長野ぶらり旅:根子岳スノーシュー その1

1月31日(木)

長野滞在2日目。

この日は根子岳でスノーシューの予定。

目的地から比較的近い小布施の道の駅で車中泊。

なのに、朝になっても寝袋内でモゴモゴしてしまい
結局、奥ダボススキー場に着いたのは8時40分と普通の時間に・・・。

更には準備でもモゴモゴしてしまい
結局、リフトに乗ってゲレンデトップに着いたのは9時30分。

おかしい。
予定では8時30分キッカリに、リフトに乗っていたはずなのに・・・。



f0167636_1211746.jpg



それにしても天気が良い。

リフト内で一緒だった地元のスキーヤーは

「昨日まで吹雪だった。で、多分明日からまた吹雪だろうね。
今日来たのはホント運がいいよ。今日なら佐渡まで見えるんじゃない?笑」

との事。

こりゃ、期待がもてそうだ。



さあ、行こうか。



f0167636_1325954.jpg



おお・・・。これが噂のキャタピラ道か。

そう。お金を払えばスノーキャットでここから山頂直下まで行けるらしい。


まあ今日は歩きに来たので、早速スノーシュー履いてスタート。

10分ほど歩くと、一度キャタピラ道から外れるわけだが、
しっかりラッセル泥棒だ。笑



f0167636_1373177.jpg



再びキャタピラ道に合流して振り返ると、
北アルプスの山々がバッチリ見える。



f0167636_1393339.jpg



スタートが同時刻だったクロカン夫婦&ボーダーと抜きつ抜かれつだったが、
避難小屋付近まで来たところで、キャタ道歩きに飽きてくる。
それをスノーシューで踏みしめる「ギョルッ」という不快な音に、嫌気がさしてしまったのだ。
ひとり、トレースの消えた正規ルートへGOだ。



f0167636_147338.jpg




ぐは!!しんどい!!

バフバフできるのは気持ちいけど、しんどい。

辞めときゃよかった。



f0167636_1483849.jpg




結局、25分ほどのラッセルの後
キャタ道に逃亡。笑



f0167636_157654.jpg



キャット終点手前あたりまで来ると、
樹林のモンスター度がアップする。

余裕(?)のセルフショットで息抜きだ。



f0167636_203941.jpg



「今出てきましたけど」的なシチュエーションの一枚に満足。


キャット終点地点に着いたのは11時20分。
約2時間か・・・。なかなかしんどかったな。

ここから山頂までは、もうすぐそこである。




-その2へつづく-

(↑↑たいして進んでねーぞー!!)
by inouewood | 2013-02-05 23:55 | 山のこと
<< 今年も雲竜 長野ぶらり旅:地獄谷野猿公苑 >>