1.25 吹雪の赤城山 撤退編

ちょっと前のお話。


1月25日(金)

「雪山に行きたい。でも、ソリ遊びもしたい。」
という、同行者・ナベケンさんの欲望を叶えるため
真っ先にピックアップしたのが赤城山だった。

あの山には駒ケ岳~黒檜山というお手軽雪山コースを抱える傍ら
『日本一小さいスキー場』
と謳う、まさにソリ遊びに打って付けのフィールドも有しているわけだ。
こんな好条件の山は他に思い浮かばない。


数年前に来た時
大沼手前あたりからアイスバーンで、スタットレスでもスリップした経験があった。
そんなこんなでドキドキしながら車を進めていたが
意外にも積雪すら無い状態で、スラスラと車は進んでいった。

天気も良い。
これは暑くなりそうだ。果たして積雪具合はどうなのだろうか。

9時丁度にスタート。
今回は駒ヶ岳方面から。

さあ、行こうか。


f0167636_2225573.jpg


車道はこんな感じだが、登山道に入ると思いのほか積雪がある。
アイスバーンもあるので早めにアイゼン装着。

名物(?)歩き難い階段は相変わらずの歩き難さだが
いつもより吹き溜まりにはなっていないようだ。
前に来た時は腰まで潜った覚えがある。


f0167636_2272642.jpg


約1時間後。
稜線に出る頃に天気が一変。雪が強く降ってきた。


f0167636_2314082.jpg


登山口からは想像出来ない程の積雪。
一週間位前にまとまった雪が降って、一度固まったのだろう。
その上にサラサラのパウダースノーが覆いかぶさっているわけだが
おかげ様で時間差で足が潜るため、逆関節をとられて悶絶。笑


f0167636_2385949.jpg


徐々に風が強くなり、山頂直下では吹雪に。

10時30分。
駒ヶ岳山頂。


f0167636_2421536.jpg


風が強すぎて、長居できる状態ではなかった。

さて、ここから先はどうしよう。といった話になったが
この吹雪の中進むのは気分的に全くのらないので、引き返すことに。


いやそれにしても、なかなかのシチュエーションである。
そこまで過酷な状況でもないのだが、良い絵なので下りる前に写真で遊ぶ。



ナベケンさん。吹雪アタックの偽りショット。笑



f0167636_2455114.jpg



これはなかなか満足のいく作品に仕上がった。



とりあえず、満たされたので気分良く下山開始。
おそらく、山頂にいたのは10分程度。
そのたった10分程度で、我々がつけたトレースは消えていた。


f0167636_2522816.jpg


とにかくこの風はキツかった。

ナベケンさんは
「耳が取れてたかと思った。」
と、悶絶するほど寒かったようだ。

来た道を黙々と引き返し
11時30分に下山。


スタート前は雪が無かった道路と駐車場も
あっという間に30センチ近くの積雪に。


f0167636_256252.jpg


一目散に車内へ逃げ込み、体を温める。

でも今日はこれで終わりではない。
もうひとつの"楽しみ"が待っている。

そのまま次の舞台、目と鼻の先にある赤城第一スキー場へ車を走らせた。



-ソリ遊び編へつづく-
by inouewood | 2013-02-14 03:19 | 山のこと
<< 1.25 吹雪の赤城山 ソリ遊び編 長野ぶらり旅:根子岳スノーシュ... >>