ツェルト泊はどうだ in 槍平

念願のツェルト泊を体験した、10日ほど前の槍ヶ岳山行。


使用した家はコチラ。



f0167636_2343446.jpg


ライペン』のシングルツェルト。

張った瞬間、「やっぱり狭っ!!」って思いました。笑

ツェルトというよりは、完全にビビィサックに近いですね。


6年ほど前にこの子を手に入れてから、実は一度も使用したことがなかったのだが。
前回叶わなかった白馬山行の準備で袋から出したとき、笑っちゃう狭さだった。
まあ、イケるだろう、と思っていたけど、張ったらやっぱり・・・。


さてさて
今回はそんなシングルツェルトにタープをかぶせました。
一応、結露対策という事で。



f0167636_23502774.jpg



ローカスギア』のTarp X solo Sil。

シルナイロンを使ったペラペーラなタープで、重量はたったの200g。

ツェルトは280gなので、ふたつあわせてもたったの480g。
素晴らしいですね。

f0167636_23565374.jpg


なかなかフォルムもキレイ。

実際入ってみると、これくらい。


f0167636_23575817.jpg


180cmのヒョロ男で横は少しだけ余裕あり。足元は全く隙間なし。
どれくらい隙間がないかっていうと・・・


f0167636_23593624.jpg


全くない。


もちろん着替えをするのも窮屈で、食事なんてもってのほか。
フツーに出来るのは読書くらい。
なので、雨降ったら山小屋に逃げましょう。泣

でも、外に出る機会が嫌でも増えるので、
より自然に近づけるような気分がする。それが醍醐味といっても良いだろう。

ワイルドな感覚が増す事で、自然と表情も引き締まるのだ。


f0167636_042969.jpg



肝心の結露状況は・・・
初日は気温が-5度まで下がったこともあり、バッチリ結露。
何回か天井から垂れてきた。
2日目は少し気温も高かったので、結露はタープだけ。
内部は至ってサラサラだった。

ちなみに、このツェルトは若干の透湿機能をもっているタイプ。

タープはさすがに新品で撥水もばっちりという事で、連日ビッチョビチョ。

割り切ってしまえば正直そんなに気にならないので
思っていたよりも全然快適だった。まあ、天気次第かな・・・。

今年は時期的にもうやらないだろうけど、
来シーズンになったら、またやるかも。

なんだろう、ちょっと極めたくなるんだよなぁ。笑



以上、初ツェルト泊体験でした。
by inouewood | 2011-09-16 23:44 | 山のこと
<< Y.L ~ゆるトラライト~ 槍へ >>