映画『終の信託』はどうだ

f0167636_0305494.jpg


その日はメンズデーで映画が1000円。
特に観たい映画は無かったのですが、『それでもボクはやっていない』が個人的にハマっていた周防監督の新作をチョイスしました。

終末医療の問題を絡めた社会派かと思いきや、”法”と”愛”それぞれの角度から捉えた<死の尊厳>のズレをえぐった究極の人間ドラマではないかと感じました。
テンポも遅く、音楽も控えめなので、、途中ちょっと眠くなってしまいましたが、後半のシーンはもうキンキンと緊迫感に包まれます。大沢たかおの迫真の演技も圧巻。素晴らしかったなー。
いやそれにしても、草刈民代のまさかの濡れ場にはビックリでした・・・。実際の旦那さんでもある周防監督。撮影中におそらくにやけていたであろう彼の顔が僕の頭に浮かび、そのシーンの間は脳裏から離れませんでした。笑

何を言ってもネタバレになりそうな映画なので、あまり語れませんが・・・
「法の結論にどう思うか」はあまり重要ではなく、「医療行為を超越してしまったこの選択を、どれだけの人が許せるか」がこの映画の神髄ではないでしょうか。

周防監督の引き出しの「深さ」にあっぱれだったステキな映画でした。
by inouewood | 2012-11-25 00:34 | 映画のこと
<< FHILIPS ドッキングスピーカー 映画『アルゴ』はどうだ >>