。


食事を済まして、この日の遊びの準備をすると
8時に釣り具と餌を買いに行き、そのままチャリンコを借りる。

今日の移動はスパッと行う。
一行は野伏港へ。2日目のメインは釣りである。



f0167636_258358.jpg



港の風は強かった。
すぐに取り掛かるキム兄とマルちゃん。
しばらくすると、彼らは小さい魚を次々に釣り上げる。



f0167636_351464.jpg



僕はといえば
1時間もしたところで飽きてしまい、コンクリートの上でゴロゴロする。

入港してくる船が現れては、その作業をじっくり堪能。
普段は見れない光景なのでやたら興奮する。
コンテナの積み込み作業がカッコよすぎる。
船から係船柱目がけて紐を投げる姿も、なかなかシビれますね。



f0167636_3103030.jpg



そんなこんなで
時間はあっという間に12時。

お昼を食べに食堂を探す。
チャリに跨り、島の中心部まで戻り、『レストラン大師』へ。

先日のお昼から何故か「カツカレーが食べたい。」と嘆いていた男。
・・・・。
(あるじゃないか!!)
まさか島でカツカレーが食べられるなんて思ってもいなかったので感激。

沢山メニューがある中で・・・・
全員カツカレー。
(どんだけだよ!)
もちろん美味い。

ここで、この後の行程を話し合う。
どうやら、僕とヒトミさんは完全に釣りには飽きていた。
結局、ここで釣り組のキム兄・マルちゃんと一旦別れる事に。
カジさんがこの旅で最も寄りたかった場所に向かう事にした。

僕とカジさん夫婦はチャリでそこを目指す。

泊海岸。



f0167636_3231941.jpg



実は海にはさほど関心がなかった僕も
ここはさすがに唸った。

しかも、こんな美しい海岸に人がいないなんて。
素晴らし過ぎる。

これを見てしまったら
僕たちの望みはひとつしかない。

我々は一度、野伏港に戻り
バトルを繰り広げているキム兄とマルちゃんにそれを伝える。
このまま、彼らとは民宿に戻るまで別行動となった。

カジさん夫婦が持参していたシュノーケルセットを持って
3人は再び泊海岸へ向かった。



f0167636_337439.jpg



海とは無縁の人生だった僕はシュノーケリング初体験。

サーファーでもあるカジさん夫婦を見習って潜ってみる。

っていうか、海に入るのは10年振りくらいだろうか・・・。



f0167636_3411447.jpg



とにかく水が綺麗で、浅い所まで魚が泳いできている。

カジさんと綺麗な魚を見つけてははしゃぐ。
青い魚。ツノダシのような魚。いろんな魚。
ダイビングじゃないと見れないと勝手に思っていた。

結局僕はすぐに夢中になり、なかなか陸に戻らず。

少しだけ奥の方までいくと、アジか何かの大群が泳いでいる。
最初それを見た瞬間、怖くて逃げようかと思った。笑

ホント、テレビで見た事あるような光景で。
こんな感じ。



f0167636_349721.jpg

(下手か!笑)


しばらく、僕は彼らを追い続けた。
見事なまでの団体行動である。
そんな集団を見てはもがき、他にも多種の魚を見てはもがく。

そんな泳ぎが下手な僕は
美しい魚たちとダンスを踊っているようで。

僕は夢中だったんだ。



陸に上がると、いつの間にか16時を回っている。

チャリを17時までに返却しないといけないので、ここで終了にした。


陸地では、島の人が海の家を解体している。

「どうだ?綺麗だろ?」

人がいない時期は、海は一段と綺麗になるらしい。
時間も遅めだったので水の量も多く、魚も多く入ってくるようだ。
時期や時間のすべてが適していた、という事か。
こんな良い経験をしてしまったから

(マイ・シュノーケルを買ってしまおう・・・。)
(次は、防水のカメラ持ってこないとな・・・。)

と、このアクティビティーにハマっていく自分を想い描く。

そして僕のダンスは終わった。



f0167636_571245.jpg



帰りにチャリを返すと、ついでに温泉に寄った。
先日も浸かった『松が下 雅湯』。
時間も時間なので、地元の人が多かった。

民宿に戻る途中で、キム兄・マルちゃんと遭遇。
彼らは夜御飯を済ませた後に、夜釣りに向かう事を決断していた。

実際、彼らは速攻で食事を済まし、パーッと出かけて行った。


20時頃になって、僕たちも様子を見に式根島港へ向かう。

この日は十五夜。

スポットライトの如く、満月の光を浴びる海と小さい島の絵がとても美しかった。



f0167636_419403.jpg



f0167636_420076.jpg



30分程して、3人は宿に戻る。

結局、この日も22時すら越えられずに、3人共あっさりと眠りに落ちた。


その間、釣り組の2人は壮絶なバトルを繰り広げていたようだった。



-つづく-
by inouewood | 2013-10-02 04:35 | 島のこと
<< 式根島とダンスを 【3日目:石... 式根島とダンスを 【1日目:唐... >>