デイキャンプで子守

11月6日(日)

滅多に休めない日曜日。

珍しく3人の幼なじみが揃うので、僕もムリヤリ休みをとってデイキャンプ。

場所は茨城県古河市のネーブルランド。

僕を含めた4人全員が揃うキャンプはいったい何年振りだろうか。
5,6年くらい経っているのかな。




時が経つというのは、不思議なものだ。

と、感じる瞬間がある。


その5,6年前は、我々4人と嫁2人の計6人だった。

それが
30歳を迎えたこの年。

4人を取り巻く『家族』が、

10人になった。



f0167636_1212493.jpg



子連れキャンプは初めてではないが、3人もいるなんて。

そりゃ年もとるわなー。


そして今回、
いつものようにマッタリーノなキャンプのノリだったのだが、
ひとりの親友の息子に「公園で遊びたい」と、せがまれて連れて行くと
もうひとりの親友の息子2人も付いてきた。
俺ひとりで3人かよ!笑


そこからはもうテンテコマイ。

「そっちいくなー!」
「そこはダメー!」

とか
アスレチック内を駆けずり回る4歳4歳2歳の3人に目を配るのが精一杯。


親って、大変なんだなー。
なんて、汗をかきながら考えていると、
束の間の解放にマッタリーノだったママ2人と、ようやくバトンタッチ。

いや1時間以上遊んだわーなんて思っていたのだが、たったの30分だった。

その辺の山より、よっぽど疲れるわ。笑



f0167636_0334312.jpg




ようやく僕もマッタリ~ノ!!
なんてお肉を頬張り始めた瞬間、雨が降ってきた・・・。


はあ・・・。

炊事場に避難するも、雨は本降りになり、そのまま撤収。

相当疲れたのか、ウトウトしながらの帰宅だった。



今までにはなかった、不思議な時間。

それは今後続く、かけがいのない時間の始まり。

僕ら4人がバカをやっていた時代は、
こうやって少しずつ変わっていく。


時が経つというのは、不思議なものだ。
by inouewood | 2011-11-08 00:52 | アウトドアのこと
<< もったいない登山 in 石裂山 陶器市でお手伝い >>