真田太平記ようやく


鳳凰三山にいた7月13日の夜、テントの中で読み始めた池波正太郎の『真田太平記』。
12巻の大作を6ヶ月もかけてようやく読み終わった。
いやー、ホント読むの遅いねぇ俺・・・。

f0167636_0183663.jpg


学生時代、歴史が大っ嫌いだった僕。
今さら、凄い好きになりました。
いや、真田家が好きになっただけか・・・。

池波さんの『幕末新撰組』を読んだ時もそうだったけど、
ホント、この人の本は心からワクワクするんだよなー。
あ、はい。たいしたレビューは書けませんよ。
ひとついえる事は、まだまだ続きが読みたくて仕方ないってとこですね。ないけど。

次は『剣客商売』でもいってみようか・・・・。
by inouewood | 2010-01-17 01:05 | 日々のこと
<< 2009年の映画 またプロレスか!! >>